胃上げヒーリング創設者 長尾先生の振り返りワーク

 

胃上げヒーリング創設者 長尾先生がされていた振り返りワークです。

 

①心の癖
自分のわるい癖、欠点などを思い出してノートに書いていきます。いくつでも大丈夫。

②過ち
あの時にあんなことさえしなければよかった、あるいは人に見られて恥ずかしいという出来事を思い出します。

③カルマの根
後悔するというのは、自分がいけないとわかっていても、つい繰り返してしまう業(カルマ)のゆえですが、必ずその根(ルーツ)になっている幼い頃の出来事があるはずです。
0歳~10歳までの間に起きたそういうことを思い出します。この時、できるだけ詳しく出来事を再現します。

④相手の立場に立つ
そのうち、いちばん心の重荷になっていた出来事を一つ選び出し、その時、相手の気持ちはどんなだったであろうかと、相手の立場に立ってみて自分の犯した過ちの行為を反省します。

⑤母の立場に立つ
また、その出来事についてお母さんはどのように思われただろうか。今度はお母さんの立場に立って反省します。幼い自分に対してどのように思ってくださったか。この点について徹底的に反省します。

⑥慰めと励まし
最後に、この反省で反省の対象となった幼い頃の自分自身に慰めと励ましを与え、その出来事に関して自分自身を赦させていただきます。
自分を正当化するのではなく、神の愛に包まれた自分に生まれ変わり、二度と同じ過ちをしない自分になるためです。

 



 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝