【操体法】万病を治せる妙療法

引用:仙台やすらぎの杜整体院

操体法は仙台市の温古堂診療所の医師、橋本敬三先生により創始されました。

橋本敬三先生はお医者さんでしたが、西洋医学でなかなかよくならない患者が、民間療法でよくなっていくのを見て、様々な療法を研究しました。

民間療法の治療家をつかまえて、カツ丼などをご馳走しながらいろいろ教えてもらったそうです。
治療家たちも、お医者さんが頭を下げて教えてくれというのですから、喜んで教えてくれたそうです。

橋本敬三先生は、正体術、身体均整法、ヨガ、マクロビオティック、千島学説、野口体操、鍼灸、漢方、東洋医学、古代文字(カタカムナ)など、実にさまざまなものを研究していました。

自然の法則を追究していたともいえます。
そして身体を気持ちよく動かすことで、身体の歪みが改善され病気も治っていくことを発見したのです。

しかし、最初の頃は操体法という名前はありませんでした。
橋本敬三先生は、「自然の法則でそうなってんだから、名前なんかどうだったいいんだ」と言っていたそうです。

晩年になって橋本先生の不思議な治療法がNHKで全国放送されることになり、何か名前くらいないと、ということで「操体法」と名づけられたそうです。

橋本敬三先生は、操体法に関して「自然の法則でそうなってんだ。俺が考えたんじゃねえんだ。」ということで、操体法のための団体をつくることなどせずに、教えて欲しいといってくるものにはどんどん教えてあげました。

当時は全国から仙台の温古堂にたくさんの人が、操体法を習いに来ていたそうです。
団体を作ってお金儲けをしようとすれば可能でしたが、橋本先生はそのようなことは一切しなかったのです。

そのおかげで、操体法は全国に広く知れわたることとなりました。

 

詳しい技法が満載:WEB操体法テキスト

 

万病を治せる妙療法―操体法 (健康双書ワイド版)



 

PDFファイル

万病を治せる妙療法より、セルフケア操体を抜粋したPDFファイル