インターネット通話/対面【チャクラセラピー】心身も人生も、虹色に輝く生き方へ!

お申込み


チャクラセラピー  60分【12,000円】
60分コースでは、最も弱っているチャクラのセラピーとヒーリングから行っていきます。

チャクラセラピー120分【22,000円】
120分コースでは『出生日、出生時間、出生場所』をお聞きし、占星術で深く自分を知ることにより、心身により深い氣づきと癒しが起きていきます。

チャクラセラピーでは経営など、様々なご相談も可能です。



※対面の方は当日 現金払い。インターネット通話の方は事前振込。

【電話番号】
050-3590-0813
※セラピー中は出られない為、留守電にメッセージをお願いします

【営業日】
火 12:00~17:00
水 13:00~19:00
木 12:00~17:00

【定休日】月、金、土、日、祝日

【対面の方は】癒しやSEN
香川県高松市桜町1丁目16-20 YSビル3F(301)
栗林公園駅沿いの道路側から三階へ上る階段があります。
【最寄駅】コトデン栗林公園駅 徒歩30秒
【駐車場】あり(有料)
店舗のスグ近くにコインパーキングがあります。(やきとり大吉の西側に一ヶ所。さかえドライの東側に一ヶ所)

【Paypalによるクレジット払いにも対応】
img_0
※クレジット手数料5%をご負担いただいております。
【キャンセルポリシー】
◇セラピーの日を含む7日前から ・・・ 料金の50%が発生します。
◇当日の無断キャンセル   ・・・ 料金の100%が発生します。

キャンセル料金は、キャンセルした当日より 1 週間以内に振込にてお支払い願います。

 

◎インターネット通話で使用するZoomオンラインにつきまして

Zoomはスカイプのような映像・通話ツールです。

1クリックで参加できる

という、
これまでなかった画期的な機能が満載です。

「使いこなせるか不安・・・」という方も、
いらっしゃるかも知れませんが、
スカイプのような面倒なIDのやりとりも必要なく
私から届くURLのアドレスを
1クリックするだけでつながるので安心です。

もちろん、
Zoomを起動するアプリのダウンロードは必要ですが、
やり方の分からない方は、
以下の記事を参考にすると、
スムーズに出来ると思います。

(1)パソコンからアクセスする場合

※ルームURLをクリックするとインストーラーが自動的にダウンロードされ、
それをクリックすると自動的に繋がります。

※何も始まらないときは、
「downloard & run zoom」をクリックしてください。

(2)iPad、iPhone、スマホの方

※スマホやiPhoneやiPadからの場合、
事前に「Zoom Cloud Meeting」という
アプリをダウンロードして下さい。

「Meetingに参加」をクリックすると、
名前の入力を求められますので、
名前を入力してください。

 

その他ご不明な点、ご質問等ございましたらフォームよりお問合せ下さい。

 

 

 

あなた心は”今”、シアワセで満たされていますか?

 

 

チャクラセラピーはこのような方におススメです

◆ 自分を深く癒したい、深く愛したい

◆ 心身ともに浄化され、笑顔でたのしく生きたい

◆ 円満な人間関係(家族、夫婦、職場)を築きたい

◆ 原因不明の不調、身体がしんどい(疲れやすく笑うことも少ない)

◆ 感受性を高め、こだわりを少なくしたい(こだわりが多くて疲れる)

◆ 落ち込みやすく、うつ的気分が続いて、自律神経系の乱れも激しく、何をしても上手くいかない・・・

 

セラピーの特徴

✓「どこへ通っても体調が良くならない」などの問題を解決し ⇒「心身を整え氣もちよく生きる」状態へ導いてゆきます

✓「自尊心が低く、ありのままの自己を尊重し受け入れられない」などの問題を解決し ⇒「自己肯定感や自己価値を高める」状態へ導いてゆきます

✓ チャクラが整い、内臓や筋肉、骨盤や骨格が調整され、身体がスムーズに動くようになります

✓ 肩こり、腰痛など、あらゆる身体の不調が緩和されてゆきます

✓ オーラが輝き出し、急にモテたり、仕事が入ったり、食事のお誘いの連絡が来たり、人から尊敬されたり、親しく話しかけられたり、引き寄せのパワーが開花します

 

 

氣(生命エネルギー)の乱れを見つけ、整える!

『身体は心の衣服』と言い、表面的にみえる身体の不調というのは、
実は、様々な『心の問題』のあらわれなんです。

チャクラというのは言わば『想念の軸』であり、
心の中に思い浮かべる考えが清らかであるのは、
チャクラが整っているからとも言えます。

 


※“オーラ”はエーテル体、“タマシイ”はアストラル体として一般的に考えられています。

 

あまり知られていませんがチャクラとは、
肉体と靈体(想念)のエネルギーの通路でもあり、
位置的に第3の目は=第六チャクラ、
太陽神経叢は=第四チャクラと一致します。

しかし、それは人間世界からの一方的な観察であり、
靈界からの視点ではシルバーコードの方が重視されています。

シルバーコードとは、
肉体と霊体を結ぶコード「タマの緒(タマノヲ)」のこと。

靈性を高める書として有名な「シルバーバーチの霊訓」には、チャクラの記述は特になく、
シルバーコードの重要性が書かれています。

『シルバーバーチの霊訓』より引用します。
「いにしえの賢人が指摘している“第3の目”とか“太陽神経叢”などを使用することもあります。そこが霊と精神と肉体の三者が合一する場なのです」

「そこから(ヒーラーのエネルギーが)患者の松果体ないし、太陽神経叢を通って体内に流れ込みます」

 

ちなみにホツマツタヱという歴史書には、タマノヲの穢(けが)れは生死に関わるとされています。

ヒトは天と地の互いに行き来・循環するエネルギーを取り入れ生命を存続しています。
「タマノヲ」が穢れてしまうと、
天と地のエネルギーを体内へ取り入れ生命力に変換するパイプ自体が詰まってしまい、
ヒトのもつ自然治癒力そのものが弱まってしまいます。

※穢(けが)れとは、氣(生命エネルギー)が枯れるコト。

 

チャクラの乱れを調和する音叉ヒーリング


セラピーでは心と身体の問題を一つ一つ削いで、
玉ねぎの皮を一枚一枚剥いでゆくように、

クライアントの思い込みや執着、自己否定観念や罪悪感を見つけ、
音叉ヒーリングで解放していきます。


 


 


 

第1チャクラの解放で、生きることへの恐れを手放し、
本当の自分自身をしっかりと見つめ直すコトでやる氣や行動力があふれてきます。


第2チャクラの解放で、自尊心の欠如を手放し、
とらわれの枠を外し輝いてゆくコトで安心感や自分を認める力があふれてきます。


第3チャクラの解放で、抱えているストレスを手放し、
相手の思いを受け入れる心を養うコトで自分らしさ、個をたのしむ力があふれてきます。


第4チャクラの解放で、愛への執着を手放し、
あるがままを受け取るコトで”今この瞬間”を感じる力があふれてきます。


第5チャクラの解放で、本音(自分の思い)と建前(人への主張)を手放し、
我慢しないで自分の思いを正しく伝えるコトで自己表現、コミュニケーション能力があふれてきます。


第6チャクラの解放で、頑固な自分を手放し、
知性と直感が統合されるコトで洞察力があふれてきます。


第7チャクラの解放で、直感的に生きられない自分を手放し、
大自然や宇宙と調和してゆくコトで謝と至福があふれてきます。


 

すべてのチャクラの乱れの原因は心から

 

不要な苦しみを手放してゆくほどに心は浄化され、

チャクラはその本来の輝きを取り戻していきます。

 


 

 

セラピーを受けられた皆さまのご感想

個人セラピーを体験された方から沢山の声を頂いています。

「もう、心が行きたい方向に行きたがって行きたがって。我慢して行っていた仕事を辞める計画を進めています!」

「20年前からあった過食の悩みが、ナントおばあちゃんの霊障で、おばあちゃんの心の傷が癒えるとご飯が美味しく食べられるようになりました!」

「あの家系の中に生まれたのも、これまで随分辛く悲しいことが多かったのも、実は神様の恩寵だったのだと改めて気がつきました!」

「今まで本当にたくさんカウンセリングを受けましたが、こんな前向きなセラピーは初めてです。ぜひこの感動を味わってほしい!」

「亡くなった父におんぶしてもらったことを思い出し、子供時代に戻った感覚になり涙が出ました!」

そのような喜びの現象が次々に起っています!

 


 

当日のセラピーの流れ

<準備>

・装飾品を外す(アクセサリー・腕時計等全て)

・服装は締め付けの少ないゆるやかな服装で(スカートNG)

・裸眼で受ける(コンタクトは外してください)

・コンサルの内容はICレコーダーやビデオカメラで録音や録画可能です。後でどんな内容だったか記憶してもらい、後から聞き直すことを勧めております。

 

60分コースでは、最も弱っているチャクラのセラピーとヒーリングから行っていきます。

120分コースでは『出生日、出生時間、出生場所』をお聞きし、「四元素、三区分、二要素」を最初に観て、その後チャクラのセラピーとヒーリングを行っていきます。
占星術で深く自分を知ることにより、心身により深い氣づきと癒しが起きていきます。

 


 

上記は私の「四元素、三区分、二要素」。

火が”5”

活動が”6”

男が”8”

で、『情熱のままに活動する男の中の男』が私の本性。

※本性とは、本来生まれついて持っている性質。

はじめて見る人も多いと思いますが、

「四元素、三区分、二要素」を観るだけで、
その方の”ありのままの自分で生きるコツ”がある程度わかって来る、というスゴイ代物なのです。

 

 ●四元素とは…その人の活動のおもな方向性

火の要素……「情熱」「直感」
火が多い-やったことがない言にどんどんチャレンジできる。
火が少ない-やったことがない事にしり込みしてしまう。

地の要素……「感覚」 
地が多い-五感で感じたことを大事にする。
地が少ない-自分が感じたことではなく、人から聞かされたことに引きずられがち。頭でっかちになってしまう可能性大。自分の感覚を信じることが大事。

風の要素……「思考」
風が多い-クールで頭の回転が速い。好奇心旺盛。自由でいることが大事。人から干渉されるのが嫌い。
風が少ない-人との距離の取り方が下手。仲良くなろうとすると、距離が近寄りすぎて相手を困らせることも。

水の要素……「感情」
水が多い-人の気持ちを汲み取るのが上手。近しい人と親密な関係をつくるタイプ。ロマンチストで想像力も豊か。
水が少ない-感情の波に気づきにくく、自分でも知らないうちにキレたりすることも。自分の心の動きをていねいに見ていく必要がある。

 

●三区分とは…その人の行動の特性

活動……「行動的なアクションをスタートさせる力」
多い人-ます行動を起こそうとします。積極性と行動力でみんなを引っ張っていくリーダーの資質もあり。
少ない人-消極的で、自分から思い切った行動を取りにくい

不動……「価値の維持や持続する力。保守的、マイペース」
多い人-持続力と忍耐力がある。物事を最後までやり遂げる底力。長期にわたって一つの作品を作り上げる継続力。芸術家に必要。
少ない人-あきっぽかったり、我慢が足りない性格になりがち。

柔軟……「変化に対して柔軟に対応する力。調整、温和な性質」
多い人-協調性があり、まわりの環境や状況臨機応変に対応できます。人と人との間を取り持つ調整役に向いている。
少ない人-まわりの空気を読んだり、人に合わせることが得意ではない。

●二区分(二要素)……外に向かう関心と、内に向かう関心

男性……積極的に外に働きかけ変化を好む。じっと同じ状況にいることを息苦しく感じる。
女性……意思表示が積極的でない。動かない、落ち着いた状態をよしとする。

 

その後、チャクラのセラピーを行っていきます。

 


 

一般的なチャクラについて

一般的にチャクラは、サンスクリット語で「車輪」の意味があります。外氣(宇宙)とエネルギー交換を行い、肉体や精神のはたらきをコントロールする重要なエネルギーのセンター(出入り口)。
人の思考や心、肉体のあり方に影響。東洋の「氣」や、西洋の「プラーナ」も類似した概念です。

 

チャクラ-肉体-精神 に影響を及ぼす


チャクラ
想念の軸である『チャクラ』は精神や肉体に影響を与えています。臓器の働きとも関係し、対応する身体の組織・器官の機能を高めたり、正常に保つ働きをしています。

ですから、もしどこか臓器に異常があれば、その臓器に関連するチャクラのバランスも崩れます。その逆で、チャクラの乱れが臓器の不調につながります。

チャクラが正常にはたらいていれば、身体も心も健康で、エネルギーに満ちあふれ、閃きなどで脳も活性化しますが、しかし、チャクラが異常を起こしてしまうと、病気になったり感覚が鈍くなったり、失敗して不運を招いたりしやすくなります。

チャクラはヨーガ、瞑想、各種のヒーリングなどをする時の大切なヒーリングポイントでもあります。

第1チャクラ やる氣、行動力

場所:会陰
器官:直腸、肛門、尿道、副腎、前立腺、骨
異常時:下肢の疾患、足の骨折や捻挫、骨の疾患、骨粗しょう症、坐骨神経痛、摂食障害、直腸腫瘍、直腸ガン、大腸ガン、便秘、痔、尿漏れ、膀胱炎、うつ病、免疫の疾患、自律神経失調症
心理:地に足がついていない、何かを恐れていて自ら立ち上がろうとしない、進路や生き方に迷い、前に進めない、孤独、成功や失敗の恐れ、強迫観念、無関心、無気力、生きる力
改善ヒント:生きてゆくことへの決意をもつ、自分の人生は自分の成長のために存在している、恐れ怯えるのではなく立ち向かう勇気をもつ。「やってられるか~」「本当のきもちはこうなんだ~」「私はお前のいいなりにならないぞ~」「なんで私がやらないといけないんだ~」と叫んでみる

第2チャクラ 安心感、自分を認める力

場所:下腹部、丹田
器官:大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣、睾丸、精巣
異常時:下肢の疾患、慢性腰痛、坐骨神経痛、味覚障害、泌尿器、腎機能が低下しむくみやすい、下痢をしやすい、生理痛、生理不順など婦人科系の不調、過敏性大腸炎、クローン病、前立腺の問題、前立腺ガン、子宮ガン、卵巣ガン
心理:人間関係(1対1)、自尊心の欠如、罪悪感、環境の変化に敏感なチャクラで変化に対応できていないと何らかの問題が出る、セックスに対する不安や恐れ、環境のストレス、人間関係における論理、子どものころの環境に対するトラウマ
改善のヒント:自分の育った環境や現在の環境を受け入れそこに意味をもたせる「あの環境のおかげで今がある」「あの出来事があったからこそ、今がある」と定義する。
第2チャクラの問題を解決するには、幼少期のまちがった思考や行いによる自分自身の枠を外す必要(枠を外してワクワクしていこー)
人と比べるのではなく自分を認め、自他ともに思いやりをもち愛せるように。

第3チャクラ 自分らしさ、個をたのしむ力

場所:みぞおちの下、胃の辺り
器官:横隔膜、食道、胃、脾臓、膵臓、十二指腸、小腸、肝臓、胆嚢、腎臓、副腎
異常時:背中の張り、腰から背中の痛み、身体のだるさ、消化器の疾患、消化不良、胃炎、胃酸過多、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、大腸の疾患、腎機能の疾患、副腎の疾患、膵臓、糖尿病、肝機能の低下
心理:人間関係(グループ、組織内の問題)意思が弱く他の人の意見にまどわされ自分の意見が言えずストレスを感じる、自分が決めたことへの責任感が強く批判されることへのストレスを感じる、恐れや不安から生まれる想念、批判への反応、怒り、自尊心
腹を立てる、腹の虫がおさまらない、はらわたが煮えくりかえる、腹にすえかねる、腑に落ちない
改善のヒント:無意識に多くを考え過ぎている、今考えなくてよいことは切り捨てる、自分勝手な思考になっていないか考える、自分の思いの中に相手を思いやる気もちはあるか確認する。自分の意思や人の思いを大切にする、相手を受け入れる愛の心を養う。

第4チャクラ あるがままを受け取り、今この瞬間を感じる力

場所:胸の真中
器官:心臓、血管、血液、乳腺、胸腺、肺、氣管支、皮膚、免疫システム
異常時:背中の疾患、手の疾患、猫背、側弯症、胸の痛み、肋骨の痛み、肩の疾患、乳腺の痛み、心臓の問題、呼吸器の問題、心筋梗塞、喘息、アレルギー、肺や気管支の疾患、動機や不整脈、血圧が高い、抵抗力の低下、乳ガン、肺ガン
心理:愛、憎しみ、拒絶感、怒り、悲しみ、寂しさ、孤独、人間関係で傷ついている、自分が嫌い、自分自身を好きになれない、自己愛の欠如、愛への執着(過去に辛く悲しいことがあった、愛情を受けて育たなかった)、慈しみの心、自己愛・他者愛の欠如、愛に対する拒絶、悲しみ、自己嫌悪、罪悪感、良心の呵責、うしろめたさ
改善のヒント:自分を信頼する、自分の思うままに生きる、自分を好きになることを実践する、楽しくて好きだと思えることをする、自分の内から湧き出る思いを尊重する、本来の自分を恐れず表現する(ありの~ままの~)、他人の評価を恐れず自分を信じる、
幼い頃の家庭環境、両親の問題、辛い別れの経験、自分を愛せない理由がわかったら、どうしてそんな思考をしてしまったのかを考えると、独りよがりの我欲の思考が存在しているので、その思考が間違っていたと自分で氣づけば、自然とハートにエネルギーが流れ出し、猫背の人も背筋が伸びてくる。

第5チャクラ 自己表現、コミュニケーション能力

場所:のど
器官:甲状腺、口腔、耳、リンパ腺
異常時:首や肩の疾患、慢性的な喉の疾患、喉の周辺に問題、口内炎、咽頭炎、気管の問題、甲状腺の問題、バセドウ病、顎関節症、歯の問題、側弯症、聴覚障害、耳鳴りがおこりやすくなる、副鼻腔の疾患、風邪を引きやすくなる
心理:我慢。本音(自分の思い)と建前(人への主張)にギャップがあることにストレスを感じる、自分をうまく表現出来ていない、コミュニケーションが苦手、自己表現、我慢、はにかみ、内気、決断力、コミュニケーションの問題、批判
改善のヒント:我慢をやめる、自己表現は個性と思うべき、自分がやりたいと思ったら素直にやってみる、思ったことは勇気を出して相手に伝える(言葉は武器にもなるので優しく変換して)

第6チャクラ 知性と直感の統合、洞察力 

場所:眉間の辺り
器官:脳、神経系、眼、鼻
異常時:神経系の障害、自律神経の問題、睡眠障害、脳神経の問題、脳の疾患、物忘れ、視覚や聴覚の問題、頭痛、眼精疲労、目の疾患、めまい、立ちくらみ
心理:周囲で何か問題が起こっていてイキづまり道に迷っている、自分の目標が見えなくなって不安を感じている、自由になりたいと強く感じている、直観を信じなさい、解放されたい、真実を受け入れなさい、見ようとしない、考え過ぎ、頑固、行き詰まり
改善のヒント:あれこれ考えるのをやめて直感を信じてお任せで生きる、行き詰まり解放されたいと感じていたら相手の意見に耳を傾けてみる、頑固な自分を脇に置いて相手を受け入れる

第7チャクラ 感謝と至福、大自然や宇宙との調和力

場所:頭頂部
器官:松果体(免疫と睡眠をつかさどるホルモンを分泌)
異常時:光や音などの過敏性、慢性疲労、精神疾患、脳の疾患、片頭痛、パーキンソン病、脳腫瘍、脳卒中。
心理:自分に自信がもてず判断に迷う、考え過ぎて直観的に生きられない、常に何かを考えていて不安をもっている、物質的な満足を追いかけ直観を否定する傾向、すべてを受け入れる、自己信頼、他者信頼、信じる力
改善のヒント:自分自身を信じる、騙されてもいいと思う相手を信じてみる、すべてを受け入れる寛大さ、自分を信頼する、信念をもつ

 

オーラの働き

チャクラというのは言わば『想念の軸』であり、心の中に思い浮かべる考えが清らかであるのは、チャクラが整っているからとも言えます。
そしてチャクラが『想念の軸』なら、オーラは『想念の膜』。


ラップで食品を包みその鮮度を保つように、
オーラはチャクラの健全さを守るバリアのような役割があります。
オーラ機能が正しく働くコトで、健全な精神と肉体は維持されます。

【オーラの働き】
①人や生きモノが発するエネルギーフィールド(磁場)で、私たちを包んでいるエネルギーの膜。
②心の状態、身体の状態、思考、感情などを映し出し、その日の気分や、心の状態などで変化する。
③心身を健康を保ち、外部のネガティブな影響から守ってくれるモノ。

 

チャクラ⇔オーラ の関わり

チャクラの状態は、オーラに大きな影響を及ぼします。

チャクラが整うと  = オーラも整う
×チャクラが乱れると = ×オーラも乱れる

チャラ機能(想念の軸)が整っていてると、オーラ機能(想念の膜)も正しく発動されます。

 

オーラ=オーロラ、人体と地球の相似象(共通点)

地球と人体のハタラキというのも相似象(そうじしょう)の関係があり、地球に北極(S極)と南極(N極)の地磁気があるように人体にも地磁気が存在します。そして、それがオーラの正体。

※相似象とは、この宇宙のマクロからミクロまで普遍的に似ている現象があることを解き明かす学問。

※地磁気とは、地球がもつ磁性(磁気)。地球により生じる磁場(磁界)。北極(S極)と南極(N極)。


磁気(オーラ)のハタラキをイメージしやすいのが、オーロラの発生過程です。
【オーロラ発生の様子】

【オーロラの発生過程】
オーロラにはまだ不明な点が多いとされているのですが、分かっている範囲で簡単にまとめていきます。太陽で大規模な太陽フレア(火炎=黒点付近が爆発的に明るさを増す現象)が発生すると太陽風(波)が生じます。

この波が4日ほどで地球へ到達すると、 太陽風と地球の磁場(地磁気)との相互作用により、 磁気嵐が起こったり、オーロラが光ったりします。
ですので、オーロラというのは、太陽風が地磁気に衝突した際、北極と南極の磁力線が地球に吸い込まれるヒカリと考えられています。(Wikipedia参照)

 

 

好転反応

好転反応が起きた場合は、食事を抜き、水分をたくさん(1~2リットル)補給するようにして頂くとよいです。汗や尿とともに、溜まっていた毒素や老廃物が、はやく体外へ排出されていきます。

※好転反応の際は食事をとると、胃に全身の血液が集まり、一時的に貧血や頭痛を起こす場合もありますのでお気をつけ下さい。

好転反応のさらに詳しい解説

 

 

 

さあ、キセキを体験する準備はいいですか?

 

素晴らしいあなたの素晴らしい人生のために、

チャクラセラピーぜひご活用ください。