【今日からできる開運占星術】太陽シンボルを毎日の指標に!

私が5年以上前から実践している開運占星術!

太陽の周波数を意識し、自分の人生と深くかかわるコツをご紹介!

 

太陽のサビアンシンボルを活用することで、日々指標や何かを感じたり、考えたりして貰えたらと思います。

 

手順はたったの3ステップ

① サクっとホロスコープ作成からその日のシンボルを調べる。

② サビアンシンボル解説表から意味を調べる。

③ すると、その日の太陽の周波数(顕在意識のテーマ)がわかるので、それを元に行動を起こしてみる。

 

太陽のサビアンシンボルを調べ→意識し→行動してゆくだけで、私たちの意識(自分が現在何をやっているか、今はどんな状況なのかなどが自分でわかる、心の働き)は刺激されてゆきます。

そして日々意識をドンドンと活用していくことで、筋肉を使えば使うほど強くなるように意識のチカラも成長して、
どれだけでも広く、高く、鋭くしてゆくとが出来ると思います^^

 


 

関連記事

サビアンシンボルとは?

 

☉太陽【自分らしく生きる力、自分らしく生きる為に必要な星のエネルギー】

特に影響を受ける年齢:26歳〜35歳
 
身体機能:心臓
 
人物:父親 夫 男性
 
調和:自我 自主性 主体性 主観的 判断力 意欲 品位 活力 自分の生き方に肯定的 創造的な意欲 創造性の発揮 気前が良い パワフル 自尊心がある 堂々とした 愛情がこもっている 尊大 誠実 陽気 よきオーガナイザー 寛大
太陽との関わりがよくなるにつれて、不安はあるものの進んでいくことができたり、新しい世界へ出発することができるといった環境が引き寄せられます。
 
不調和:自己中 高慢 横暴 わがまま 怠惰 威厳 支配的 人を見下す 専制的 支配的 浪費 感傷的 高圧的 独裁的
太陽は警戒、用心深い、忍耐、満身創痍、様子をうかがうといった緊張した状態にあります。太陽とのかかわりにおいて、正しい選択ができていない、誠実でない、コミュニケーションがとれていない。
 
キーワード:公的 男性的な要素 健康 生命 権威 地位 輝かしいもの 隠し事のない状況 基本的な性格 変化に抵抗する 子供っぽい戯れ 横柄な 放蕩 はっきりと打ち出さなければならない 個人の主体的な目的
 
“霊的な核”であり、人生の目的を果たしているときの自分が「太陽」と関係。
太陽の力(能力)は主体的な行動の中で現れ、自分を試すことで成長して来ます。
あらゆる惑星の力をまとめて一本化する中心的な役割で、太陽の力が弱いと各天体の働きはバラバラに働き、人生の総合的な意義を感じることが困難になってきます。
途中でなげだす、あきらめたりせず、優先順位を決めて、何を選び、何を選ばないのか決めましょう。決めたさきには、アイディアが浮かんでくる。成果がでてくる。解決の糸口がみつかり、何を修正すればよいか、わかってくるようになります。
 
【太陽の自転周期と公転周期】

およそ27日に1回自転しています。  太陽系は銀河の中心から25,000〜28,000光年ほどの位置にあると考えられている。 そこから計算すると太陽系は毎秒 220kmの速度で移動しており、約2億2600万年で銀河系を公転する。

 

※調和:シャインプラネット(惑星の力が強く発揮できる状態)
不調和:シャドウプラネット(惑星の力が弱い状態)

 

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

 

”言霊のチカラ”をリアルに体感してみませんか?

 

【言葉、イメージ、身体感覚】を合わせ、

エネルギーを加わえることで、誰でもすぐに活用できる

「言霊ヒーリング」の素晴らしさをお伝えする、無料のメールセミナーです。

 

コメントを残す