わかり易い経絡体操!その奥深さをまとめてチェック

参照:タオ療法

経絡体操は、故増永静人氏が考案されたものです。ペアになってサポートしながら行うことでより高い効果が期待できます。

 

経絡のもとにある五行五氣

経絡とは「木、火、土、金、水」に分類された自然界の五つの法則です。東洋医学ではこの五つの属性を下記のように配当しています。

「木」肝/胆
「火」心/小腸 心包/三焦
「土」脾/胃
「金」肺/大腸
「水」腎/膀胱

全身には12種類の経絡があり、内臓、ホルモン、血液、神経、筋肉、感覚器など身体のすべてのエネルギー循環、さらには精神的なものまでコントロールしています。

 

五行説まとめ

経絡の歪みは経絡体操の実践で、身体と心(感情)を調和させ、元氣あふれる自分を取り戻していきましょう。

『木』…春、積極的、チャレンジ精神、叫ぶ、怒り、恨み、責任に関係

「木」の働きは、のびやかに成長・発展するエネルギー

❤からだ(肉体)=肝機能、解毒機能
❤こころ(感情)=叫ぶ、怒り、イライラ、恨み、責任

感情の過小…怒れない、恨みを感じない、責任感がない
感情の過剰…常にイライラ、過去の恨みを引きずっている、責任に押し潰される

【異常サイン】
「肝=怒り」がつながっているので、肝臓が弱るとイライラしやすくなります。爪に横線が入り、足のスジなどつりやすくなり、感情が爆発して大声をあげたくなります。

木のエネルギーを高める【肝・胆絡のストレッチ】

足を広げ、からだを横に倒しましょう。のびやかに成長・発展するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操効果】
からだ(肉体)=肝機能、解毒機能の向上
❤こころ(感情)=怒りは行動の原動力に。積極的に新しい物事へ挑んでいく。

【経絡】
肝経(足の陰/貯蔵作用/生殖栄養調整)栄養を貯蔵し、身体活動のエネルギーを確保、抵抗力を養成する。血液の補給、分解、解毒などを行い活力を維持。

胆経(足の陽/配分作用/拡張収縮調整)栄養の配分を司り、消化腺に関係する内分泌(胆汁、唾液パロチン、胃腺ガストリン・セレクチン、膵臓インシュリン、腸腺ホルモン)などの働きにより、全身のエネルギーバランスを調整。

参照:指圧 (著) 増永 静人

 

『火』…夏、豊かな表現力、行動力・持続力、笑う、喜び、愛、憎しみなどに関係

「火」の働きは、華やかに繁栄・成熟するエネルギー

❤からだ(肉体)=血液循環、免疫力
❤こころ(感情)=笑う、喜び、愛、憎しみ

感情の過小…喜べない、愛情をもてない、気遅れ
感情の過剰
…私欲、嫉妬、束縛、憎しみ

【異常サイン】
「血液循環=喜び」がつながっているので、血液循環が滞ると喜びを感じにくくなります。精神的不安におちいりやすく、ヒステリーになりやすくなります。

「火」のエネルギーを高める【心・小腸/心包・三焦経のストレッチ】

足の裏を合わせ、からだを前に倒しましょう。華やかに繁栄・成熟するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
❤からだ(肉体)=血液循環、免疫力の向上

❤こころ(感情)=感情表現が豊かになり、喜びを感じやすくなります。

【経絡】
心経(手の陰/転換作用/血液循環)大脳と五官(目・耳・鼻・舌・皮膚)を通して全身を統制、感情的な統制、血液の配分

小腸経(手の陽/統制作用/内臓牽引)食物を栄養に転換、精神的な不安や感情の興奮,ショック,腹が立つ,断腸の思いは小腸に血液が停滞するば瘀血(おけつ)となり全身へ影響

心包経(手の陰/循環作用/代謝循環調整)中枢循環。全身の栄養を司る。心臓、心嚢(心臓を包んでいる膜)、冠状動脈を中心とした脈管系。

三焦経(手の陽/保護作用/挙上牽引)末梢循環。小腸を補佐し、漿膜、リンパ系の保護作用。上焦は胸膜、中焦は大網、下焦は腹膜と腸間膜を中心としている

参照:指圧 (著) 増永 静人

 

『土』…土用、母性愛、共感能力・意思力、歌う、イメージする、思い煩い、共感、同情、依存などに関係

「土」の働きは、包みこみ調和・変化するエネルギー

❤からだ(肉体)=胃、消化機能、婦人科疾患、乳房、卵巣
❤こころ(感情)=歌う、思い込み、イメージする、思い煩い、共感、同情、依存

感情の過小…共感や同情を示せない、他人に無関心
感情の過剰…酷い思い煩い、何かに依存している、依存心が強い

【異常サイン】
「胃」と「思い」がつながっているので、消化機能が低下すると「思い」=「おもい」=「重い」と気もちが重たくなり、考え込みやすくなります。
気もちが下がり、胃も下がります。ノイローゼや、済んだことをクヨクヨ考え込み、ネガティブ思考になりやすくなります。

「土」のエネルギーを高める【胃・脾経絡のストレッチ】

正座から後ろに倒れ、手を頭の方へ伸ばしましょう。包みこみ・調和・変化するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
❤からだ(肉体)=消化機能、女性らしさ(肌のツヤ、弾力)の向上
❤こころ(感情)=気もちが上がり、思いやりのある言動をとりやすくなります

【経絡】
脾経(足の陰/消化作用/栄養関係内分泌)インスリン 副交感神経。膵臓を中心として全身の消化腺(唾液、胃液、胆汁、小腸の各線)と乳房・卵巣の生殖器も含む。「思えば脾を病む」のとおり、考え込んで運動不足になれば消化液の分泌が悪くなり、消化力が衰える。

胃経(足の陽/発酵作用/内臓拡張)口腔~食道~胃袋~十二指腸あたりまでの消化管。この機能を助ける体肢の運動と体温発生、および生殖腺の働きにも関係(食欲、乳汁分泌、卵巣機能、月経がこれに属す)。

参照:指圧 (著) 増永 静人

 

『金』…秋、冷静沈着、ストレス態勢、泣く、深いため息、深い悲しみ、罪悪感、後悔などに関係

「金」の働きは、力をあつめ・放出するエネルギー

❤からだ(肉体)=肺、呼吸機能、大腸、排せつ、新陳代謝
❤こころ(感情)=泣く、悲しみ、ため息、罪悪感、後悔

感情の過小…泣けない、悲しみを感じない
感情の過剰…罪悪感、自分が罪人だと思い込む、過ぎたことをいつまでもクヨクヨ思い出す

【異常サイン】
「呼吸」と「悲しみ」はつながっているので、呼吸機能が低下すると心配事が増え、神経過敏に。マイナス思考になりネガティブになりやすくなります。
呼吸は息(いき)というように、「生きる」ことに深く関係しています。なので肺・大腸経のエネルギーが低下していると、「生きる」ことが「息苦しく」感じやすくなります。
自分の思いが抑えられ、発散できななくなる。精神的に気をやんで、溜息も多くなります。

「金」のエネルギーを高める【肺・大腸経のストレッチ】

両手の親指を背中で組んで、そのまま前に倒れましょう。力をあつめ・放出するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
❤からだ(肉体)=呼吸機能、新陳代謝の向上
❤こころ(感情)=思っていることを言いやすくなる。息(いき)が楽になるので、生きるのも楽(たのしく)になります。

【経絡】
肺経(手の陰/分解作用/血液新陳代謝)生命活動の根源である氣(エネルギー)を外界から受け、それを人体の氣にまで分解し、外界対応の働きをしている。その働きは氣力となり、外邪に抵抗し、また呼吸の排出となる。

大腸経(手の陽/排泄作用/内臓挙上)肺を助け、人体の内外面から分泌や排泄を行い、氣の停滞をなくす働き。「もの言わぬ腹はふくるる」のことわざのように、すべて外に出すことに関係している。

参照:指圧 (著) 増永 静人

 

『水』…冬、内に力をあつめる集中力、うめく、恐怖、不安、焦燥感(あせってイライラ)などに関係

「水」の働きは、一点に集中・内燃するエネルギー

❤からだ(肉体)=腎臓、体液、副腎、ホルモン、自律神経
❤こころ(感情)=恐れ敬う、かしこまる

感情の過小…無鉄砲
感情の過剰…常に緊張し、恐怖に怯え、不安を感じ、焦っている

【異常サイン】
「腎臓」と「恐れ」がつながっているので、泌尿機能が低下すると恐縮しすぎてガチガチに固まり、リラックスできなくなります。
神経を使い過ぎて疲れる、ストレスに対して弱くなり、自律神経のバランスを崩し、うつにもなりやすくなります。

「水」のエネルギーを高める【腎・膀胱経絡のストレッチ】

両足を伸ばし、そのまま前に倒れましょう。一点に集中・内燃するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
❤からだ(肉体)=泌尿機能の向上、ホルモンや自律神経のバランスが整う。
❤こころ(感情)=強い集中力を発揮。テキパキと指示・行動が出来るようになります。

【経絡】
腎経(足の陰/性氣作用/生殖内分泌)アドレナリン 交感神経 興奮。体液成分の調整と内分泌機能の調整により身体に精氣を与える。ストレスへの抵抗力、アシドージスや体内毒物の決済、清浄に当たる。右命門に副腎機能(血圧・血糖・水分・塩分量などの調整)、左水腎に尿生成をみている。

膀胱経(足の陽/清浄作用/内臓収縮)腎の内分泌液と協調する間脳、脳下垂体、自律神経系の働きと生殖機能も司る泌尿器周辺の臓器。体液浄化の最終産物である尿を排泄。

参照:指圧 (著) 増永 静人

 

 

ホツマツタヱに伝わる五臓、六腑

木『肝、胆』
ミヤビ:結び。和合。調和。同情。同調。伝達。伝達網。(心に)合わすもの。感じるもの。気持ち。心情。感情。
キモ(肝:肝臓、 盗みを働くとキモを損なう。人体の重要な部位。内臓器。魄の根{根の六臓:中子(心)・キモ(肝)・ヨコシ(脾)・フクシ(肺)・ムラト(腎)・ヨクラ(膵臓?)}

火『心、小腸』
タマ:陽のエネルギー体。魂はムナモト(日)から来て、ムナモト(日)へ還る。
ナカゴ:ものの中心。心臓。六臓の衰弱は中子を曇らせる。人の霊(中子)を潤すのは内臓器だという。
魂(陽霊)と魄(陰霊)が結合して中子となる。この結合をタマノヲ(霊の結・霊の緒)と呼ぶ。厳密には中子は人のココロ(心)ではなく、本源という意味である。
人の心情という意味でのココロは霊の結が生み出しているのであり、中子は無垢の神性である。
中子はミヤビを介して根の六臓に宿る元守と連絡して、両者は不可分一体となっている。
よって一方の盛衰は他方にも影響を及ぼす(ナカゴ=ミヤビ)。中子の神性に反する思考や行動は、六臓の衰弱となって現れ、六臓の衰弱は中子を曇らせる。
この悪影響のループが続けば最後には身を枯らし、またタマノヲも乱してしまうので、次に人として生まれ変わることも叶わぬものとなる。
だから逆に中子の曇りを除くには、六臓を養生すれば良いということになる。中子の物実(ものさね、本質)が鏡である。
『三焦』ワタ:上リンパ、中リンパ、下リンパ

土『胃、脾(脾臓+膵臓)』
シヰ:魄は肉体の元となる陰のエネルギー体。また肉体そのもの。魂はタマノヲを介して魄と接続している。
ヨコシ:物を貪る性向を持つ (卑しい)。

金『肺、大腸』
ココロバ:心の端。中心から枝分かれして他とつながるもの。心が発するもの。心情。なさけ。情緒。タマノヲ (魂と魄の結び)
フクシ:垣根(他と仕切るために設けた囲い)。暑さ寒さに対応して人に着物を替えさせる。人や自分を騙すとフクシを損なう。

水『腎、膀胱』
シム:【霊・精・血・乳】本質。エッセンス。魂魄。気。血液。気や血を運ぶ媒体。神経。血管。【親・近】親族。近親者。親しい者。同朋。同輩。【統・領・締・治】統べ。締め。治め。政。
ムラト:人が色に溺れることを防ぐために、その生気を巡らせて情の極端を平らす。色情に溺れるとムラトを損なう。

出典:『ホツマツタヱ解読ガイド』

 

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝






 

”言霊のチカラ”をリアルに体感してみませんか?

 

【言葉、イメージ、身体感覚】を合わせ、

エネルギーを加わえることで、誰でもすぐに活用できる

「言霊ヒーリング」の素晴らしさをお伝えする、無料のメールセミナーです。

 

コメントを残す