名前こそ究極の言靈~part2~天災にも効果的な古代文字ヒーリング!

 

初めにこちら①こちら②をお読みいただくと、腑に落としやすくなります^^

 

「手のひらに文字を書くヒーリングの時に、現状を変えて、

心に落ち着きを取り戻したい場合は、何の文字を書くとよろしいでしょうか?

地震があった場合、かなり有効に使えるのではと思います。」

 

そのようなメッセージを読者の方から頂きましたので、

今まであたためてきた究極の古代文字ヒーリング(2016年現在)を公開したいと思います。

 

とてもシンプルで心身に強力な生命エネルギーを与える

 

究極の古代文字ヒーリングは、

 

灯台下暗し・・・

 

あなたの名前のヲシテ文字です。

 

※名前のヲシテ文字を描くときは、下の名前のみでOKです。(苗字がご先祖様に関係し、下の名前が個性に関係します)

 


少し認知症が進み気分不安定が続いている母に、古代文字で名前を書いたシートを頭の下に当たるよう、ベッドの下に敷きました。

お蔭様で「行きたくない」と休んでいたデイサービスに自分から望んでお迎えに来ていただき、通所できるようになりました。ありがとうございました。

 

■手のひらに描く「おまじない」

手のひらのことを、古来から日本では「たなこころ」といいます。

「たな」は「手の」という意味をもち、「たなこころ」は「手のこころ」=「手に心をこめる」という意味になります。

そのように「手」は=「こころ」とつながっており、手のひらに文字を描くことは、心に文字を描くことに成ります。

古代ヲシテ文字は、その文字自体に四十八の固有なはたらきがあり、心身の様々な問題を緩和する「おまじない」の一つとしてご使用ください。

下記には、様々な場面でも使用できます「古代ヲシテ文字ヒーリング」の使用例を挙げてありますので、実際に気になる「おまじない」を手のひらに描いてみましょう。

古代文字のおまじないは、信じても信じなくでも有効ですが、なるべくなら「効果がない」と決めてかからずに、「ほんとに効果があるのかな~」くらいの、楽な感じで試して頂くとその効果も出やすくなります。

何かしら効果がありましたら、フトマニや、ヲシテ文字を残して下さったご先祖さまに手を合わせ「ありがとうございます」と、感謝の気持ちを言葉や声に出しお伝えて下さい。

 

おまじないの描き方<基本>

手のひら
①左手のひらに、右人差し指で数回(1回~お好きな回数)描きます。

②大きく鼻呼吸(鼻から吸い、鼻か口の吐きやすい方から呼気)2~3回。

③呼吸に慣れてきたら、キラキラした黄金の光をイメージし鼻呼吸で吸い込むと、古代文字ヒーリングの効果がアップします。

④さらに慣れてきたら、息を吐くときに自分の名前を心を込めて唱えていきます。

・古代文字はカタチに意味がある為、文字の書き順は気にされなくて大丈夫です。
・お好みで、字を描いた後大きく深呼吸(鼻呼吸:鼻から吸って、鼻から吐く)を2~3回行います。
・継続(1週間~3ヶ月)していくことで、よりその効果を実感しやすくなります。

 

名前のヲシテ文字は下記からお探しください

※濁音はカナと同じく「”」をおつけください。

ヲシテ文字
 
より詳しい古代文字ヒーリングの詳細はこちら

言霊四十八音、古代文字ヒーリング(古代文字のおまじない)



 

氏名を=使命として活かす秘伝の引き寄せ術

言霊アファメーション/オンライン動画(PC、スマホ)



 

今日からあなたも言霊ヒーラー!7日間無料メール言霊セミナー



 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

あっきぃでした^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

四国香川のうどんヒーラー。日本の言霊のすばらしさを世界へ発信中! 世界にヒビけ平和のヒカリ。地球を満たすアナアッパレなヒミツなり!