【言霊】「ありがとう」「あい」「かむながらたまちはえませ」の謎をとく

【ありがとう】難切り、大難を小難へ振替える言霊

 高次元のエネルギー

 離れ

 力として

 何重にも統合され

 生まれ出る

目みえてあらわれる病、事故などの厄災と思えるような出来事も、
目に見えない思い(恨みつらみなど)の振替えとしてあらわれると言われています。

ですので、車が事故した瞬間、病がわかった瞬間、

「ありがとう~!」と言霊を発することで、様々な大難が⇒小難に。難が切れやすくなります。

 

愛(アイ)の言霊

「アイ」には「高次元の意」というハタラキがあります。

「アイ」は漢字で書いたら「愛」となり、「旡」「心」「夂」の組み合わせによるもの。

「旡」は人間が後ろを向く姿
「心」は心臓のカタチ。
「夂」はヒトの足をあらわします。

つまり「愛」とは、立ち去ろうとして後ろに心がひかれる人の姿であり、
その心情を「愛」といい、”いつくしむ”の意味となります。

引用:常用字解 白川 静 (著)

ですので、「愛」を漢字で認識していると、どこかもの寂しさがありますが。

カタカナの「アイ」で言葉を認識すると、「高次元の意」というハタラキを引き出しやすくなります。

 

「かむながらたまちはえませ いやさかましませ」の言靈

「かむながらたまちはえませ」の言霊はヒーリング効果も高く、周囲のエネルギーを自分にウツス(映す、移す)ことも出来、ギックリ腰寸前の状態から回復された方もおられます。

かむ :目に見えない世界(潜象界)から

ながら:核となるチカラの場(殻)をつくり

たまち:分離独立したエネルギーが空間に持続して

はえ :(生え)成長し続け

ませ :膨れ上がったエネルギーが勢いよく流れていく

 

いや :ますます栄える

さか :差がついて

まし :空間を示し

ませ :膨れ上がったエネルギーが勢いよく流れていく

 

「かんながらたまちはえませ いやさかましませ」を言いながら身体の痛いところや、コンプレックスのあるところを摩り、御礼を言った途端に笑いが止まらなくなり涙が出てきました。

あっきぃさんのメールに書いてあった体験談の通りだったので、驚くと同時に日本語って本当に素晴らしい‼︎と改めて実感しました。

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    水谷哲朗

    【プロフィール】

    水谷 哲朗(あきお)
    1978年生まれ。A型 しし座。

    25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
    生きる希望をもつことすら難しく感じ、
    何度も自殺未遂を繰り返していました。
    そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
    "雲を消せるおじぃ"との出会いが始まり。
    私の目の前でスイスイと
    雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
    僕の人生は大開花!
    その後、不思議な世界への興味と、
    自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
    山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
    精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。
    やがて、
    現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
    そのすべてが一つになっていきました。

    そんな頃、
    偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
    その映像には、ある主催者の方が、
    参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
    一瞬で人々が癒されていく姿が!

    それからまもなくして、
    心と体は繋がっているということは、
    言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
    その考えから、
    2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

    言靈ヒーリングは、"言葉がけ" だけで、
    胃が上がったり、体温が上がったり、
    肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
    心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

    おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
    今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
    全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

    その数は、すでに30回を超え、
    参加者これまでに、500名を超える。