3.11祈りで地球をつつむウタ



 

3.11祈りで地球をつつむ

 

土はアスファルトにつつまれ

草木を人から遠ざけた

 

天から受ける恵みのアメをスポンジのように吸い込み

草木へとどけていた大地は

人がたくさん住む都会ほど

岩のように固く心を閉ざした

 

僕たちの住む地球は今

乾燥肌と呼吸器の障害で

緑は砂漠に

大地は岩とかして

「苦しい」って言っています

 

「奇妙なこと」という語源のアトピーの症状は

地球の苦しみではないでしょうか

 

洗剤、廃棄物、放射能で汚された母なる海は

血液のガン、白血病そのもの

どろどろの血液が血管につまる

脳卒中とおんなじです

 

僕たちの住む地球が氣枯れるほど、エネルギーがなくなるほど

そこに住む僕たちも氣枯れてしまう

そんな簡単な道理もわからずに

権力者は欲をふりかざしている

権力ってなんだ?

お金がすべてではないでしょう

信頼あっての権威でしょう

 

さいしょの人類ミナカヌシは

天へとのぼってアメノミナかヌシとなった

その子供たちは男と女として

互いの仕事に仕えた

男はソトへ祈りをもとめ

女はウチへ祈りをもとめ

いつしか食料を求めなくても

ドングリがを栽培できるコト

土の中に穴を掘り

あたたかい家として住めるコトを

クニトコタチは人々へと伝え

日本ではじめてのアマカミ

みなから信頼をえてリーダーとなった

権力ではない権威をえて

 

今、日本のために、国民のために

ほんとうに想っている人はだれ?

世界のみんなが仲良く暮らせるように

心をいためているのはだれ?

 

目に見えない想いが言葉となりカタチをつくる

一人一人の想いが

よりよき言葉を生み

世界へそのカタチをうつす

日本人はみなクニトコタチのミコ

その知恵と行動で周囲の人の喜びをつくる

 

むきだしの大地と

氣枯れなき海

人は地球のガンではなく

ともに喜びをつくる友である

地球にハグを

地球のお父さんとお母さん

太陽と月に感謝と愛の祈りを

すべてが僕たちをいろどる

たいせつなヒカリ

心臓の奥のタマシイを感じる

死んでも死なない自分は

太陽と月と地球とつながっている

 

今、クニトコタチのミコとなり

大地をいざなう風になる

シナドの風はイセへとながれ

今日も地軸をささえている

 

 

詠い人~akky~