鎮守さまが大切です(神社参拝、神棚)

鎮守さま

鎮守さまとは、産土さまや氏神さまの総称。

 

氏神さま

同じ地域(集落)に住む人々を守護する土地の神さま。同じ氏神の周辺に住み、その神を信仰する者同士を氏子(うじこ)といいます。
何事もなく日々健やかに、安心して暮らしておられるのは氏神さまのお陰です。神様ネットワーク(神様のつながり)で氏神さまは、産土さまから氏子一人一人の魂情報を受け継いでおられます。

 

産土さま

産土様はこの地球に誕生する時、タマシヰを結ぶ役目をもつ、イノチの母のような存在。
タマシヰのチカラを一点に集め、凝縮させ、イノチを産みだす土の働きをもつ神さま。

産土様は生まれた所、母君が妊娠五ヶ月の時に住んでいた、近くの神社に祭られている神さま。(神社名ではなく、御祭神)

「神社庁一覧」より検索し、

『わたしが産まれた○○市○○町の氏神様を知りたいのですが』というと教えてもらえます。
産土さまの御神名を知っていると徳するコト
・良縁が結ばれやすくなる
・子宝に恵まれやすくなる
・困ったときに御神名をとなえると、どこからか助けが入る
・何かあったとき、見えないサポートを受けたり、導かれたりする
・様々な神とも繋がりやすくなったりetc.

産土さまの御神名を知っていると、様々なよきご縁も結ばれやすくなっていきます。

※実は、初詣も産土神社が基本です。その後に地元の大きな神社や、伊勢神宮、出雲大社にというように、順序を大切にされるとよいです。

 

産土さまを知るとご利益、お蔭も巡りやすくなります。
産土様の体験談
日曜日に産土神社に行って来ました。
行ったのは小学校以来だから、あれから40年近くたちます。行くと涙があふれてきてとまりませんでした。そして私は一言つぶやいていました。
”愛たかった”と。
門には龍や龍亀や他にもほられていました。また参拝しようと思います。
その日は雨が少し降っていたのですが、参拝しているあいだは雨がやんで風が吹いていました。心の中でずっと”愛たい”と思っていた龍や龍亀がこの神社にいて私をずっと待っていてくれた。
そしてやっと会えた。私は産土神社に来て心と身体が凄く癒されました。
これからの私は幸せになってもいいんだって思えてきました。
 

万が一、産土様がわからなくても大丈夫

「自分の産土さまがわからない場合はどうしたらよいでしょうか?」というご質問をよく頂きます。

産土様は、母君が妊娠五ヶ月目に居た住所と伝わっており、通常神社庁に問い合わせ頂けばわかります。

産土神社の候補が二つ以上ある場合は、実際に産土神社に足を運んでみると、魂が産土様を覚えているのでその場所へ行くととても心地よく感じたり、「あ、ここだ!」と直観的にわかったりします。

産土様はこの地球世界への誕生に大きく関与されている神様ですので、産土神社にいくと、はじめていった場所でもどこか懐かしく感じられます。

ですが海外で生まれた場合、引っ越しを繰り返していた、ご両親がいないなど産土様がわからないケースがある場合もあります。

そのような場合は「産土様(うぶすなさま)」と、口や心にしてお唱えいただくとよいです^^

 

二十一日参り

「21日参り」自分の住んで居る場所の土地の神様、氏神神社や産土神社へ21日間途切れる事無くお参りするコト。
直接お守りしてくださる鎮守様の存在へ心を向け、つながりを深めることで開運体質になっていくとされています。

神様へご挨拶を通し、自分の願望・目的や心願成就の祈りを届けていきます。

自分の住んで居る土地の神様とのつながりが深まると、人・モノ・金などの様々なご円や縁がつながりやすくなるように潜象界(目に見えない世界)から⇒現象界(目に見える世界)へ影響を与える開運法でもあります。

自分が居住している場所の氏神神社(又は産土神社)に21日間途切れる事無くお参りする事で ⇒

神々様が喜ばれ ⇒その喜びが願望・心願成就として返ってきます。

常識的な考えで、その土地に住まわせて頂いているのですから、新月と満月くらいはご挨拶をされると良いと思います。

 

<関連リンク>

言霊で自分や家族の身を守るおまじない

ゆたかな人生を築く言霊~言葉の法則~

言霊についての無料メールセミナー

 

あっきぃでした

かむながらたまちはえませ~ いやさかましませ~♪