ウツでは死なない

【ウツでは死なない】

 

ウツでは死なない

ウツはただ

うつ向いている時期なだけ

 

ウツでは死なない

ウツはただ

自らを討つ的にして

 

うっそうとした

あふれんばかりの

生のエネルギーを

うつ向いて押さえこんでいるだけ

 

ウツでは死なない

人は

うつくしくありたいと願うから

死んでいくのだ

 

うつ向いていてもいい

うつくしくなくても

 

醜さのなかに光る

一粒の涙を手にするコトが

人が

生きている意味なのだから

 

422700_373565939320324_100000007628829_1427876_1912200604_n

Photo Risako

 

今の世の中がおかしい、どこか間違っていると思っている方、私以外にどれくらいおられるでしょうか?

この世界の異変に巻き込まれ、年間自殺者が3万と溢れかえる、恐ろしい世となりました。
(公表されない人数を入れると、自殺者は18万人いう情報も・・・)

時代はまさに世紀末・・・。

こんな時に、人類を救う救世主があらわれれば・・・

そんな妄想を抱いたことがある方も、おられるかもしれません。
私もその一人です。

救世主は、一度死んで生き返ると、言われており・・・。
昔は何のコトだか分らなかったのですが、色々勉強して今はその意味がよく分かるようになりました。

言い方を変えますと、

「人は一生の内に2度生まれなければならない」

というコト。
1度目は、母の胎内から
2度目は、自らの思考から
自ら・・・だから誰も助けられない。
結局は、自分で殻を破り、生まれなければいけない。
昔なにかで「神はたすけてくれないから、神を信じない」と言っている人をみましたが。
「いや、助けたくても助けられないんだよ。
甘えをすてて自分でとびら開けなくちゃいけんからね」そんなことを思いました。

この世に生を受ける時、誰もが一度眠らせた天照大神(自分らしく生きるチカラ)を蘇らせる方法こそが。


日本神話「天の岩戸」のお話に伝わっている儀式なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太陽神である天照大神が、スサナルの大神の無礼な振る舞いに心を痛め、真っ暗な岩戸のなかへ隠れ、太陽が失われた世界も真っ暗になってしまった、岩戸隠れの伝説。
その岩戸を開くために・・・
八百万の神(やおよろずのかみ)は長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせ
イシコリドメが鏡をつくり
タマノオヤノミコトが勾玉(まかたま)つくり
アメノコヤネノミコトは太占(フトマニ)をして
アメノフトダマノミコトはサカキに鏡と勾玉を麻でしばり御幣(ごへい)
アメノコヤネが祝詞(のりと)を唱え
アメノウズメが舞をおどり
楽しげな舞にさそわれて岩戸から顔を出した天照大神の、その手をつかんでアメノタヂカラオが引っぱり出し、太陽の光がこの世界に戻りましたとさ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのコト(出来事)が「天の岩戸」のおとぎ話として伝えられています。
なのでご先祖さまが残してくれた日本神話の、天照大神(自分らしく生きるチカラ)解放の方法を実行するコトが、日本人に生まれた誰もがもつ使命であると思います。

実はウツというのは、この「天の岩戸」を開くためのもので、ウツになる人は、自分を深く見つめられる人であると私は思います。

ウツは「自己想起」といって、自らの存在を思い出す、その入り口にもなるものです。

多くの人は、大きな勘違いをしていますが、ウツは決して病ではないというのが私の持論です。

 

ウツは入口・・・天照大神につながるね。

だから、人はウツでは死なない。

「うつくしさ」という人々の常識によって、あやめられるのです。

 

常識が人をあやめる。

常識をつくる人が、人をあやめる。

 

・・・そんな世のなかの異常に気づいたら、「天の岩戸」をあける、その道がひらける。

これは宗教ではなく、日本神話に秘められた事実。

私の考えではなく、日本神話に刻まれているコト。

もっと一人一人が、私たちが生まれた国、この日本について深く学ぶコトで、日本の「天の岩戸」がひらかれる。

すると、世界の「天の岩戸」もひらかれていく・・・

 

日月神示に書いてある、一厘のヒミツでどんでん返しとは、まさにこのコト。
戦争のない世界、地球を宇宙一幸せな星にしたいのなら、一人一人が学べばいいんだ。

この日本のコト、日本神話の神々のコト、日本の正しい歴史をね。

そして一人一人が自分のルーツを知るコトで、この世界はとても生きやすい世界に変わる。

人任せはだめ。

自分の人生のハンドルは自分で持たなきゃ、誰にどこ連れていかれるか分かったもんじゃない。

ぼくたち一人一人のチカラは微々たるものだが、日本人の団結した力は世界一強いと言われている。

そんな日本人に生まれたコトに、もっと心から誇りをもとう!

世界一の霊性の高さが、日本人の日本人たる所以。

今こそ思い出せ、魂の奥底に眠るあふれるばかりのイノチのチカラを。

それでもし死にたくなったら、素直に泣こう

天の岩戸を開くため、八百万の神(やおよろずのかみ)は長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせた。


素直な心のあらわれである、スサナルの大神が傷ついたから、天照大神は岩戸のなかに隠れちゃった。

インナーチャイルドとか、いろいろ言われているけど、素直なままの心で生きるのは苦しくなる世の中だから


辛かったら、苦しかったら、自分がおかしいと、世界一惨めだと

素直な心がいうならば

勇気をもって泣くコトが、天の岩戸をあける

最初の一歩になると思います

 

私の胸の内を最後までお読みいただき ありがとうございます

 

あっきー拝

 

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

2 件のコメント

  • ありがとうございます

    涙が出ました。

    素直な心で生きて

    たくさん傷ついたことを思い出しました

    こんなことを思うのは、わたしひとりではないのだと

    ちょっぴり希望が見えました

    もう 突っ張って

    まわりに合わせて生きなくても
    いいのかな?

    そんなふうに感じました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    【プロフィール】

    水谷 哲朗(あきお)
    1978年生まれ。A型 しし座。

    25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
    生きる希望をもつことすら難しく感じ、
    何度も自殺未遂を繰り返していました。
    そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
    "雲を消せるおじぃ"との出会いが始まり。
    私の目の前でスイスイと
    雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
    僕の人生は大開花!
    その後、不思議な世界への興味と、
    自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
    山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
    精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。
    やがて、
    現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
    そのすべてが一つになっていきました。

    そんな頃、
    偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
    その映像には、ある主催者の方が、
    参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
    一瞬で人々が癒されていく姿が!

    それからまもなくして、
    心と体は繋がっているということは、
    言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
    その考えから、
    2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

    言靈ヒーリングは、"言葉がけ" だけで、
    胃が上がったり、体温が上がったり、
    肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
    心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

    おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
    今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
    全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

    その数は、すでに30回を超え、
    参加者これまでに、500名を超える。