【プロフィール】水谷哲朗の自己紹介

こんにちは!

言霊ヒーリング創始者 水谷哲朗(あきお)です^^

 


 

たった一つの出会いをキッカケに人生が激変し、
今は四国うどん県(香川県)から言霊ヒーリングを広める活動をしています。

 

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。

そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
“雲を消せるおじぃ”との出会いが始まり。

私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!

その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。

やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!

その考えから、2012年に「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、”言葉がけ” だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに50回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。

 


 

水谷 哲朗(みずたに あきお)~人生経路~

1978年

 

 
三重県生まれ。A型 しし座。
幼少の頃は、近所の神社でかくれんぼ、缶けり遊びに明け暮れる。
小6のとき、言葉を綴る「詩」のたのしさに目覚める。
中学校卒業。
高校ではノリで生徒会長を務める。
高校卒業後、夢探しと自分探しをはじめる。
1997年 19歳。東京都練馬区の建築会社へ就職。
2002年 24歳。「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで企業を決意。
東京から⇒横浜の営業会社へ転職するも、2ヶ月でクビに。
高校時代から7年付き合っていた彼女にもフラれ、失意のどん底へ・・・。
2003年

 
25歳。地元三重に帰郷。
荒んだ生活の末「生きる意味」を求めるように。
たまたま見つけたネットの求人を見て⇒25歳のとき沖縄へ。
BARでバーテンダーをしながら自分探し。
そこで20歳の女の子を泣かせまくる怪しい仙人との出会い⇒弟子入り。
雲をけす不思議な仙人のもとで、洞窟堀り、滝修行、
山籠もりなど様々な修行にあけくれる日々。
2007年 29歳。運よく講談社の方と知り合い、その物語が講談社から電子出版。
「なんくるないさ~♪沖縄のおじぃと僕の物語 」
2008年 30歳。月5万の沖縄修行生活に、さすが将来の不安と限界を感じ帰郷。
地元三重で整体、足つぼ、タイ式マッサージの仕事をはじめる。
2009年 31歳。趣味の「詩」を通じ、アメブロで知り合った一人の女の子に惚れ込み⇒うどん県(香川)へワープ。
2010年 32歳。結婚し長女を授かる。
2012年 34歳。整体院を開業。様々な学びを統合した言靈ヒーリングを考案。
2014年 36歳。セミナー講師として活動をはじめる。
2016年 38歳。福岡、大分、大阪、神戸、香川、愛媛、東京、千葉、神奈川、岡山、愛知、三重、岩手、北海道でのセミナーを開催。
2017年 39歳。現在。より多くの方に言霊ヒーリングの素晴らしさを伝える活動をしています。
 

僕の生まれは三重。伊勢神宮でも有名な海や山に囲まれたのどかな所です。

子供の頃は母子家庭だったので、父親がいないさみしさ、コンプレックスみたいなものがあったのですが、それを埋めるものに小学生のとき出会いました。

小学校の授業で初めて書いた詩がきっかけとなり、それからもう20年以上・・・

趣味というか、詩は生きがいで今もウタを綴っています。<詩のページ>

 

少年時代から空を見るのが好きで、今でもぼーっと空を眺めながめるのが好きです。

271

 

「めんそ~れ!」

で、有名な沖縄で暮らしてからというもの、とてもフレンドリーな性格になり。

旅人もしていたことがあるので、「一期一会」が染みついています。

そしてその調子で初対面の方にも接していくので、「昔から知っているみたい」とよく驚かれたりもします(笑)


 

そんな僕ですが、

思い返せば子ども時代はモジモジした子で、自分が思っていることを人に言えず、いじめられた記憶があります。

今でもたまに、冬になると、手が赤くはれ痒くなる「しもやけ」になるのですが、幼稚園当時はよく「しもやけ」なっていて、その痒いのがたまらなく嫌で、よく泣いていました。

そしてその泣いている僕に、追い打ちをかけるように「しもやけかゆいよ~」と数人からからかわれ、冬になると毎日泣いていたような気がします。

小学生になってからも時々いじめられましたが、ある日堪忍袋の緒が切れて、いじめっこのリーダーに頭突きをしたら、逆に大泣きさせることができ、そこからいじめられなくなりました。

小学生のとき嫌だったのは、クラスの連絡簿の「保護者欄」に、他のみんなはお父さんの名前を書くのに僕だけ「母の名前」を書くことがすごく恥ずかしく、そしてとても嫌でした。

「お父ちゃんが欲しい」

そうずっと思っていましたが、そんなことを言ったら母が悲しむと思い込んい、本当の気持ちは誰にも言えませんでした。

 

そしてそんな心の痛みを抱えたまま・・・小学生~中学生~高校生へと、体だけが大きくなっていきました。

そんな僕の思春期は、もちろんコンプレックスのかたまりです(笑)

・家賃8,000円のボロボロの長屋(隣の家と屋根がずーっと繋がっている建物)
・小さくて細い一重の目
・色白で細いと言われる脚
・好きな子にも好きと言えない意気地なしの自分・・・

そんな自分が嫌で、自分を変えるため、意を決しての高校デビュー☆なんだかんだで部活も楽しく、たまに恋もして、一緒にいて楽しい友人も増えてきました。

 

そして高校三年のときに、周囲にのせられてノリで生徒会長に!(笑)

しかし、もとがチャランポランだったので、生徒会の集まりにも出席せず、くすぶっていた日々。陸上部が全国大会に出場することになり、生徒会長の激励のスピーチを頼まれました。

「よっしゃ!全校生徒の前でおもろいことしたろ~!みんな腹抱えて笑わせたんで~(笑)」

そして友人にネタの相談をし、前日から妹に頼み込んでブラジャーを借り、意気込んで臨んだ生徒会長のスピーチ当日。

体育館に集まった全校生徒の前で壇上に立ち、締めの一言を解き放ちました。

「陸上部のみなさん、全国大会へ行ってもがんばってください!」

そう言い放つと、僕は着ていた白いTシャツの胸元を両手でつかみ、まるでアニメのワンシーンのようにビリビリビリ~っと勢いよく破りました。

すると、その下につけていた白いブラジャーがど~んと全校生徒の目にふれ、

全校一同大爆笑!体育館中にドッカンドッカン笑いの渦が巻き起こりました(笑)

任務をやりとげ、気持ち良く帰ろうとしたその日の放課後。

「生徒会長の水谷さん、今すぐ体育室にきなさい」

ちょっと不機嫌なアナウンスに、身の危険を感じながら体育室にいくと。いきなり胸倉をつかまれ、壁にドーン!

「いってー・・・」

ごっつい体育教師5、6人に取り囲まれ愛の鉄拳とお説教を浴びました。

生徒会長のスピーチがどうやらやりすぎてしまったらしく。体育教師によると、陸上部に病気で亡くなった子がいて、その子のために全国大会いくぞ~!となっていたのに。

ブラジャーど~ん!って見せたから、カンカンに怒られたようです。

僕はただみんなを笑わせて、元気づけたかったのですが、ゴリラみたいな体育教師にかこまれたら、自分の意見なんて言えませんでした。

「悲しんだって、死んだ人が生き返るわけじゃないのに、なんで悲しまなあかんのやろ?

それやったら笑って見送ってあげた方が、俺やったら嬉しいのにな」

そう思ってブラジャーど~ん!ってしたのに・・・。

「くっそ~!自分の考えを伝えられないって悔しい~~~!」

生まれてはじめて悔しさというものに打ち震え、その出来事があってから「自分らしく生きる」という僕の挑戦がはじまったように思います。

 

高校卒業は東京に上京。しかし、自分らしく生きる方法を探す僕の情熱はからまわり・・・。

ニートやホームレスも経験し、信頼していた人から裏切られ鬱になったり、夢を語り合える心友が自殺したり、ずっとコンプレックスだった父の死の真相が、自殺だと知ったり・・・。

生きているのがこころの底から嫌なるくらい、これでもかと嫌なことが重なり、自ら命を絶とうしたこともありました。

 

でもその度に、

必ずと言っていいほど不思議な出会いがあり、心優しいたくさんの人たちのおかげで今、僕は生きていることができます。

困っているときに助けてもらえるありがたさ。その温かさ。

その感動が尖っていた僕の心をとかし、人とふれ合う喜びや、イノチの尊さを教えてくれたのだと思います。

そして与えられた多くの優しさを今度は僕が、他の誰かへ返していく・・・。

 

夢は癒しのペイフォワード。

優しい誰かの想いを、より多くの人に伝えていくことで、世界はほんとうにHAPPYになるものだと思っています。

 

そのむかし沖縄で出会った雲けし仙人はこう教えてくれました。

「イメージは現実になる」

「感じたら動け。人生の主人公はキミだ!キミの好きなように生きたらいいさ~♪」

そう何度も僕に伝えてくれました。

 

思い返すと不思議です。

あれだけ病んでいた僕が、たった一つの出会いで人生が変わり、今では人様に癒しを伝えているのですから。

きっと仙人との出会い、自分の苦しみを分かってくれる人に初めて出会い、僕の心は救われたのだと思います。

仙人は僕にとって、ずっと憧れ欲していた父のぬくもりを与えてくれた人ですから。

 

「癒し」は人を優しくします

「癒し」はこころに余裕を生み

こころに生まれた余裕は、思いやりのこころを育みます

「癒し」とは、どこまでも深い共感であり

「癒し」とは、僕の生きている意味であり

これから生きていく人生の意味でもあります

 

ここまで私の胸の内をお読みいただき、ほんとうにありがとうございます。

まだ見ぬあなたとご縁があったコト、そしていつの日かお会いできるコトを心よりたのしみにしております。

 

水谷 拝

 
10年前に出会った雲けし仙人と同じように、今では僕が「雲のけし方」をお伝えしています。
『雲をけす5つのルール!メールセミナー初級』(全5回/無料) 
二十代の頃に運よく講談社から出版された本です(笑)


 

 

きっとすべては必然に

 

なんとかするさ~

 

なんとかなるさ~

 

なんくるないさ~♪

 

P1010281