鎮守様をご存知ですか?~カミとつうじる心神法~

鎮守(ちんじゅ)さま

鎮守さまとは、産土さまや氏神さまの総称。

 

氏神(うじがみ)さま

同じ地域(集落)に住む人々を守護する土地の神さま。

同じ氏神の周辺に住み、その神を信仰する者同士を氏子(うじこ)といいます。
何事もなく日々健やかに、安心して暮らしておられるのは氏神さまのお陰です。神様ネットワーク(神様のつながり)で氏神さまは、産土さまから氏子一人一人の魂情報を受け継いでおられます。

 

産土(うぶすな)さま

土地の氏神様は古い言葉で「ムスヒ」と呼ばれています。

「土地の氏神様をな、古い言葉でむすびって呼ぶんやさ」

「この言葉には深ーい意味がある」

「糸を繋げることもむすび
 人を繋げることもむすび
 時間が流れることもむすび。
 全部神様の力や」

~映画『君の名は』より~

 

そのように産土様は、ヒトがこの地上に誕生するとき、”肉体と=魂を結ぶ”役目をもつ魂の母のような存在。

大地のチカラを一点に集め、凝縮し、イノチを産みだす、土の働きをもつ神。
だから産土(うぶすな)さま。

産土様は、あなたの母君が妊娠五ヶ月の頃に住んでいた所、その土地の氏神様のことです。

 

産土様の調べ方

全国の神社庁一覧より最寄りの神社庁を検索し、『わたしが産まれた○○市○○町の氏神様を知りたいのですが』というと教えてもらえます。

 

万が一、産土様がわからなくても大丈夫

・海外で生まれた
・引っ越しを繰り返していた
・ご両親がいないなど

産土様がわからないケースもあります。

そのような場合は「産土様(うぶすなさま)」と唱えていただくとよいです。

産土神社の候補が二つ以上ある場合は、実際に産土神社へ足を運んでみると、魂が産土様を覚えているので、その場所へ行くととても心地よく感じたり、「あ、ここだ!」と直感的にわかったりします。

産土神社に足を運ぶと、はじめて訪れた場所でもどこか懐かしく感じられるものです。

 

ムスヒの神、産土さまを大切にするほどに

・良縁が結ばれやすくなったり
・子宝に恵まれやすくなったり
・困ったときに御神名をとなえると、どこからか助けが入ったり
・何かあったとき、見えないサポートを受けたり、導かれたり
・様々な神様とも繋がりやすくなったりetc.

産土さまを大切にするほど、よりよきご縁のムスヒ(産まれ、結ばれ)が加速していきます。

 

産土様の体験談

日曜日に産土神社に行って来ました。行ったのは小学校以来だから、あれから40年近くたちます。
行くと涙があふれてきてとまりませんでした。
そして私は一言つぶやいていました。”愛たかった”と。
門には龍や龍亀や他にもほられていました。
また参拝しようと思います。その日は雨が少し降っていたのですが、参拝しているあいだは雨がやんで風が吹いていました。
心の中でずっと”愛たい”と思っていた龍や龍亀がこの神社にいて私をずっと待っていてくれた。
そしてやっと会えた。私は産土神社に来て心と身体が凄く癒されました。
これからの私は幸せになってもいいんだって思えてきました。

 

産土様とつながる秘技『心神法』

心神法(しんしんほう)は、言霊のチカラでは産土様と深く繋がることができます。心神法で産土様につながる感覚がわかると、様々な神(高次のエネルギー)との結びつきも強くなり、よりよきご縁が結ばれ、願いも叶いやすくなっていきます。

「産土さまにつながると、ふわぁ~っと胸があたたかくなって、もうありがたくって、ありがたくて・・・じっわ~んと涙が出てきました!」

「エネルギーの柱がおりてきて包まれ、『産土神様はこの方だと思います・・』と言ったとたん、こらえきれなくて、泣いちゃいました。遠くから拝見していた神様に直にお目にかかったというか、愛されているとわかったことが、嬉しくて、嬉しくて」

「産土様とつながることで、絶えず感じていた不安感がなくなりました」

「産土様との繋がりが、”実際の体感として、こんなに感じられるものなんだ!”って、感動しました」

「産土様のお名前を呼ぶ途中で全力のハグ!うるってくるどころか、いきなりどばーっと涙が出ちゃって。。。凄すぎる!しばらく涙が止まらなかった」

「御祭神の神様に心神法をさせていただきました。すると、神様の名前を呼んだ時に、今迄に感じたことがないくらい強く感じ、私の産土様がわかりました。ものすごく嬉しかったです」

「産土様の体感を知って、何でもお願いしていいし、するべきだと考え方が変わってきました。ひとつ何かが抜けたというか、落ちたというか、上がったというか、そんな気持ちです」

「あの産土様とつながる感じで、どこどこの誰々さんって設定して遠隔でヒーリングすると、その人の身体の様子が分かって来るようになって、
『だいたいここの調子がわるいんじゃないか~』と当たりをつけて、エネルギーを送ると回復が早くなりました。後でその方に確認すると、『何で分かったの?』って言われることが多くなってきました。
僕の遠隔ヒーリングの効果や、遠隔診断の感度が上がったのは産土様と繋がる、あの感覚があるからです。
川越 康弘さん」

「セミナーでは、参加者一人づつ産土神様をお呼びします。で、私の順番になり、お呼びしました。
『くしなだひめ・・くしなだひめ・・くしなだひめ・・・・』
もし、視えるかたが、いらっしゃったら、私の頭上に光の柱が出来ていたのではないかと思うのですが、エネルギーの柱がおりてきて、包まれていました。終わってから、(産土神様は)『この方だと思います・・』と言ったとたん、こらえきれなくて、泣いちゃいました。
遠くから拝見していた神様に直にお目にかかったというか、愛されていることがわかったというか、嬉しくて・・・
私の隣に座っていた方も、私に降りてきたエネルギーを感じられたそうです。先日、家族で参拝したときも、御神名でお呼びして、すごく距離が近くなったというか、親しみやすくなりました!
マーヨさん(女性、看護師)』

「心神法を習った後、産土様に会いたくて、母に初宮詣りしたところを思い出してもらい、その神社に50年ぶりに行ってきました。御祭神の神様に心神法をさせていただきました。
すると、神様の名前を呼んだ時に、今迄に感じたことがないくらい強く感じ、私の産土様がわかりました。ものすごく嬉しかったです。
これも、心神法を習ったおかげです。ありがとうございました。
Aさん(女性)」

「自分の産土さまがわかった時、もうありがたくって、ありがたくて・・・じっわ~んと涙が出てきました。
その御神名をお唱えした時、ふわぁ~っと、胸があたたかくなって!
その慈愛に満ちたやさしさとまもられている感で、『何があっても大丈夫』っていうなんともいえない安心感が広がってきました!
Fさん(女性)」

 

二十一日参りのすゝめ

私の二十一日参拝の体験談。

21日というのは、ニワトリが卵を産んで孵化するまでの期間で、潜在意識に変化を起す目安とされています。

21日参りは自分の住んで居る土地の神様(氏神神社や産土神社)へ21日間途切れる事無くお参することで、神々さまとより深いつながり、仲良くなる架け橋をつくると言われています。

そして日々お守りしてくださる鎮守神の存在へ心を向け、つながりを深めることで開運体質になっていくとも言われています。

神様へご挨拶を通し、自分の願望・目的や心願成就の祈りを届けていきます。自分の住んで居る土地の神様とのつながりが深まると、人・モノ・金などの様々なご円や縁がつながりやすくなります。

なぜなら、自分が居住している場所の氏神神社(又は産土神社)に21日間途切れる事無くお参りする事で、神々様の喜びが私たちの喜び(願望・心願成就)として返って来るからです。

常識的な考えで、その土地に住まわせて頂いているのですから、時々はご挨拶をされると良いと思います。

 

そして、普段から産土様を大切にしていると、もしもの時、自分や家族の身を守ってもらいやすくなります。

 

 

関連記事

言霊についての学びを深める「無料の言霊メールセミナー」も配信中です。

 

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝