【許しの言霊】罪を手放し心を解放する祈り



 

この世のすべてに、
私たちが存在している時間(トキ)と空間(ソラ)に、
心を開く誓いのヒビキを奏でます。

二拍手。

目を瞑り、胸の前で手を重ね、
この宇宙(ソラ)にすべてを委ね、
私は今、私の心を解放してゆきます。

苦しみという砂袋をもって、
心は自由になれません。

自分のために許しましょう。

人や自分を許すのは、
他の誰の為でもない、
私自身のために。

「ありのままで自分で素直に生きたい」と、
そう心から願うなら、人を自分を許しましょう。

苦しみの砂袋を抱えたまま、
自由になりたいなんて、、、

そんな矛盾している願いが
宇宙に響くはずないのです。
届くはずないのです。

完璧な法則で成り立つ宇宙だからこそ、
矛盾のない願いが叶うのです。

もしかしたら、
その苦しみは私にとって
心から許せない言葉、
出来事だったかも知れません。

ですが、その苦しみを、
私が抱えている必要はないのです。

私がその砂袋を手放すことが出来れば、
その瞬間、心はとてもラクに、自由になります。

鳥のように自由に、
宇宙(ソラ)を羽ばたくことだって出来るのです。

私の許しが、
私の心を救うのです。

誰のためでもない、
「 許し」は私のために存在しています。

もう許していいのです。
許すことで救われる。

砂袋を抱えたまま、
うずくまっている苦しみを
今ここで手放すのです。

許しましょう。
私のために。

許しましょう。
未来のために。

私が私として生きる自由のために、
大空を羽ばたいて生きる未来のために、
私は罪を捨てるのです。

砂袋という包みを、
苦しみという罪(つみ)を捨て去るのです。

今、心の宇宙(ソラ)すべてを委ね、
包み(罪)を手放してゆきます。

 

オーム真言

 

おめでとうございます。
ありがとうございます。

私の心は今、
大いなる宇宙(ソラ)へと解き放たれました。

私の未来と自由から
大いなる祝福を約束されたのです。

ありがとう宇宙よ、ありがとう父よ、ありがとう母よ。

私が私であるほどに、皆も私もしあわせに。
こんなにしあわせありがとう。
私に生まれてありがとう。

感謝のおもいあふるるままに、
この世のすべてにありがとう。

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝