ミソフ呼吸~背骨と丹田を整える呼吸法~

 

一日の呼吸数って、だいたい何回か知ってますか?

 

通常は一日13,000回、妊婦さんはその倍26,000回と言われています。(赤ちゃんの分のエネルギーも必要になるため)

ここでご紹介するミソフ呼吸は、空(空氣)に含まれる四元素(火・風・土・水)を効率よく取り入れ、ミメカタチ(顔形、身体)をととのえる三十二柱のエネルギーを刺激する呼吸法です。

 

【やり方】

①まずはじめに軽く深呼吸して、肩の力を抜き、背筋を伸ばします(立っていても、座っていてもOK)

②肛門を締め、後頭部から⇒脊柱(背骨)を通すように静かに息を吸います

③腰の辺りまで吸い込んだら、吐くときは意識せず、肛門の緊張も緩め、ただゆっくりと吐くにまかせます

 


 

①~③を3回から~8回程度繰り返します。

脊柱があたたかくなったな~と感じたら、その後2~3呼吸で息を整え終了します。

※あまりやり過ぎると、氣(エネルギー)が集まり過ぎて、背中や肩が凝ってくるのでご注意を。

 

初めは目をつぶって行った方が良いでしょう。
慣れてくると目を開いていても、歩きながらでもできるようになります。

脊柱に息を吸い込むというのが難しい場合は、まずは背中全体で息をすると良いでしょう。

背中で息を吸えるようになったら、今度は脊柱で呼吸します。

 

ミソフ呼吸の所作には、クンバハカ(ヨーガに伝わる肛門締めの奥義)を取り入れています。

クンバハカは「瓶に水を満たした状態」という意味。肛門を締めて、肩の力を抜き肩を下げ、下腹に力を充実させていきます。

 

お腹の辺り(丹田)に手を置いてもOK


お腹(丹田)は、小腸や第二チャクラとリンクしています。

第二チャクラに対応する臓器の活性化:大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣、睾丸、精巣

第二チャクラの活性が低下すると:下痢をしやすい、腎機能が低下しむくみやすい、生理痛、生理不順など婦人科系に不調

●小腸と脳はリンクしてますので脳の働きが活性化されたり、自律神経が整ったりします。

●セロトニンを出やすくなりますのでストレスの軽減

●グランディングがしっかりする

●脳脊髄液の循環が良くなり頭が小さくなる

●肝臓機能と皮膚の改善等

 

【脊柱】補足

脊柱は=神の依り代

背骨のことを解剖学では「脊柱」と言います。
「柱」とは、神を数えときに使われる形容詞でもあります。

つまり「脊柱」には、神が成るのです。

神は脊柱(脊椎・背骨)のことであるから今でもその名残で、神を数える時に一柱、二柱と数えます。
日本国に古くから岩に対する信仰があり、信仰対象となる岩を磐座(いわくら)といいます。

 

※自然崇拝(精霊崇拝、アニミズム:すべてのものの中に霊魂、霊が宿っているという考え方)
古来、日本人は自然の山や岩、木、海などに神が宿っていると信じ、「八百万(やおよろず)の神(かみ)」という万物には沢山の神が在るとして、信仰の対象としてきました。

 

磐座(いわくら)とは、神が宿った岩のこと。

「神」というのは、いうなれば宇宙エネルギーの一種であり、姿カタチをもたないので、現実世界にあらわれる為には、なんらかの依り代と成る存在が必要になります。

 

神道では神事において、神をそのご神体である磐座(いわくら)から降臨(呼び出し)させ、その依り代(神籬(ひもろき))と神威(かむい)(アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のこと)を合わせ、祭りの中心としていました。

 

「ひもろき」の語源は、
「神霊(しんれい)が天下る(あまくだる)木」、
「神の依り代となる木」の意味

「ひ」は神霊(しんれい)。
「もろ」は天下る「あもる」の転じた意。
「き」は木の意。

 


 

「神」というのは言わば、万物が生きるための根源エネルギー。

 

人は二十五柱の磐座(椎骨)をもつ、生きる龍体

ヒトの背柱は25個の椎骨 (頚椎7、胸椎12、腰椎5、仙骨1)から一本の柱を形成しています。

105150
画像:コトバンク

「ヒトと宇宙の関わり」という視点から観ると「椎骨」というのは、いわば磐座(いわくら)のような存在であり、ヒトというのは二十五の柱が重なり、エネルギーを発生させ身体を機能させているとも言えます。


 

「脊柱」を通る脊髄神経はまさに、書いて字の通り「神の経(とおりみち)」

脊柱は自律神経のはたらきが直接反映される場所で、私たちの無意識に行っている
呼吸、内臓の働き、血圧、体温、水分の調節、性機能などを司っています。

そのように「脊柱」とは、「自律神経=神の経(とおりみち)」と通じているので。

脊柱をととのえることは、

自律神経をととのえ、

神の経(とおりみち)をととのえ、

自然治癒力(自らを治すチカラ)をあらわすことにつながっていきます。

 

ですから、人がもつ自然治癒力とは、神のはたらきのあらわれなのです。

 

 

【おまけ】

ちなみに、日本国も生きる龍体と言われています。


※「りゅう」とは言霊的に「離れ、湧き、生まれ出る」という意味。

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

 

”言霊のチカラ”をリアルに体感してみませんか?

 

【言葉、イメージ、身体感覚】を合わせ、

エネルギーを加わえることで、誰でもすぐに活用できる

「言霊ヒーリング」の素晴らしさをお伝えする、無料のメールセミナーです。

 

2 件のコメント

  • こんばんは。
    言霊、とても大事だと思っています。
    このブログとの出会いは、とても嬉しく
    思わず、ありがとうと言ってしまいました。

    私は、今年春に、レイキの体験で、とても気持ちが良い事を知りました。
    小さい頃から、霊を見たり、直感か当たったり、大人になってからは、相談を受ける機会が多く、30代半ばくらいからは、相談に対して、どおしたらいいか、答えがわかってしまったりしてました。
    不思議な人だと想われたくない気持ちもあり、あまり、オープンにしてきませんでしたが、昨年あたりから、たくさんの人を笑顔にしたいと思う気持ちが強くなり、レイキでは、疲れてる人を癒す事ができると思い、数ヵ月、掛けて、サードまで、アチューメントを受けました。
    今では、私の周りでは、レイキが浸透し、アチューメントの希望者も出てきてますが、レイキを知れば知るほど、高額でのアチューメントに、疑問を感じるように、なりました。
    来年早々、ティーチャーもと思っていましたが、今まで、アチューメントしてくれてた方に、お願いせず、もお少し、自分なりに、考えてみようと思っています。

  • コメントを残す