わかり易い経絡の解説と経絡体操



参照:タオ療法

経絡体操は、経絡指圧の創始者として知られる故増永静人氏が考案されたです。
ペアになってサポートしながら行うことでより高い経絡効果が期待できます。

 

経絡のもとにある五行五氣

経絡とは「木、火、土、金、水」に分類された自然界の五つの法則です。
東洋医学ではこの五つの属性を下記のように配当しています。

「木」肝/胆
「火」心/小腸 心包/三焦
「土」脾/胃
「金」肺/大腸
「水」腎/膀胱

そして人の感情(こころ)や身体にも、この”五”という数が深く関係しています。

”五”というのは、
”人の感情(こころ)と身体が=宇宙とのバランスを保っている数”でもあります。

 

わかり易く理解して頂くため、
からだとこころと五行五気さんを参照に以下へまとめさせて頂きます。

 

感覚器官(五官)

  • …五行の木性に属し、肝臓が支配します。目の下がたるんだり、クマが出ているのは、肝臓が疲れている証拠です。
  • …五行の火性に属し、心臓と小腸に支配されます。舌が赤や紫になったら、心臓病を疑って下さい。黄色や苔色になったら、飲食を節制して欲しいという、小腸の危険信号です。
  • …五行のうち、土性に属します。脾臓、胃の窓口です。唇も同じです。暴飲暴食で胃が荒れると、口内炎ができたり口の周りが荒れるなど。
  • …五行の金性に属します。肺と大腸に支配されます。呼吸器官の末端なので、この関係も分かりやすいと思います。胸式呼吸だと肺と関係が深く、腹式呼吸だと大腸と関係が深くなります
  • 水性に属し、腎臓と膀胱が支配しています。耳鳴りや耳が遠くなるのは、腎臓の注意信号です。生殖能力にも関係があり、耳の赤いのはのぼせ性で持久力がありません

臓器(五臓)

  • 肝臓・胆嚢木性です。肝臓は陰で、胆嚢が陽ですが、この二つが一緒になって血液の浄化をしたり胆汁を作ったりと、重要な働きをします。木性の活動力、実行力、感情の根源になります。
  • 心臓・小腸火性です。心臓は血液を送るポンプの役割をする陰の臓器で、全ての組織にエネルギーを与えます。小腸は主に栄養分を吸収する働きの、陽の臓器です。心臓と小腸の関係は血液の循環と栄養素の吸収という密接なつながりがあります。闘争心、自衛を司ります
  • 脾臓・胃土性です。漢方では脾臓と膵臓を脾といいます。胃が陽で、食物を消化する役割をし、脾臓は陰の臓器で、血液の調整をはかります。膵臓はインシュリンを分泌します。これが不足すると糖尿病になるというのは有名ですね。ですから、糖尿病は土性の病気です。意欲、智恵を司ります
  • 肺臓・大腸金性です。は空気から酸素を取り入れ、炭酸ガスを排出する陰の臓器です。大腸は水分の吸収が主な仕事で、糞便の排泄もする陽の臓器です。この二つは酸素と水という、生命に必須のものを取り入れます。愛と気迫を司ります。
  • 腎臓・膀胱水性です。腎臓は老廃物の排出する役割をし、尿を膀胱へ送ります。水分調整の働きもします。膀胱は言うまでもなく尿を排出する役割をします。精力と根気を司ります

体液(五液)

  • 涙…木性です。肝臓が弱ると涙が出やすくなります。
  • 汗…火性です。心臓の鼓動が早くなり、血圧が上昇すると汗をかきます。
  • 涎(よだれ)…土性です。脾臓から生じます。
  • 涕(はなじる)…金性です。肺に属し、気管に異常があると鼻水が出ます。
  • 唾(つばき)…水性です。腎臓が弱ると、よく唾を吐きます。

臓器の五役

  • 色…木性に属し、肝に支配されます。肝臓に異常があると色(体色)に表れます。
  • 臭…火性に属し、心の支配を受けます。心臓に異常があると、臭覚に表れるのが特徴です。
  • 味…土性に属し、脾に支配されます。脾臓が弱ると味覚に現れます。
  • 声…金性に属し、肺に支配されます。肺に異常があると、声に現れます。
  • 液…水性に属し、腎に支配されます。腎臓に異常があると水液に現れるため、浮腫などを生じます。

臭い(五香)

  • 膏(あぶらくさい)…木性に属し、肝に支配されます。肝臓が悪いとどことなく脂くさい、動物的な臭いがします。
  • 焦(こげくさい)…火性に属し、心の支配を受けます。汗臭いような、焦げ臭いような臭いがします。
  • 香(かんばしい)…土性に属し、脾の支配を受けます。花や果実のような、やや甘い臭いがします。
  • 腥(なまぐさい)…金性に属し、肺の支配を受けます。何となく、魚のような生臭い臭いがします。
  • 腐(くされくさい)…水性に属し、腎の支配を受けます。何となく腐ったような臭いがします。

声(五声)

  • 呼…木性で、肝の支配を受けています。肝臓に弱点があると、語調が強く、叫ぶような、怒鳴るような声の出し方をしがちになります。
  • 笑…火性に属し、心臓に弱点があります。よく笑ったり独り言を言ったり、言語が途切れ途切れになる場合です。
  • 歌…土性に属し、脾臓に弱点があります。歌うようなうわずった声になります。
  • 哭…金性に属し、肺に弱点があります。息や声が途切れたり、感情のない沈んだ話し方になります。
  • 呻…水性に属し、腎に弱点があります。大儀そうな、呻くような話し方になります。

味覚(五味)

  • 肝体質(木性)…酸味を支配します。梅干や酢の物など、酸っぱいものを好む傾向がありますが、あまり酸味を採り過ぎると肝臓や筋を弱める結果になります。筋も肝臓が支配しています。
  • 心体質(火性)…ほろ苦い食品を好む傾向があります。しかし、苦味を採り過ぎるのは心臓、血液、骨に害があります。
  • 脾体質(土性)…甘いものを好む傾向があります。過食すると脾臓を悪くして、肉に悪影響があります。
  • 肺体質(金性)…カレーやわさび、芥子などの辛いものを好みます。辛味に偏ってしまうと、肺に悪影響を及ぼします。
  • 腎体質(水性)…塩辛、塩鮭などのしおからい食品を好みます。過ぎると腎臓や二陰(生殖器、排泄器官)に悪影響を及ぼします。

感情(五志)

  • 怒(木性・肝)…肝臓が病むと気が上昇して、怒りっぽくなります。また反対に、怒る気力がなくなったりします。やたらに怒ってしまうことは、肝臓を傷めることにつながります。
  • 喜・笑(火性・心)…有頂天になったりあまり大声で笑うことは、気が緩み心臓の力を弱めます。笑うことも、度が過ぎるといいことばかりではないのですね。心を患っている人が一人でよく笑ったり、逆に全く笑いを忘れたようになります。あれは、肉体的には心臓とつながりがあるのです。
  • 思・慮(土性・脾)…物思いにふけり過ぎると気が結して、脾や胃に害を及ぼします。
  • 憂・悲(金性・肺)…憂い、嘆き、悲しみなどの感情が強いと、気が消えて肺を弱めます。恋愛感情なども肺・金性が司りますので、肺病が色情因縁と言われる所以ですね。
  • 恐・驚(水性・腎)…恐れ、驚きの感情は、気を乱して腎を害します。腎を患うとちょっとしたことで驚きやすくなったり恐怖感を持ちやすくなります。

感情(五精)

  • 魂=木(肝)
  • 神=火(心)
  • 意(智)=土(脾・胃)
  • 魄=金(肺)
  • 精(志)=水(腎)

外因・内因

  • 肝(木性)…風邪といい、強い季節風のことです。風邪に最も弱いのは肝臓です。
  • 心(火性)…傷暑といい、暑さに対するバランスが崩れた時に心を害します。
  • 脾(土性)…湿気が多すぎるのを嫌います。湿度が増加すると微生物、最近が繁殖し、食品の腐敗を起しますが、一番冒されるのは脾、胃です。
  • 肺(金性)…燥気を嫌います。乾燥は気管を傷つけ肺を冒します。特に疲労が激しい時に燥気に遭うと、肺疾患を発病しやすくなります。
  • 腎(水性)…寒邪を嫌います。冷えが大敵ということです。寒気は肉体の陽気を奪い、陰に傾いて腎を痛めます。
五悪のほうが環境から来る「外因」であるのに対し、「内因」は生活態度や心のありかたからきます。自ら心身の病を呼ばないように、これらの要因による生活態度を見直してみて下さい。
  • 久座(運動不足)
  • 不臥(睡眠不足)
  • 食不量(食の過不足、偏食)
  • 疲極(過度の疲労)
  • 淫逸(性のコントロール)

 

経絡体操で繋がる五行五氣

経絡体操を3週間以上続け、こころ(感情)と身体を繋ぎ、
子供のような元氣あふれる自分を取り戻していきましょう!

「木」積極的チャレンジ精神。春のエネルギー

「木」の働きは、のびやかに成長・発展するエネルギー

からだ(肉体)=肝機能、解毒機能
こころ(感情)=怒り、イライラ

肝と=怒りはつながっているので、肝臓が弱るとイライラしやすくなります。

「木」のエネルギーが低下すると・・・爪に横線が入り、足のスジなどつりやすくなり、感情が爆発して大声をあげたくなります。

「木」のエネルギーを高める【肝・胆絡ストレッチ】足を広げ、からだを横に倒しましょう。
のびやかに成長・発展するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
からだ(肉体)=肝機能、解毒機能の向上
こころ(感情)=怒りは行動の原動力に。積極的に新しい物事へ挑んでいく。
「木」に対応する経絡=肝・胆系(貯蔵・配分作用)


肝経:栄養を貯蔵し、身体活動のエネルギーを確保、抵抗力を養成する。血液の補給、分解、解毒などを行い活力を維持。


胆経:栄養の配分を司り、消化腺に関係する内分泌(胆汁、唾液パロチン、胃腺ガストリン・セレクチン、膵臓インシュリン、腸腺ホルモン)などの働きにより、全身のエネルギーバランスを調整。

引用・参照:指圧 (著) 増永 静人

 

「火」豊かな表現力、行動力・持続力。夏のエネルギー

「火」の働きは、華やかに繁栄・成熟するエネルギー

からだ(肉体)=血液循環、免疫力
こころ(感情)=喜び

血液循環と=喜びはつながっているので、血液循環が滞ると喜びを感じにくくなります。

「火」のエネルギーが低下すると・・・精神的不安におちいりやすく、ヒステリーになりやすくなります

「火」のエネルギーを高める【心・小腸経絡のストレッチ】足の裏を合わせ、からだを前に倒しましょう。
華やかに繁栄・成熟するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

【体操の効果】
からだ(肉体)=血液循環、免疫力の向上

こころ(感情)=感情表現が豊かになり、喜びを感じやすくなります。
「火」に対応する経絡=心・小腸系(転換・統制作用)、心包・三焦系(循環・保護作用)


心経:大脳と五官(目・耳・鼻・舌・皮膚)を通して全身を統制、感情的な統制、血液の配分


小腸経:食物を栄養に転換、精神的な不安や感情の興奮,ショック,腹が立つ,断腸の思いは小腸に血液が停滞するば瘀血(おけつ)となり全身へ影響

心包経:中枢循環。全身の栄養を司る。心臓、心嚢(心臓を包んでいる膜)、冠状動脈を中心とした脈管系。

三焦経:末梢循環。小腸を補佐し、漿膜、リンパ系の保護作用。上焦は胸膜、中焦は大網、下焦は腹膜と腸間膜を中心としている

引用・参照:指圧 (著) 増永 静人

 

「土」母性愛、共感能力・意思力。土用のエネルギー

「土」の働きは、包みこみ調和・変化するエネルギー

からだ(肉体)=胃、消化機能、婦人科疾患、乳房、卵巣
こころ(感情)=思い、思い込み

胃と=思いはつながっているので、消化機能が低下すると「思い」=「おもい」=「重い」気持ちが重たくなり、考え込みやすくなります。

「土」のエネルギーが低下すると・・・気持ちが下がり、胃も下がります。ノイローゼや、済んだことをクヨクヨ考え込み、ネガティブ思考になりやすくなります。

「土」のエネルギーを高める【胃・脾経絡のストレッチ】正座から後ろに倒れ、手を頭の方へ伸ばしましょう。
包みこみ・調和・変化するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

【体操の効果】
からだ(肉体)=消化機能、女性らしさ(肌のツヤ、弾力)の向上
こころ(感情)=気持ちが上がり、思いやりのある言動をとりやすくなります。
「土」に対応する経絡=脾・系(消化・発酵作用)


脾経:膵臓を中心として全身の消化腺
(唾液、胃液、胆汁、小腸の各線)と乳房・卵巣の生殖器も含む。「思えば脾を病む」のとおり、考え込んで運動不足になれば消化液の分泌が悪くなり、消化力が衰える。

胃経:口腔~食道~胃袋~十二指腸あたりまでの消化管。この機能を助ける体肢の運動と体温発生、および生殖腺の働きにも関係(食欲、乳汁分泌、卵巣機能、月経がこれに属す)。

引用・参照:指圧 (著) 増永 静人

 

「金」冷静沈着、ストレス態勢。秋のエネルギー

「金」の働きは、力をあつめ・放出するエネルギー

からだ(肉体)=肺、呼吸機能、大腸、排せつ、新陳代謝
こころ(感情)=悲しみ

呼吸と=悲しみはつながっているので、呼吸機能が低下すると心配事が増え、神経過敏に。マイナス思考になりネガティブになりやすくなります。

呼吸は息(いき)というように、「生きる」ことに深く関係しています。
なので肺・大腸経のエネルギーが低下していると、「生きる」ことが「息苦しく」感じやすくなります。

「金」のエネルギーが低下すると・・・自分の思いが抑えられ、発散できななくなる。精神的に気をやんで、溜息も多くなります。

「金」のエネルギーを高める【肺・大腸経絡のストレッチ】両手の親指を背中で組んで、そのまま前に倒れましょう。
力をあつめ・放出するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます

【体操の効果】
からだ(肉体)=呼吸機能、新陳代謝の向上
こころ(感情)=思っていることを言いやすくなる。息(いき)が楽になるので、生きるのも楽(たのしく)になります。
「金」に対応する経絡=肺・大腸系(分解・排泄作用)


肺経:生命活動の根源である氣(エネルギー)を外界から受け、
それを人体の氣にまで分解し、外界対応の働きをしている。
その働きは氣力となり、外邪に抵抗し、また呼吸の排出となる。


大腸経:肺を助け、人体の内外面から分泌や排泄を行い、
氣の停滞をなくす働き。「もの言わぬ腹はふくるる」のことわざのように、
すべて外に出すことに関係している。


引用・参照:指圧 (著) 増永 静人

 

「水」内に力をあつめる集中力。冬のエネルギー

「水」の働きは、一点に集中・内燃するエネルギー

からだ(肉体)=腎臓、体液、副腎、ホルモン、自律神経
こころ(感情)=恐れ敬う、かしこまる

腎臓と=恐れはつながっているので、泌尿機能が低下すると恐縮しすぎてガチガチに固まり、リラックスできなくなります。

「水」のエネルギーが低下すると・・・神経を使い過ぎて疲れる、ストレスに対して弱くなり、自律神経のバランスを崩し、うつにもなりやすくなります。

「水」のエネルギーを高める【腎・膀胱経絡のストレッチ】両足を伸ばし、そのまま前に倒れましょう。
一点に集中・内燃するエネルギーの流れが良くなり、心身に良い変化が訪れます。

【体操の効果】
からだ(肉体)=泌尿機能の向上、ホルモンや自律神経のバランスが整う。
こころ(感情)=強い集中力を発揮。テキパキと指示・行動が出来るようになります。
「水」に対応する経絡=腎・膀胱系(性氣・清浄作用)


腎経:体液成分の調整と内分泌機能の調整により身体に精氣を与える。
ストレスへの抵抗力、アシドージスや体内毒物の決済、清浄に当たる。右命門に副腎機能(血圧・血糖・水分・塩分量などの調整)、左水腎に尿生成をみている。

膀胱経:腎の内分泌液と協調する間脳、脳下垂体、自律神経系の働きと生殖機能も司る泌尿器周辺の臓器。体液浄化の最終産物である尿を排泄。

引用・参照:指圧 (著) 増永 静人

 

 

<経絡指圧を受けられる処>

【京都】の訪問マッサージ師遠藤~経絡のつまりから心身の不調を読みとく~

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

 

”言霊のチカラ”をリアルに体感してみませんか?

 

「知意行一体」と言い、

宇宙の法則を知り(知)
目的をもち(意)
表現する(行)

ことで、
言霊のチカラが発動しやすくなります。

そのような、
宇宙の原理原則を”知る”コトで、
誰でもスグに活用できる
言霊ヒーリングの素晴らしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

水谷哲朗

【プロフィール】

水谷 哲朗(あきお)
1978年生まれ。A型 しし座。

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。
そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
"雲を消せるおじぃ"との出会いが始まり。
私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!
その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。
やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
その考えから、
2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、"言葉がけ" だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに30回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。