【神拝ワーク】心配するなら神拝せよ

 

仙台駅から徒歩5分の大國神社

 

o0720096013681285199
 

え、マンションの1階が神社!?

 

怪しい・・・。

 

入口には「勇気を出してご参拝下さい」の文字が。

 

・・・変な宗教に勧誘されるんかいな。

 

そんな心配をよそに、

思い切ってなかへ入ってみると。

 

「あら~SMAPの中居くんが来たかと思った~♪」

 

とても61歳には見えない、元氣なお母さんと宮司さんがお出迎え^^

 

IMG_20160624_173440
 

神社のお話を伺い祝詞をあげさせて頂くことに。

お母さんから見られて恥ずかしいな~と思いながら、いざ奏上。

※言靈は「音秘め」とも言われ、声を出さず心のなかで祝詞を唱える場合もあります。生まれた時のままの赤子のような声を出し祝詞を唱えることはある意味、性器をあらわにするくらい恥ずかしいモノなのです(笑)

 

祝詞を唱え終わると。

あら、今までそんな高い声きいたことないわ~♪」と絶賛して頂けました^^

有り難し。

 

その後、一時間ほどいろいろなお話を聞かせて頂きました。

 

「金ていう字があるやろ?
人には辛抱とあめつちが大切や、わかるか?」


人(ひと)
二(に)
ハ(は)

┃ 神棒(辛抱)と
一 天地(あめつち)

 

「正という字があるやろ?
天地(あめつち)がないと止まることになる、わかるか?」

― 天地(あめつち)がないと
止 とまることになる

 

「テレビ番組の心靈スポット企画で、バナナマン日村の除靈した時に言ったんや、見えない世界をなめてたらアカン!てな」

 

などなど、名言オンパレード!

中でも心に刺さった一言が。

 

心配するなら神拝せよ

 

IMG_20160626_070122
 

心配事を即、神拝(上手くいくように神へ祈ること)することで、

人はネガティブ思想を⇒ポジティブ思想へ還る(変える)ことができるのです。

 

ほんま神プル~、

こういうの大好きです(笑)

 

宮司さん為になるお話をありがとうございました。

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

1 個のコメント

  • 楽しくてステキな宮司さんですね!
    心配を神拝に…無意識に出来るようにしたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    水谷哲朗

    【プロフィール】

    水谷 哲朗(あきお)
    1978年生まれ。A型 しし座。

    25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
    生きる希望をもつことすら難しく感じ、
    何度も自殺未遂を繰り返していました。
    そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
    "雲を消せるおじぃ"との出会いが始まり。
    私の目の前でスイスイと
    雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
    僕の人生は大開花!
    その後、不思議な世界への興味と、
    自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
    山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
    精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。
    やがて、
    現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
    そのすべてが一つになっていきました。

    そんな頃、
    偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
    その映像には、ある主催者の方が、
    参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
    一瞬で人々が癒されていく姿が!

    それからまもなくして、
    心と体は繋がっているということは、
    言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
    その考えから、
    2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

    言靈ヒーリングは、"言葉がけ" だけで、
    胃が上がったり、体温が上がったり、
    肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
    心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

    おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
    今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
    全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

    その数は、すでに30回を超え、
    参加者これまでに、500名を超える。