【症状即療法】症状は病気を治そうとする身体の反応

症状即療法

西洋医学は病気の存在理由などを考える進化医学であり、
それ以前からある民間療法では、
現在の症状自体、それ自体が身体を改善している療法=「症状即療法」という考えがあります。

 

「病は気から」

気づきの怠りこそ、
病を招いてしまう一番の原因です。

「症状即療法」の概念をしることは、
生命(イノチ)の仕組みをしり、
体内60兆の細胞のはたらき=内なる神のおはたらきをしるコトにつながります。

 

「不調や病」であらわれる様々な症状は、
その意味をしっていけば、
60兆の細胞が発するサインであることをきっと理解していただけるでしょう。

ヒトとは、この宇宙から創造された愛の創造物であり、
そのヒトから生まれる「不調や病」というのも愛の副産物。

 

あらゆる症状が「愛のあらわれである」としることで、
自然に、不調や病に感謝できる心も育まれていくでしょう。

そして感謝の心こそが「不調や病」を打ち消す、
一番の特効薬だと私は思っています。

 

 

症状は病気を治そうとする身体の反応=症状即療法

風邪を例にとり「症状即療法」を解説していきます。
季節の変わり目に引きやすく、邪険にされる風邪。
実は、人にとって最も効率的な治療過程なのです。


In Deep
さんより引用

私は風邪は病気というよりも、風邪自体が治療行為ではなかろうかと考えている。

 

『風邪の効用』の著者、野口晴哉さんはそのように言われており。

12歳の頃から何千人にも整体治療を行ってきた中で、人の身体というものは、筋肉にしても内臓にしても血管にしても、大事なのは「弾力」であり、

「風邪を引いている時に、その人の全身の弾力が戻っている」ことに氣づき、風邪は自然の健康法そのものであり、風邪を引くことで自分の体のさらなる悪化を防いでいると言われています。

 

 

小難は大難を防ぐために

「不調や病」というのは、
病気を治そうとして起こす、
身体の防護反応(症状)なのです。

実は、身体というのは、
より深刻で大きな病を防ぐために、
小さな病を小出しに患っています。

西洋医学における治療の多くは、
薬でこのような症状を抑える対症療法で、
逆に大難のきっかけにもなります。

しかし、
実は「不調や病」こそ、
生体システムが営む自然治癒力のあらわれであると、
気づいて頂ければ幸いです。

 

あらゆる症状は愛のあらわれ

【祈りの言霊】心と身体の奏でる愛と一つになる祈り

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝