鎮守さまが大切です(神社参拝、神棚)

鎮守さま

鎮守さまとは、産土さまや氏神さまを含めた、ご先祖様の集合意識の総称。

ご先祖様とは、キミの神々さま。(キ=男性、ミ=女性)

カムロキ(大昔の男性のご先祖様の集合意識)
カムロミ(大昔の女性のご先祖様の集合意識)

氏神さま

同じ地域(集落)に住む人々を守護する土地の神さま。同じ氏神の周辺に住み、その神を信仰する者同士を氏子(うじこ)といいます。
何事もなく日々健やかに、安心して暮らしておられるのは氏神さまのお陰です。神様ネットワーク(神様のつながり)で氏神さまは、産土さまから氏子一人一人の魂情報を受け継いでおられます。

産土さま

産土様はこの地球に誕生する時、タマシヰを結ぶ役目をもつ、イノチの母のような存在であり。
誰もが一番関わりやすい神さま(見えない喜びのエネルギー体)です。

なので産土様と関わり方を知ると。運、体調、人間関係etc. 人生に関するすべてが好転します。

産土様はタマシヰを一点に集め、凝縮させ、イノチを産みだす土の働きをもつ神さま。
産土さまとは、私たちのイノチが、この世界で最初に深くまつわる(関わる)神さまのコトです。

産土さまは生まれた所、母君が妊娠五ヶ月の時に住んでいた、近くの神社に祭られている神さま。(神社名ではなく、御祭神)

「神社庁一覧」より検索し、『わたしが産まれた○○市○○町の氏神様を知りたいのですが』というと教えてもらえます。

産土さまの御神名を知っていると、いいことだらけ

・良縁が結ばれやすくなったり
・子宝に恵まれやすくなったり
・困ったときに御神名をとなえると、どこからか助けが入ったり
・何かあったとき、見えないサポートを受けたり、導かれたり
・産土さまに繋がるコトで初めて、様々な神とも繋がりやすくなりetc.

様々なよきご縁と結ばれやすくなります。

※実は、初詣も産土神社が基本
その後に地元の大きな神社や、伊勢神宮、出雲大社に本来はいくべきです。神界は戒律、縦のつながりに厳しいので、順序を大切にするとよいです。

そのように産土さまを知るとご利益、お蔭も巡りやすくなります。
産土様の体験談
日曜日に産土神社に行って来ました。
行ったのは小学校以来だから、あれから40年近くたちます。行くと涙があふれてきてとまりませんでした。そして私は一言つぶやいていました。
”愛たかった”と。
門には龍や龍亀や他にもほられていました。また参拝しようと思います。
その日は雨が少し降っていたのですが、参拝しているあいだは雨がやんで風が吹いていました。心の中でずっと”愛たい”と思っていた龍や龍亀がこの神社にいて私をずっと待っていてくれた。
そしてやっと会えた。私は産土神社に来て心と身体が凄く癒されました。
これからの私は幸せになってもいいんだって思えてきました。
 

万が一、産土様がわからなくても大丈夫です

「自分の産土さまがわからない場合はどうしたらよいでしょうか?」というご質問をよく頂きます。

産土様は、母君が妊娠五ヶ月目に居た住所と伝わっており、通常神社庁に問い合わせ頂けばわかります。

産土神社の候補が二つ以上ある場合は、実際に産土神社に足を運んでみると、魂が産土様を覚えているのでその場所へ行くととても心地よく感じたり、「あ、ここだ!」と直観的にわかったりします。

産土様はこの地球世界への誕生に大きく関与されている神様ですので、産土神社にいくと、はじめていった場所でもどこか懐かしく感じられます。

ですが海外で生まれた場合、引っ越しを繰り返していた、ご両親がいないなど産土様がわからないケースがある場合もあります。

そのような場合は「産土様(うぶすなさま)」と、口や心にしてお唱えいただくとよいです^^

 

二十一日参り

「21日参り」自分の住んで居る場所の土地の神様、氏神神社や産土神社へ21日間途切れる事無くお参りするコト。
直接お守りしてくださる鎮守様の存在へ心を向け、つながりを深めることで開運体質になっていくとされています。

神様へご挨拶を通し、自分の願望・目的や心願成就の祈りを届けていきます。

自分の住んで居る土地の神様とのつながりが深まると、人・モノ・金などの様々なご円や縁がつながりやすくなるように潜象界(目に見えない世界)から⇒現象界(目に見える世界)へ影響を与える開運法でもあります。

自分が居住している場所の氏神神社(又は産土神社)に21日間途切れる事無くお参りする事で ⇒

神々様が喜ばれ ⇒

その喜びが願望・心願成就として返ってきます。

常識的な考えで、その土地に住まわせて頂いているのですから、新月と満月くらいはご挨拶をされると良いと思います。

 

森羅万象とつうじている言霊

言霊で自分や家族の身を守るおまじない

言霊で虫を追いはらった逸話~ワカ姫のマシナイ~

 

日月神示流~神社参拝~

二拝
四拍手
『ひふみゆらゆら』 六回
『ひとふたみーよーいつむーななやーここのーたり』(天の数歌) 三回
『神々様 弥栄ましませ弥栄ましませ』 一回
四拍手
二拝

朝 神前での祈り方

先づ神前に向って静座。しばし目つむり、気しづめる
一拝、二拝、三拝 (三拝)
八拍手
『ひふみゆらゆら』 六回
ひふみ祝詞 三回(拍手)
『御三体の大神様弥栄(やさか)ましませ弥栄(いやさか)ましませ、
天(あめ)の日月の大神様弥栄ましませ弥栄ましませ、
地(くに)の日月の大神様弥栄ましませ弥栄ましませ』 一回
八拍手
『御三体の大神様』 七回
大神様の気頂く(神前に向かい大きく息を吸い込み下座に吐き出す)八回
八拍手
一拝、二拝、三拝 (三拝)

昼 祈り方

大地に祈る。黙祷(もくとう)する
時により所によって、暫し黙祷。できれば裸足になって、お土の上に立ちて目をつむりて、三回足にて呼吸(お土の気を頂く)

夜 神前での祈り方

朝の祈り方と同じ様にして、「ひふみ祝詞」の代わりに「いろは祝詞」をのる。

「いろは にほへてち りぬるをわかよ たれそ つねならむ ういのおくやま けふこ えてあさき ゆめみしえひもせすん」

 (三五七に切りながら手を打ちながらのる)

霊の宮への祈り方(末社、摂社、ご先祖様など)

一拝
二回拍手
天の数歌一回
弥栄ましませ弥栄ましませ一回
二拍手
一拝

神棚の祀(まつ)り方

○気持ちの心構え『はじめに神ありき』

“祀る”ではなく、“祀らせて頂く”

謙虚な心がまえでないと、カミなるエネルギーは流れにくいのです。カミなるエネルギーは川の流れのように低い場所に集まるので、その順序を間違えて形だけ祀っても、あまり意味がありません。

神棚を祀る、方角や場所はそれほどこだわる必要なし。

1階に祀る場合、神棚の上の天上に『天』又は『空』と書いた紙を貼る。

2014062709290000
神棚の中に備えるもの
・ご神体 初心者は神名を書き記したお札。木札や半紙に神名を書いたものか、神社のお札でも良し。(向かって右から位の高い神さま)上級者は川で拾った石。

例)天照皇大神宮(伊勢神宮の正式名称)、産土神社や氏神神社・縁のある神社のお札(桑名だと、多度大社など)

お雛様

・灯明 二本のロウソクを左右に立てて、礼拝の最中は火を灯す。

・水 水道水ではなく、なるべくなら天然水の方が良い。

・塩 精製塩ではなく、なるべくなら荒塩のような、海水から取れた天然物が良い。

・米 粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(きび)、麦(むぎ)、玄米(げんまい)、蕎麦(そば)の実や小豆、大豆なども、捧げると良い。

・榊 一対の榊(さかき)、松なども良い。
◎神棚の豆知識
神棚は、携帯の電波と同じようなモノです。無知なる自分を認め、「神を知ろう」とする素直な心に、神は宿ります。ヒーラーや治療家の方は、家や仕事場に神棚があると神ナルエネルギーとつながりやすくなります。
gokai00200-3

僕もまだまだ神ナル世界は知らないコトが多いのですが、日々導かれ出逢うこのミチの先輩たちに教えを授かっております。

そして日々の氣づきを通して、自然界からも多くの教えをいただいております。

 

はじめにお読みください

言靈についての学びをえる無料メールセミナーはコチラから

 

あっきぃでした

かむながらたまちはえませ~ いやさかましませ~♪