経絡ストレッチ



参照:タオ療法

タオ指圧で指導して頂いた「経絡法」です。これは経絡指圧の創始者として知られる故増永静人氏が考案された「経絡体操」が土台になっています。ペアになってサポートしながら行うことで、より高い経絡効果が期待できます。


「木、火、土、金、水」目に見えないこころ(感情)と=からだの繋がり

東洋医学に伝わる五つの働きを知り、子供の頃のような元気あふれる、本来の自分を取り戻してまいりましょう

「木」積極的チャレンジ精神。春のエネルギー

「木」の働きは、のびやかに成長・発展するエネルギー

からだ(肉体)=肝機能、解毒機能
こころ(感情)=怒り、イライラ

肝機能と=怒りは つながっているので、
肝臓が弱ると・・・イライラしやすくなります。

「木」のエネルギーが低下すると・・・爪に横線が入り、足のスジなどつりやすくなり、感情が爆発して大声をあげたくなります。

「木」のエネルギーを高める【肝・胆絡ストレッチ】足を広げ、からだを横に倒しましょう。のびやかに成長・発展するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

からだ(肉体)=肝機能、解毒機能の向上
こころ(感情)=怒りは行動の原動力に。積極的に新しい物事へ挑んでいく。

「火」豊かな表現力、行動力・持続力。夏のエネルギー

「火」の働きは、華やかに繁栄・成熟するエネルギー。

からだ(肉体)=血液循環、免疫力
こころ(感情)=喜び

血液循環と=喜びと つながっているので、
血液循環が滞ると・・・喜びを感じにくくなります。

「火」のエネルギーが低下すると・・・精神的不安におちいりやすく、ヒステリーになりやすくなります

「火」のエネルギーを高める【心・小腸経絡のストレッチ】足の裏を合わせ、からだを前に倒しましょう。華やかに繁栄・成熟するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

からだ(肉体)=血液循環、免疫力の向上
こころ(感情)=感情表現が豊かになり、喜びを感じやすくなります。

「土」母性愛、共感能力・意思力。土用のエネルギー

「土」の働きは、包みこみ調和・変化するエネルギー。

からだ(肉体)=胃、消化機能、婦人科疾患、乳房、卵巣
こころ(感情)=思い、思い込み

胃と=思いは つながっているので、
消化機能が低下すると・・・「思い」=「おもい」=「重い」気持ちが重たくなり、考え込みやすくなります。

「土」のエネルギーが低下すると・・・気持ちが下がり、胃も下がります。ノイローゼや、済んだことをクヨクヨ考え込み、ネガティブ思考になりやすくなります。

「土」のエネルギーを高める【胃・脾経絡のストレッチ】正座から後ろに倒れ、手を頭の方へ伸ばしましょう。包みこみ・調和・変化するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

からだ(肉体)=消化機能、女性らしさ(肌のツヤ、弾力)の向上
こころ(感情)=気持ちが上がり、思いやりのある言動をとりやすくなります。

「金」冷静沈着、ストレス態勢。秋のエネルギー

「金」の働きは、力をあつめ・放出するエネルギー

からだ(肉体)=肺、呼吸機能、大腸、排せつ、新陳代謝
こころ(感情)=悲しみ

呼吸と=悲しみは つながっているので、
呼吸機能が低下すると・・・心配事が増え、神経過敏に。マイナス思考になりネガティブになりやすくなります。

呼吸は息(いき)というように、「生きる」ことに深く関係しています。

なので肺・大腸経のエネルギーが低下していると、「生きる」ことが「息苦しく」感じやすくなります。

「金」のエネルギーが低下すると・・・自分の思いが抑えられ、発散できななくなる。精神的に気をやんで、溜息も多くなります。

「金」のエネルギーを高める【肺・大腸経絡のストレッチ】両手の親指を背中で組んで、そのまま前に倒れましょう。力をあつめ・放出するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

からだ(肉体)=呼吸機能、新陳代謝の向上
こころ(感情)=思っていることを言いやすくなる。息(いき)が楽になるので、生きるのも楽(たのしく)になります。

「水」内に力をあつめる集中力。冬のエネルギー

「水」の働きは、一点に集中・内燃するエネルギー

からだ(肉体)=腎臓、体液、副腎、ホルモン、自律神経
こころ(感情)=恐れ敬う、かしこまる

腎臓と=恐れは つながっているので、
泌尿機能が低下すると・・・恐縮しすぎてガチガチに固まり、リラックスできなくなります。

「水」のエネルギーが低下すると・・・神経を使い過ぎて疲れる、ストレスに対して弱くなり、自律神経のバランスを崩し、うつにもなりやすくなります。

「水」のエネルギーを高める【腎・膀胱経絡のストレッチ】両足を伸ばし、そのまま前に倒れましょう。一点に集中・内燃するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

からだ(肉体)=泌尿機能の向上、ホルモンや自律神経のバランスが整う。
こころ(感情)=強い集中力を発揮。テキパキと指示・行動が出来るようになります。