言靈ヒーリングで心身の歪みに癒しを!

まずはここから!人気記事トップ10


 

 

え、そんなことで

本当に効果があるの!?

 

ほとんどの方が、
最初は疑心暗鬼になってしまうのですが、
そんな方が言靈ヒーリングを体験して30分もすると、、、

 

「ヒーリング中に胃がゴロゴロ鳴ったり、お腹が温かくなったり、内臓が動くのが解りました!」

「ひどい猫背が、一回の胃上げで改善されました!」

「息子が一回の施術で内股が7割改善、膝の痛みも消えていました!」

「なんとこの度検査に行ったところすっかり子宮筋腫が消えてました!」

「難聴で耳鼻科に通っても良くならなかった耳が聞こえるようになりました!」

「酷い胃アトニーで立っているだけでも疲れていたのに、
ヒーリング後は
いつも重かった腰回りも、スッキリして楽になりました!」

 

 

初めまして、こんにちは!

この度は、ご縁をいただきありがとうございます。

言靈ヒーリング協会®代表 太元アキオです^^

 


 

ここに載せているのは、
私のお伝えしている言靈ヒーリングを体験し、
いきなり体調の変化を感じられた方のお声なんです。

 

突然の話で、
信じられないかもしれませんが、すべては実際にあった話です。

 












 

あなたはこんな経験がありませんか?

☑ 病院に行くほどでもないので放置していた不調が中々治らない

☑ 病院に通っていても一向に体調がよくならない

☑ 医師の勧めで手術したが、術後さらに悪化した

☑ 身体の不調を治しても治してもまた再発する

☑ 病院で注射を打っても、毎年同じ時期に症状が出る(ギックリ腰、花粉症など)

 

それって、なぜそうなってしまうのか?

なぜ病院に行っても治らないのか?

わかりますか?

 

それは、その根本にある原因、
あなたはもう気づいているかもしれませんが、

実は、心の声にあったのです。

 

言靈ヒーリングは、
心の声に耳を傾け、身体との対話を通し、
心身の歪みを調整してゆくものです。

 

実は、心身の不調に気づき病院へ行っても、
治る人って割にも満たないんです。

 

なぜそんなことが起きるのか?

病院は病気を治すところ、不調を治すところなのに、
なぜ治る人が半数にも満たないのか、

それは根本的な原因、

さっきも言ったように、
心に原因があることに気づいていないからです。

 

確かに、
身体の不調は病院でもらう薬で治るかも知れません。

 

けれど身体の不調は治っても
何度も言うように、
心の不調から生まれた身体の不調だから、
心が直らない限りまた復活します。

 

また、病院に通って
薬を飲まなければいけないということです。

 

ですから、
本当に不調を治したいと思ったら、

心の不調から直すべきなんです。

 

だから私は言靈ヒーリングを開発しました。

心と身体、その両方にアプローチできれば、
根本からの改善が可能になります。

そして、身体ほんらいの力を取り戻せば、
不調が再発することもないのです。

 

言靈ヒーリングを学ぶとこんな変化があります。

☑ 身体との対話を通し、体調がドンドン良くなる

☑ 今まで無自覚だった身体への感謝があふれてくる

☑ 身体への愛着が湧いてきて、自分を大切に扱うようになる

☑ 自分や家族、身近な人の健康をサポートしてあげられる

 

言靈ヒーリングの魅力って、
とってもシンプルなところ。

簡単な言葉がけで心身の歪みが整ってゆくので、

だれでも(年齢関係なく)、
どこでも(職場でも)、
いつでも出来て(歩きながらでもOK)、

忙しい方でも空いた時間に、
自分で自分の身体を調整できるんです。

 

そして、そんな言霊による身体調整のヒミツを、
誰にでもわかりやすく、
シンプルにまとめたのがこちらのメールセミナーになります!

 

【ご登録フォーム】

キミも今日から言霊使い!7日間無料メールセミナー
お名前(姓)  *  (例)山田
お名前(名)  (例)太郎
都道府県
メールアドレス  *
 

心と身体の関係がよく分かる例

心と身体が互いに影響し合っている、わかりやすい例は「恋」です。

「恋は盲目」「恋煩い」など、
恋って病気(やまい)に例えられるほど、
胸が苦しくなったり、食欲がなくなったり、
心の悩みが、身体に大きな影響を与えます。

好きな人を思うと、よく胸が切なくなったり、
胸がギューッと締め付けられるようになるのも、
実は心の働きに関係があって。

「好き」って心が反応すると、
その刺激が脳へ伝わり、
興奮物質のドーパミンやアドレナリンが放出され、
それらが神経をギューッと緊張させるから、
心拍数や血圧が上昇して、
胸のドキドキや圧迫感、胸が締め付けられるように感じるのです。

 
 

今週の人氣記事

月間