言靈ヒーリングを"無料"で学びませんか?無料で受け取る

チャクラと色と周波数のヒミツ

あなアッパレ!

フトマニ研究家・言靈ヒーラー 水谷です^^

この記事では、心と体の結びつきがよくわかる『チャクラ』という機能についてお話していきます。

チャクラは、ヒーラーやスピリチュアル界隈では当たり前の概念ですが、一般にはまだまだあまり実用性がないものと思われている印象があります。

しかし!

実はチャクラというのは…。

胃が消化を担ったり、筋肉が身体を動かしたり、骨が身体を支えたりするように、肉体と精神と宇宙のバランスを調整する重要な機能(役割)があります。

宇宙的な視点で人を観た場合、チャクラほど重要な機能はないでしょう。

目次

チャクラは宇宙エネルギーを取り入れ、排出する

チャクラはサンスクリット語で「車輪」という意味があり、 『渦を巻いて動く』と考えられています。

そして、チャクラは渦を巻いて動くことで、宇宙から生命活動に必要なエネルギーを吸収し、不要なエネルギーを排出する出入り口になっています。

7つのチャクラが司る肉体や精神の働きとは?

7つのチャクラはそれぞれに異なる色や周波数をもち、肉体や精神に影響を与えていると考えられています。

赤色 1チャクラ 【精神】やる氣や行動力
         【肉体】直腸、肛門、尿道、副腎、前立腺、骨に関係


橙色 2チャクラ 【精神】自分を認める力
         【肉体】大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣、睾丸、精巣に関係


黄色 3チャクラ 【精神】個をたのしむ力
         【肉体】食道、胃、十二指腸、すい臓、肝臓に関係


緑色 4チャクラ 【精神】あるがままを受け取り、”今この瞬間”を感じる力
         【肉体】心臓、血管、血液、乳腺、胸腺、肺、皮膚、免疫に関係


青色 5チャクラ 【精神】自己表現力、コミュニケーション能力
         【肉体】甲状腺、口腔、耳、リンパ腺


紺色 6チャクラ 【精神】知性と直感の統合、洞察力
         【肉体】脳、神経系、眼、鼻に関係


紫色 7チャクラ 【精神】大自然や宇宙との調和力、感謝や至福
         【肉体】松果体

【色の補足】色がもつ固有の波長

色というのは、400ナノメートル〜700ナノメートルの波長の光で構成されています。

赤色 橙色 黄色 緑色 青色 紺色 紫色 

【左側】長い波長の光波の方が、低い周波数(低音)および低いエネルギーを持ち、

【右側】短い波長の光波の方が、高い周波数(高音)および高いエネルギーを持っています。

ちなみに、波長と同じような意味で使われる「波動」は、同じようなパターンが空間を伝播する現象のこと。

単に波(なみ)とも呼ばれ、一般的に「波長・周波数・波形」の3つの総称を『波動』といいます。

チャクラと腺(せん)

7つのチャクラは、物理的に『腺(せん)』と呼ばれる生命を保つのに必要な物質を分泌したり、不要な物を排泄したりする働きをする器官と接続されています。

前立腺、腸、副腎、膵臓、甲状腺、下垂体、松果体など、人が健康的な生活を送るのために重要な内分泌腺に沿って配置されています。

これら腺(せん)によって分泌されるホルモンで、精神状態や感情的な気分も決定します。

チャクラと各組織や器官

7つのチャクラは、それぞれのチャクラに対応する組織や器官の機能を高め恒常性(正常な働き)を保ったり、それぞれのチャクラに対応する精神性や感情をコントロールしています。

ですので、肉体や精神に何らかの異常があると、チャクラの機能が低下してしまいます。

チャクラ機能が低下する2つのケース

①それぞれのチャクラに対応する肉体(組織や器官)の異常

②それぞれのチャクラに対応する精神の異常

チャクラが正常に機能していれば肉体も精神もエネルギーに満ちあふれ、生命力は活性化されます。

しかし、チャクラが乱れてしまうと…、病気になったり感覚が鈍くなったり、何をしても失敗ばかりで不運を招きやすくなります。

まとめ

いかがでしたか。

「チャクラ」という機能について、何となくでも理解していただけたでしょうか?

チャクラは内分泌腺と深くかかわり、肉体や精神に大きな影響を与えています。

例えば、1チャクラは、生命力(精神)や直腸、肛門、尿道、前立腺(肉体)に関係し、チャクラ機能が低下すると…便秘、痔、尿漏れ、膀胱炎、骨折しやすくなるなどのサインがあらわれる。

最初はそのように考えてもらうと、エネルギー療法(エネルギーによる整体)に応用できるようになっていきます。

チャクラには、宇宙的な視点で人を観れるという強みがあり、健やかに生きるメッセージやヒントを受け取ることができます。

そして、治療家、施術家、セラピストなどのヒーラー(癒し手)は、チャクラの概念を取り入れることで肉体だけのアプローチでは改善しなかった不調を、精神的な観点から改善へ導けるようになっていきます。

私の研究でチャクラは、太陽系の惑星の巡行とも深く関わり、私たちが地球で生きるためにとても重要な役割をもっていると感じています。

さらに、チャクラに対応する「色」は、オーラと呼ばれる電磁界(エネルギー・フィールド)に関係し、私たちの思考・感情・臓器・神経・骨格・食料・性etc.に影響を与えています。

あわせて読みたい
オーラの正体は電磁界(エネルギー・フィールド) あなアッパレ! フトマニ研究家・言靈ヒーラー 水谷です^^ 私たちはよく、「あの人にはオーラがある」とか言って、オーラが見えているわけではないのに”何か”を感じ取っ...

【周波数の補足1】周波数と形の関係性がよくわかる動画

【周波数の補足2】何もかも周波数を発している

増川いずみさんは周波数についてこのように書かれています。

花がそばにあると気持ちいいのも、花の発する周波数を浴びているからです。

例えば50経るとではシンプルな優しい花の形となりますが、それはまさに神経をチューニングする音叉と同じヘルツ。

低い周波数の花を置くと、神経がゆったりとして安らぐのです。

《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ 

『ウォーター・サウンド・イメージ』には、音楽の振動から「文字」のようなものが浮き上がる写真なども数多くあります。

moji-creation

文字は形、つまり《形霊》ですから、そのため体に文字を直接書いたり文字を体の上に置いたりすることで調子がよくなることがあります。

それは文字が出す周波数の力であり、それを見たり感じたりできる方が始めたことかもしれません。

【周波数の補足3】『形』という波動(イノチの振動)を失う単細胞生物の最後

下の映像は”Jam’s Germs”が捉えた映像で、観察しているのは単細胞生物の一種。

最初は元気に動き回っているものの、20秒あたりから体の組織が徐々に崩れていきます。

大部分を切り離し、身軽な体で動き回るも、1分15秒でまた体の崩壊が始まる。数秒足らずで体は溶けてしまい、やがて動かなくなってしまいます。。。

映像のキャプションには、「この生き物がなぜ死んでしまったのかはわからないが、無になっていく姿を見ててなんだか悲しくなりました。大きくても小さくても、命は儚い…」というコメントがあります。

View this post on Instagram

Jam’s Germsさん(@jam_and_germs)がシェアした投稿 – 2018年12月月24日午後2時36分PST

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷あきお 拝

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次