身上さとし(身体と霊障の関係)

 

『お尻の穴を締めると、邪氣を受けなくなる』という啓示を受けました。

 

啓示をよりわかりやすく理解する為、イザナギ、イザナミの話を『黄泉の国のおはなしさん』より出典します。

イザナギは、黄泉の国へと通ずる黄泉比良坂(よもつひらさか)を訪れ、そのまま黄泉の国との境にある根の堅州国(ねのかたすくに)へと向かいました。

しかし、時既に遅し、イザナミは、既に黄泉の国の物を食べてしまったため、元の国には帰ることができない体となってなっておりました。しかし、それを知らないイザナギは、イザナミの近くまで訪れ、その扉の向こうにいるであろうイザナミに対し、その熱い想いを伝えるのでした。
そして、イザナギは、扉の向こうにいるイザナミに、「なぜこんなに早く死んでしまったのだ。もう一度、力を合わせて国造りに励もうではないか。」と共に帰ることを提案します。

しかし、既に、黄泉の国の住人となってしまったイザナミにとって、これは大変難しいことではありました。

しかし、イザナギの熱意に負け、イザナミは、黄泉の神々に掛け合うことにしました。ただし、それは時間が必要とのことで、少し待っているようにと言い残し、イザナミはその場を離れました。

しかし、なかなか返事がこないイザナミに、しびれを切らせたイザナギは、その約束の時を待たず、扉を開き、イザナミに会いに行ってしまいました。
すると、イザナギの目に飛び込んで来たのは、8柱の雷神をまといながらも、体が腐敗し、ウジ虫の湧くイザナミの変わり果てた姿でした。驚いたイザナギは、その場を逃げ去ろうとしますが、約束を破り、姿を見られたイザナミは、怒りに震え、逃げるイザナギを追いかけます。そして、ここから、イザナミによるイザナギ追走劇が始まります。

逃げるイザナギ、追うイザナミ。

先ずは、イザナギの元に、黄泉醜女(ヨモツシコメ)が遣わされます。ヨモツシコメは、黄泉の国住む鬼女で、ひとっ飛びで、千里(約4千キロ)を走る俊足の鬼女でした。

迫り来るヨモツシコメに対し、イザナギは、先ず、つる草で出来たクロミカヅラ(髪飾り)を投げつけつけます。すると、そこから、山葡萄の実が実り、ヨモツシコメの注意をそらすことに成功しました。

しかし、ヨモツシコメは、山葡萄を全て喰らい尽くすと、すぐさま、イザナギの元を追いかけ直します。

続いて、イザナギは、角髪(みすら:太古の人たちの髪型の一種)から湯津津間櫛(ゆつつまくし:クシの一種)を取り出し、そのクシの歯を折って投げ付けました。すると、今度は、ニョキニョキとタケノコが生えてきて、再び、ヨモツシコメの注意をそらし、何とかヨモツシコメの手から逃げ切ることができました。

そして、、生と死の境である黄泉比良坂付近まで逃げ延びることに成功します。

しかし、今度は、雷神が黄泉の醜女(軍勢)を率いて、イザナギの元に迫りました。イザナギは、その場に生えていた桃の木から実を3つほどもぎ取り、迫り来る黄泉の醜女に投げつけました。

すると、黄泉の醜女たちは、何故かその場から逃げさってしまいました。

 

古事記の有名なこの話に出てくる

これがどうやら、第一チャクラ(尾てい骨、肛門と性器の間)のことを言っているようなのです。

※あくまで僕の主観(守護神、守護霊のコンタクト)です。


 

あ、では、『お尻の穴を締めると、邪氣を受けなくなる』の話に戻ります。

邪氣って、なんとなく『惡い氣』のようなイメージがあると思うのですが、実は『素直でないこころ』がつくる心のダム(ブロック)のようなモノなのです。

【「すおれ」・・・それが病の原因ですか!?】の話を読むと、そのことが良く理解できると思います。

 


 

『邪氣』というのは、霊障の原因になる場合もあり。

✔ 満員電車に乗ると、急にジャンクフードが食べたくなる
✔ 辛いものが異常に好き
✔ 食べても食べてもお腹が膨れない

これらの症状などは、満たされないこころ(飢餓)を満たそうと起こす、条件反射のようなモノ。

 

霊障を打ち消す『素直なこころ』に戻るのは、ある程度の氣づき(ショック)が必要になります。

ですから、それまでは『お尻の穴を締め、邪氣を受けなくする』とよいでしょう!

 

身体と霊障の関係

身上さとし(身体は心の衣服)

* 病む理悩む理は三日前、三日前とさかのぼって思案し反省してみるとよい。
* 痛みは不足の現われ。
* 発熱は、親神様の思召しと、また他人とすれ合った理である。
* 身のしらせ・・・短期の身上、将来悪しきことの起こることを注意される。
* 身のせつなみ・・・長期の身上、過去に悪しきことをした結果。
* 一般的に、身体の左に現れると善・おてびき、右は悪・ご意見といわれる。
* 15歳までは親の心通りの守護、それからは本人の心次第。
* ようぼくの身上は、特に直接の理の親の意見を頂くことが大切。

頭 いんねんを自覚して人間思案(特に高慢)を捨て、理に添いきり、たんのうして通れ。

目 自分の因縁を見つめて、先案じせず、人の欠点を見ず、親不孝をせず、神にもたれ、勇んで陽気に暮らすこと。

耳 互いによく談じ合い、聞きにくいことも前生因縁とたんのうし、心をにごさずに通れ(理を聞き分ける)。理を人に知らせよ(理を聞かすこと)。

鼻 内々安心させよ。先案じするな(高慢から来る)。早く理を治めよ(鼻血)。早く事情を治めよ(鼻汁)。誠一つの理がつまる、通じない、解らない(鼻つまり)。不慮のことが起きるから用心せよ(鼻先のさわり)。

口 よくないことを言わずに内々(家内、親類、社内、教会内)治めよ。

頬 不足してふくれないようにせよ。

歯 よく合わせる、神意に合致することが大切。一手一つに心を合わせよ。揃えること。因縁を噛みこなす(納得する)こと。

咽喉 理をよく治め、逆らわずにたんのうすること。

首 目上に素直であれ。

胸 身勝手な思案を捨て、人をたすける心になり、理を聞き分け早く心定めをせよ。

肩 実行につとめること。責任回避はいけない。

腹 因縁を自覚してたんのうし、理をよく腹に治めよ。実行に移せ。腹痛は自分がたんのうするだけでなく、人にもしてもらうこと。腹下りは至急実行すること。あるいは、やたらと急がず着々と実行せよ。腹はるのは、勝手な人間心を捨て、人とのわだかまりを取れ。

腰 一手一つになって心を倒さず、一段と腰を入れて踏ん張ること。自分だけが頑張り、やらない人への不足がいけない。

腕 二人の心を揃えること。一手一つ。

手 神の手引き。教会、おぢばへ帰参するとよい。

指 先案じ、不足せず、たんのうすること。お互いの心を揃えよ。

足 不足せず運べ。道の上に踏んばれ。親孝行せよ。膝は夫婦間の不足、足首は親への不足。

皮膚 心定めをしっかりせよ。心定めを急げ。たんのうの心を定めよ。

肛門 一手一つに内々治めること。職業又は住居について不足し案じないこと。急いで事情を運べ。

背中 我がまま勝手をするな。我がままな子は気に入らないと背を向ける。

心臓 心中秘めた不足。縁につながる人への不足が多い。

肝臓 固すぎ、人を許す寛容さがない。そのために人の恨みも買ってしまう。

腎臓 親不孝(親へ不足する、または親から不足される)。縁談が原因している場合が多い。

膀胱 金銭や力の出しおしみ、色情がいけない。

血液 血のご守護は水(くにとこたちのみこと)とぬくみ(をもたりのみこと)の二つ一つ。親や先祖の恩報じをせよ。

膵臓 自分の考えにとらわれて相手の立場になって考えない。すいも甘いも分かるようになること。

脾臓 勝手気ままをするな。

胃 人や物への好き嫌いが多い。我を出すな、受け入れよ。相手をおさえるな、引き立てよ。

胃下垂 常に喜ぶ心が足りない。上を見ればきりがない。下を見てもきりがない。

胃潰瘍 大きな心になれ。お金の管理は自分でせず、人に任せよ。

腸 目上の立て方が足りない。

肺 徹底的に我を切り捨てて生まれ変われ。人をたすけよ。

子宮 女性上位が過ぎる。理をよく思案せよ。

乳房 強すぎる女性に多い。愛情を豊かに持て。乳癌から子宮癌へ、またその逆も転移することがある。

精神障害 たすけ一条に徹するしかない。少しの緩みやブレがあっても元に戻る。理でせめ切ること。

リューマチ 夫婦の理が治まらないため。自分を曲げないから。

背骨痛 子が親からの継承について不足したり無視しないこと。

神経痛 思い通りにならないとあくせくし、ついつい積んだ不足の現われ。

脳梗塞 高慢で人を見下したことによる。

中風(半身不随、片まひ、言語障害、手足のしびれやまひなど) 頑固で高慢のため、夫婦や家族の中が一手一つになれない。互いに立て合いたすけ合え。神の手足となってたすけ一条に一段と進むこと。

喘息 前生人の息を止めた因縁。子宝に恵まれないこともある。積極的におたすけに努め、理の子が授かるような働きが必要。金銭のお供えだけではだめ。

癌 自分が自分がという、我が強すぎるため。徹底的に尽くし切り、運び切り、たすけ一条に一身を捧げ切ることが必要。金銭縁談からほこりになっていることが多い。

肺炎 自分の因縁を自覚せず、勝手をしている。因縁に添え。

はしか 日々不足を積んでいる。

白血病 前生の親不孝因縁。親にしっかり尽くし運び、人だすけに専念せよ。

高血圧・低血圧 高慢でたんのうの心が足りない

風邪 人間思案を先に立て、神一条をうすくし、不足してはならない。

出もの(腫れもの) 不足せず、恩報じを十分にせよ。

くさ(湿疹) 不足せず、理が立つように突っ張れ。

動悸 心を治めよ。心を治めるにはたんのうが大切。

声かすれ 神の話を軽く扱わず、十分傾聴せよ。因縁の自覚をし、不足するのをやめ、たんのうせよ。

咳 急がずに将来を楽しめ。急いで事を運べ。勝手な心をつかわず神意に添い切れ。先案じをやめよ。堰(せき)を作るな、談じ合え。

乳不足 夫婦出し惜しみ。

黄疸 物惜しみの心が強い。お道を通るべき人が通らないため。

髪毛薄い 前生で神仏に信心薄い。人に不足をつけ、言葉が足りない。

内分泌の病 因縁の自覚ができず、結構を頂きながらそれを当然だと思い、恩報じが足りない。

交通事故 人と衝突する心を入れ替え素直になること。引っかけたり、引っかけられたりは色情因縁をさんげすること。交通事故のさんげができないと、その後大病(癌、心臓病)することが多い。




上記の身体の場所や症状による身上さとしは、深谷忠政先生がおさしづを基にまとめられたものがほとんどベースになっている。しかし先生が言われる通り、個別に見ていかないと詳しいところは分からない。参考までに。

出典:『身上さとし』

 

 

関連記事

一霊四魂とは?四魂別★たましいの開運手相術



禊の言霊「アオウエイ」~癒し効果まとめ~



 

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝