名前こそ最強の言靈~part1~

その昔、もう亡くなっている言靈のすごい先生にチャネリングでメッセージを頂いた処、「名前を大切にしなさい」とだけお言葉を頂きました。

「ママ、生まれる前から大好きだよ!」の著書の中でも、生まれる前の記憶をもった子供たちのコトが紹介されておりますが。

実は、子供の魂というのは、光の世界から親を見定めて生まれてくるように、自分に必要な言靈のエネルギーを選択し、この世に誕生していきます。

名前というのは一言でいうと「今世の課題を乗り切る為のエネルギーの欠片、言靈(音と光の波動)」です。

 

子供の魂は ⇒ 神様(魂の導き手)へ今世を課題を伝え ⇒

子供の魂は親を選び ⇒ 地球へ誕生してきます

 

父が決めたり、母が決めたり、祖父ちゃん、祖母ちゃん、神主さん、占い師が決めたりetc.

名前というのは、親や親族などから付けられたように思いますが、それはその方を借りて名前をもらっただけで、

ほんとうは神様へお願いして、自分で名前を決めて来ているのです。

そして私たちは生まれる前に、人生の目的を決めて産まれて来ますが、この世に生を授かる時すべてが一度リセットされるタメ、人生の目的も忘れてしまいます。。。

ですが、名前のヒビキの中には、その目的を生まれてからも思い出せるようなヒントがちりばめられているのです。

 

人生の目的は大きく分けて2つ

一つは、天命(てんめい)
天の命。宇宙に準ずる如く、ありのままの自分を愛するという目的。

もう一つは、地命(ちめい)
地の命。周囲に準ずる如く、ありのままの他者を愛するという目的。

その到達手段は十人十色。

命の数だけあるとされます。

 

「そうなんだ?でも、自分で名前を付けて来たわりには、あまり名前が好きじゃない氣がするな…」

そのように思う方も、もしかしたらいるかもしれません。

ですが、それはまだ「人生の目的」に向かって生きていない証拠です。

自分の名前に対する「満足感」はそのまま=人生の目的の「達成度」に直結しています。

 

ですから、本来ある自分の「生」を歩みはじめると⇒

氏名が使命となり⇒

名前の言靈が馴染んでいき⇒

自分の名前がドンドン好きになっていきます^^

 

そして、名前を好きになるコトはそれを残して下さった先祖への感謝の念を生み出し⇒

形式ではなく真心からの先祖崇拝に繋がっていきます^^

 

そしてさらには!

受信発信の原理により、ご先祖様からの恩恵やサポートを受けやすくなります!

 
名前を好きになるコトでご先祖様へは真心からの感謝の念を
ご先祖様に1番近い両親の魂にありがとうと言い続けることは大切だと思いますし、
毎日、産土様、氏神様その他の神様に加えて両親の魂にも手を合わすといいと思います。

神様は絶対的な存在ですが、霊魂は神界に上がる為に、人間と同じ様に修行が必要なのです。

それには、人間界からの感謝の気持ちを受け取らなければならず、その為に必死に守っているのですが、守護霊様も沢山いるものですから、強いものに先を越されてなかなか自分に順番が回ってこないのです。

だから、こちらから指名してあげるととてもお慶びになるのだと思います。

靈能鑑定での頂いたお言葉より

 

ちなみに、人生の途中で改名をしたり、名前が変わる出来事(結婚)がある場合、あらかじめ人生スケジュールに決まっているケースが多いです。

そのヒトの持つ周波数が変わると ⇒ 名前が変わる場合もあります。

またその逆も然り、周波数を変えるために⇒名前が変わる場合も。

 

周波数と形の関係

周波数とは属する世界の波のリズムであり、例えば

【周波数が荒々しいと】
エネルギーの波長が荒くトゲトゲしているので、心身に荒くトゲトゲした出来事を引き寄せやすくなります。

【周波数が細かいと】
エネルギーの波長が細かくサラサラしているので、心身に心地よく感じる出来事を引き寄せやすくなります。

※ちなみに、内ナル波動が高い存在としてあられるのが、神と呼ばれるエネルギー体です

 

名前の波動活用法はこちらから

名前こそ究極の言靈~part2~天災にも効果的な古代文字ヒーリング!



 

〇〇でカンタン自分好き度チェック!



 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

太陽のコトタマ師あっきぃでした♪