【正座で直観力アップ】三位一体バイブレーション~蝶形骨、神骨、ヤコブ骨~

北極星を中心に地球が渦巻いているように、

人も宇宙とともに振動しながら螺旋を描いており、

そのバイブレーションの要となる三点が蝶形骨、神骨(仙骨)、ヤコブ骨(かかと)にあると言われています。

 

蝶形骨とは

人間の頭の中には、蝶形骨という骨があります。蝶が羽を広げているような形に見えることから、そう名付けられました。

o0224032210164391313

「蝶」は変化・変容の象徴です。実は人の中にも蝶がいて、あることをすればサナギから蝶への変容が可能になります。

それは蝶形骨を振動させあたためてあげるコト。

高速回転の振動(バイブレーション)は、心身を振動させ熱を発していきます。

電子レンジを例にとると。

電子レンジは1秒間に2億5000万回も振動するマイクロ波を食品に照射すると、食品に含まれる水分子も一緒に2億5000万回振動します。
この振動によって発生する熱エネルギーが食品を加熱します。

 

Sphenoid_bone

出典:Wikipedia



天才をつくる蝶形骨

 

神骨=仙骨とは

仙骨とは、人体のほぼ中央に位置し全身200個の骨を総支配し、身体のかなめとして全身の機能(筋肉、内蔵、諸器官等)をコントロールしている人体にとって最も重要なパーツです。

仙骨は回転するコマのよう高速回転でバイブレーションをしている骨でもあり、このバイブレーションのスピードが高速で安定すればするほど、その人のエネルギーも高められ、健康体になったり運気が上がったりします。

逆に仙骨のバイブレーションが下がれば病気や老化現象が起こったり、運気も悪くなると言われています。

Sacrum_-_animation00

出典:Wikipedia

その役割は、肉体面、精神面、魂、さらには前世の記憶なども封印されており、別名「パンドラの箱」とも呼ばれている骨でもあります。

引用:パンドラの箱「仙骨」

人間の身体は、一見静止しているように見えますが、実際には精妙に振動しています。人間以外の脊椎動物はテーブルと同じ4本足ですから、物理的に安定して立ったり歩くことに不思議はありません。しかし、人間だけが2本足で歩いたり、走ったり、また片足で立ったまま持続できるのは、仙骨が精妙なバイブレーションを発しているからなのです。
02
勢いよく回転している「コマ」は、一見、静止しているように見えるものですが、これと同じことが人間の身体にも当てはまるのです。
例えば、コンパスで円を描こうとする時、その先端の針とエンピツの個所を動かしてコンパスを広げますが、このとき上部の留金(支点)の部分がまず動かなければ開きません。
03
それと同じように人間の足が動く時にも、実は足の付け根、つまり骨盤から動き出すのです。そして、さらにその前にまず骨盤の中心にある「仙骨」が行動を起こしているのです。
04
その際に、もし仙骨が正しいバイブレーションを発していないと、コマの回転が遅いのと同じで、人間はヨロヨロした歩き方しかできません。
コマの心棒が曲がってしまうとその回転が不安定になるように、人間の中心(中真)である「仙骨」が変位を起こすと、そのバイブレーション機能は低下し、病気やさまざまな症状など、不安定要素が発生するのです。

仙骨が人体に及ぼす影響

下記のように「仙骨」が人体に与える影響は重大です。
人間には、プラスチックやセラミックなどの人工物で代用できない骨が二つあります。
それが「蝶形骨(頭蓋骨を構成している骨のひとつ)」と「仙骨」です。そして、この二つの骨を繋いでいる形で脊椎が存在しています。
蝶形骨を簡単に説明すると、全身のホルモンのバランスをつかさどっている器官である脳下垂体をその上に乗せている骨です。
つまり、蝶形骨は、ホルモンのバランスにも密接に関わってきます。
first10
この「仙骨-脊椎-蝶形骨」の関係をわかりやすくたとえると、「皿回し」のような関係です。
曲芸師の手元(仙骨)が正しく動いているときはお皿(蝶形骨)も正常な状態ですが、その動きに歪みが生じるとホルモンのバランスも崩れてしまいます。また、多くの治療家は背骨をまっすぐにすれば、神経が正され、病気は治ると信じていますが、これは、それぞれの機能を理解しないために起きた大きな誤りです。
なぜなら、脊椎は単に神経の通路ではなく、生命の源である仙骨バイブレーションを全身に伝える回路として、大きな働きを担っているところなのです。そして神経の役目とは、バイブレーションの低下した箇所を感知して、痛みやカユミ、シビレとして脳にサインを送ることにあるからです。
神経が病気を良くすることはありません。仙骨バイブレーションというエネルギーが、あなたを快適で不自由のない日常へ導いてくれるのです。(転載終了)

 

仙骨はありとあらゆる身体に悪いものが溜まる場所で、未浄化霊や悪霊が仙骨に溜まると、霊障を引き起こし大変になる場合もあります。

 

推骨の一本一本が宇宙
西洋で「聖なる骨」と呼ばれている仙骨は、日本では昔、「神骨」と呼ばれていたそうです。

人が身体を動かしたり、喋ったりする前に、実は仙骨が先に動いているのだそうです。それから体が動き、その後で、脳が身体の動きを認識している、というのです。

身体が動いた0.5秒後に脳が身体の動きを認識するという話は、物理学者でキリスト活人術!冠光寺流創始者の保江邦夫氏もされていました。



【2:55のところ】

スクリーンショット 2015-10-06 15.14.38

しかし実際には、さらにその0.5秒前に仙骨が動いている、というのです。

【仙骨(0.5秒)⇒身体が動く(0.5秒)⇒脳が動きを認識する】

人は仙骨によって動かされている、だから本来、仙骨は神骨なんだと。

仙骨は常に微振動しています。その微振動は、脳の中にある蝶のような形をした骨、蝶形骨に伝わっています。

kan. さん(時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ Kan. (著))という人は、実に不思議な人で、彼のセミナーに出ると、質問もしていないのに、そこにいる人に必要な情報がもたらされることがあります。

私が出席したセミナーで、彼はいきなり、仙骨と蝶形骨のことを語り始めました。

「仙骨は常に微振動していて、それが脳の中にある蝶形骨に伝わり、蝶形骨も微振動するしかけになっています。しかし現代人は蝶形骨がセロテープでくっつけられたような状態になっていて、これでは松果体が活性化しません。蝶形骨が仙骨のエネルギーを正しく受けることができれば、松果体が活性化し、背骨の推骨、一本一本が活性化して行きます。実は推骨の一本一本が宇宙なのです。」

仙骨おそるべしです。仙骨をいじると現実まで変わってしまうのです。何しろ神骨ですから。皆さん、くれぐれも仙骨を大切にしましょうね。

「仙骨の怪しい話・5」より転記

 
億万長者の仙骨
お金持ちの共通点は、「仙骨」だったというお話もあります。

 

仙骨調整エクササイズ
仙骨を正しい位置に収めるためには骨盤の調整が必要で、そのための簡単で基本的なエクササイズが腕振り運動です。

51jl0+55IUL._SX400_CR78,25,290,290_

 

「骨格矯正で万病を治して不老不死に導く」

 

ヤコブ骨=かかと

かかと(踵)は、足の裏の最も後(背中側)の部分であり、ヘブライ語では「ヤコブ」といいます。

「ヤコブ」は、ヘブライ語起源の人名「ヤアコブ」の日本での慣用表記。ヤアコブを直訳すると「かかとさん」のような意味合いになります。

なお、ヘブライ人であった元祖「ヤコブ」は、イスラエルの美称をもつ人物でもあり、ヤコブの息子たち12人がイスラエル十二部族の祖となったことから、イスラエル民族のことを「ヤコブの家」と表すこともあります。

他にも「ヤコブ」の名を持つ人物の一覧

ヤコブ (旧約聖書) – 創世記に現れる。イサクの息子。イスラエルの名を得て、ユダヤ人の祖となる。
ヤコブ (ゼベダイの子) – イエス・キリストの十二使徒の一人。ヨハネ (使徒)の兄弟。
アルファイの子ヤコブ – イエス・キリストの十二使徒の一人。

かかとから目覚める日本民族のチカラ

イスラエル十二部族は日本民族の祖とも言われており、私たちの中にあるヤコブ骨(かかと)を開放(バイブレーション)していくことで、神骨(仙骨)、蝶形骨も互いに共振(連動)し「ありのままの生」に目覚めやすくなります。

足のかかとが十分に使えるようになると、直接、腰が連動して、おのずと共振のようなことが起こります。ここには経絡とは少し違う概念が働いています。
また、目の奥には、蝶が羽を広げる形をした、まさに蝶が飛石ように微細振動をする蝶頚骨という名の骨がありますが、この骨が振動すると、腰が振動し、続いて仙骨が振動し、そして、かかとが振動します。あるいは順番を変えて、かかとが振動することで、腰が振動し、蝶形骨が振動して、仙骨が振動することもあります。

このように振動する順番はさまざまにあり、順番が変わることによって世界に対する感覚もさまざまに変わります。

かつて、かかとと腰がつながる感覚をもっていた身体は、今とは月が違って見えていました。「ありのままに見えた」ともいえますし、「自分の中に月を発見できた」ともいえます。いにしえの日本では、複数の人が輪になって、その感覚を活性化していたようです。
昔の日本の身体文化は、今とは異なり、完全に開いていました。
歩き方にしても、大地とのつながり方にしても、農耕によるつながり方にしても、あるいは漁におけるつながり方にしても、自然と調和し、自然のスピリットと交流しながらできあがった身体というものがありました。

引用:時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ Kan. (著)

 

肥田春充さんも、かかとの重要性についてこう述べています。

『……心身強健の秘訣、修養の極致は、脚にひそんでいる。
古人が「踵で息をする」といったのはこれである。
踵で息をするとは、心気を足端に注ぐことである。
踵を活かすには、必ず爪先に覚醒を与えなければならない。
足先には5本の指がある。
だがその中で、ただ親指だけへ強く力を入れればよいのである。
剣術においては切っ先三寸というが、切っ先を活かすには、
左手小指から跳ね返すような力を送らなければならない。
そして左手小指の力は、丹田からこなければならない。
しかも大なる丹田力は、踵からこなければならない。
踵を強くするのには、爪先三寸を活かさなければならない。
爪先を活かすのには、親指に力を入れるのである。
結局、真っ先に迸る精気は、足の親指から発するわけである。
しかし足先を支配するものは、やはり腰腹丹田の中心力でなければならない』

ミソフ呼吸

 

普通に生活をしていれば、歩くことで振動がかかとから⇒仙骨に伝わり⇒それが背骨から頚椎を通して⇒蝶形骨に伝わっていくので、歩くことが人間の健康の基本だといえます。

しかし骨格が歪んでいると、ウォーキングもスポーツも弊害となりますので、骨格を整えることが先決です。

その場合、かかとに重心を置き、仙骨を前に突き出すミソフ呼吸もおススメです。

キチンと行うことで「ポキッ」と音が鳴り、自分で背骨の歪みを整えることが出来ますし、仙骨から発電されたエネルギーが丹田に充電されていきます。(丹田は書いて字のごとく気の田んぼのこと)

 

三位一体バイブレーションを高める作法

003745.smpl
 

三位一体バイブレーションを高めるのが、

実は、正座なのです。

 

かかとの振動が⇒坐骨から⇒仙骨に伝わり⇒

それが背骨から頚椎を通して⇒蝶形骨に伝わっていきます。

 

正座の際は、意識を手先や足先に向けると、よりいっそう三位一体バイブレーションを安定させていきます。

 

まとめ

「蝶形骨、神骨、ヤコブ骨」は三位一体のモノであり、

そして身体全体のバイブレーションが整っていくと、

60兆の細胞は、肉体をととのえ合い(愛)、精神をととのえ合い(愛)、

ほんらい与えられた神人としての生き方へと変容していくのです。

prince-of-peace

 

聖なる骨、椎骨の一つ一つが自らの意思で動いていくと、ものごとのありのままを見るようになり、より自分にかなう生き方を自然に選ぶようになってきます。

ハートにはあたたかさがあふれ、自分の本質にあった脳、身体、感情、エネルギー、お金の使い方を選択する・・・

すべてが自然にできるようになってくるのです。

 

そして個々のイノチに起こる現象は自然界と共振(振動)して、

地球にも、宇宙にも、その喜びの波動がうつっていくのです。

 

それは人生にあらわれる人間関係にも影響し、

自分に合った環境で自分らしく生きるしあわせにもつながってくるでしょう。

 

<関連リンク>

はじめにお読みください

仙骨、尾骨、蝶形骨のヒミツのお話


言霊ヒーリングの学びを得る無料メールセミナー

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

あっきぃ拝

ABOUTこの記事をかいた人

四国香川のうどんヒーラー。日本の言霊のすばらしさを世界へ発信中! 世界にヒビけ平和のヒカリ。地球を満たすアナアッパレなヒミツなり!