【祓い清め六ヶ条】自然治癒力やヒーリング効果があらわれやすくなるコツ!

ヒーリングの効果があらわれにくい方のタメに、自然治癒力やヒーリング効果があらわれやすくなるコツをまとめてみました。

一斉ヒーリング宇宙エネルギー体感実験等であまり効果のみられなかった方も、六ヶ条を実践してあくる日びっくりぽんな結果が出た方もおられます(笑)

効果の出にくい方はぜひ六ヶ条を実践して頂き、ブログやHPでお伝えしている無料ヒーリングの数々(コトタマ大辞典)をお試しください^^

 

①よく噛む(40回以上)
【ヒフミの食べ方】最強病治し!?日月神示流やまいなほし

 
②心身を浄化しチャクラ・オーラをととのえる
・朝は太陽をたくさん浴び。
・昼は公園で裸足になり、ネガティブ感情をアース(接地)で大地へ流し浄化する。(人も電氣で出来ており、ネガティブ感情はトゲトゲした刺激で、心を感電状態へ追いやります)
・夜は塩風呂に入り、月や星をみる。
とくに新月や満月は薬指にはめた銀の指輪(結婚指輪など)を外すとよいです。薬指は「太陽の指」とも言われており人氣運に関係します。
新月は太陽と月が交わり、満月は太陽と月が引き合い地球に降りてきた私たちの魂を浄化する壮大なセレモニーの一つです。
太陽系の8惑星や星たちを意識して夜空に両手を向けていると、宇宙エネルギーが流れ込んで手のひらがパンパンに膨れてきます(笑)

チャクラ・オーラを浄化しととのえておくほど、ヒーリング効果はあらわれやすくなります。

 
③雲けしで真のリラックス状態に入る感覚を身につける
自分ではリラックスしているつもりでも、なかなか身体の緊張が抜けず真のリラックス状態に入れない方も多いです。
雲けしセミナー(無料)を実践し、空をぼーっと見て雲をけす感覚がわかってくると、真のリラックス状態にも入りやすくなります。
仕事と私生活のメリハリ。スイッチのオン、オフを雲けしで身につけて、言霊ヒーリングを行う時間帯はなるべくリラックスし、気持ちよく癒しのチカラを受け取ってみてください。

 
④フトマニを活用する
下記の「フトマニ」を印刷し、クリアファイルに入れ、その上で座ったり、寝転がってして言霊ヒーリングをすると、その効果は∞無限大∞に高まっていきます。

【カイワレ実験】フトマニ図、必ず人にも影響を及ぼすはずだと確信いたしました(^^)

フトマニ

 
⑤氏神様、産土様へご参拝
統計的に言霊ヒーリング効果のあらわれやすい方は氏神様、産土様を大切にされておられます。

とくに産土様は、すべてのご縁(エネルギーの交流)を司る存在です。
その御神名覚えておくと、より良きことがあふれてまいります。

ご自分はもとより、家族や周囲、自分以外の誰かのしあわせを祈ることで、その清き祈りにあやかることもできます。<過去に手から金粉が噴き出した方もおられます>

 
⑥酵素とミネラルをとる~ハチミツ~
酵素とミネラルのわかりやすい解説は「酵素とミネラルと病気の関係」からご覧ください。

以下、寺田屋のハチミツさんから引用させていただきます。

ハチミツは消化性潰瘍の伝統的な民間薬
 薬効作用についてはまだ不明な部分もあり今後の研究が待たれるが、昔から天然ハチミツは栄養価が高く、薬効があると言われてきました。

代表的な薬用効果・薬効作用
 慢性疲労・発育不良・高血圧
 ヤケド・ケガ・口内炎・胃潰瘍・咳・便秘・下痢・風邪
 
ハチミツ療法 近年の状況
1.ロシア・アラビア諸国
 胃炎や十二指腸炎、潰瘍など胃腸の不調による消化不良に対し、ハチミツを経口投与することで効果を上げたという報告があります。
2.アメリカの研究報告 (American Bee Journalに掲載)
 45人の消化不良患者に対して、30mlのハチミツのみを1日3回食前に処方したところ
消化性潰瘍による血便患者 37人が4人に
消化不良患者 41人が8人に
胃もしくは十二指腸炎患者 24人が15人に
十二指腸潰瘍患者 7人が2人にそれぞれ減少していたとのことです。
3.注目されるピロリ菌への殺菌・抗菌作用
 消化性潰瘍に対するハチミツの治癒効果のなかで、現在注目されているのが胃潰瘍や胃がんの発生要因のひとつになっているピロリ菌への殺菌・抗菌作用です。
 ピロリ菌は、胃にだけ特異的に定着する菌で、腸や食道の粘膜には生息しません。感染経路は、経口感染、糞口感染、水系感染などが考えられ、衛生状態と関係があると推測されています。
 ハチミツには胃がんの発生と因果関係があるピロリ菌を殺す力があると考えられています。ニュージーランド国立ワイカト大学生物化学学科のピーター・C・モラン博士が、特定の場所に自生するマヌカの花から採れるハチミツがピロリ菌を殺す働きがあることなどを論文にして発表しています。
4.胃がんと天然ハチミツ消費量の間には、因果関係がありそうです。
  一般家庭におけるハチミツの年間消費量と人口10万人当りの胃がんによる死亡者数
アメリカ       800g~1,000g               4.4人(26位)
ドイツ        1,500g~2,000g              
イギリス      36,000g以上 (1日100g以上)     6.9人(18位)
日 本        300g                   22.4人(1位)
食品の安全に関する規制が厳しいイギリスでは、ハチミツといえば本当の天然ハチミツのことです。
そのイギリスで胃がんの発生率がきわめて低く、一方ハチミツ消費量が少なく、しかもほとんどが加熱処理されたり、人口甘味料を加えられたり、花粉が除去されたハチミツもどきを食している日本は胃がんの発生率がダントツの世界一なのです。


 

おまけ♪ハチミツライフの実践におススメ

ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭医薬品の知恵 (著) 前田 京子

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~♪

あっきぃでした^^

ABOUTこの記事をかいた人

四国香川のうどんヒーラー。日本の言霊のすばらしさを世界へ発信中! 世界にヒビけ平和のヒカリ。地球を満たすアナアッパレなヒミツなり!