イニシエーションの教え

イニシエーションより「12の対照的な資質」について。

沈黙ー話す

感受性ー耐性

服従ー統治

謙虚さー自信

電光石火の速さー慎重さ

すべてを受け入れるー違いを見抜く

戦う力ー平和

警戒心ー勇氣

何も持たないー何でも使いこなす

誰にも縛られないー誠実に向き合う

死への無頓着ー生命の尊重

冷徹さー愛

そのすべてを使いこなせるようになるコトが大切と書かれていて、「時・処」を間違えるとそのすべては悪になるようです。

「沈黙」-「話す」の対照の場合。

神は真・善・美であるものだけを創造されていて、どちらがいいということはなく、どちらも適切な時に適切に使われたら、すべてに幸いをもたらすことなどが分かりやすく書かれています。

筆者(エリザベス・ハイチ)は前世のファラオの妃として、イニシエーションを授かるまでの様々な修行で、身体・心・魂を磨いていくのです。

そして古代エジプトの時代では、ファラオや神官(選ばれた)しか、知ることができなかったものが、今は、たくさんの人にする機会が与えられています。

 

日本にも「一靈四魂」という教えがあり、対照的な資質のような関係をあらわしています。

荒魂⇔和魂

幸魂⇔奇魂

顕在意識⇔潜在意識

左脳⇔右脳

 

波動の詳しいお話は、イニシエーションをご覧ください。

読むだけで魂の変容が起きてゆきます。

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

あっきぃでした♪