【肌荒れ、アトピーの方必見】EM洗剤&クエン酸柔軟剤で地球にも肌にも優しい

出典:地球のみんなに花と笑顔をプレゼント

EM洗剤&クエン酸柔軟剤

418-497-1338195549
EMとは有用微生物群のことで、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とする微生物の共生体とされ、農業、畜産、水産、環境浄化、土木建築など様々な分野に利用されています。
EMが入っていることで排水を浄化する作用があり、環境に優しい洗剤です。手に優しく、油汚れや消臭に効果的です。
用途は洗濯・掃除・風呂場洗い等何にでも使えます。
EM洗剤はネットでも購入できますが、作っている人まで考慮されるのであれば障がい者支援センターてだこへご連絡を。
2リットル600円×6本=3600円(税込)+送料1600円=5200円ほどで、私も購入させて頂いております。
ダウンロード (1)
クエン酸は意外とふんわり、においもスッキリ取りやすいです。
使用法は本当にカンタン。柔軟剤を使うかわりに、クエン酸を溶かしたクエン酸水を入れるだけ。

方法もかなりアバウト。柔軟剤を入れる処へクエン酸をそのまま大さじ1〜2杯入るだけ!

読者S様からの豆知識
クエン酸をお水で溶かすと消臭剤になりますが、ちなみにアルカリ性原因の匂いにのみ効果があります。
酸性の匂いには、アルカリ性で消す(中和)するとよいので、わさび水がお勧めです。
わさびは、カビよぼうにもつかえます。
両方とも食べても大丈夫なものだから、安心ですね。

EM菌 もう30年ぐらい前から使ってます!
良いですよね。飲んでも良いし、入浴剤にもなります。
最近 EM菌より強い YM菌なるものが出たとか。

あ、それと、白物洗濯のときは重曹を入れます。
すると、あら不思議 きれいになります! お試しあれ^^

 

※以下、閲覧注意※

合成洗剤の恐怖

合成洗剤が引き起こす人体への影響は、皮膚のトラブルだけにとどまらず、内蔵障害特に­肝機能障害や生殖にも支障をきたします。その実態をしり、環境汚染・人体被害を巻き起­こす合成洗剤を少なくしましょう。<マウスの実験>

「毒」で洗たく、洗髪、歯を磨く

引用:黄金時代へ

合成洗剤入り歯みがきは、「毒物」で、政府もはっきり認め、「合成洗剤は〝中程度″の毒物」と公的文書で認めています。

↓ちなみに私が使っているおすすめの歯磨き粉



多くの日本人が、毒物で、毎日、洗たくし、頭を洗い、歯を磨いています。

合成洗剤は洗たくものに残留、肌荒れや湿疹を起こします。

シャンプーはフケ、カユミ、抜け毛の原因です。

歯みがきで味覚障害に、台所用では手荒れの他、不妊の原因にもなります。

排水を流せば、小川の微生物やミジンコ、メダカなどは「毒」のために死んでしまいます。

水の汚れを食べて分解してくれる小さな生物が、この「毒」で死ぬのです。汚れは分解されないままよどみます。

私たちは、合成洗剤の「毒」を流して川をよごしているのです。

合成洗剤の有害性―。

▼皮膚障害(たんばく結合作用で角質まで溶かし、皮下浸透)

▼肝臓障害(洗剤メーカーで社員に著しい肝障害。製造中止で7割改善)

▼細胞死(体内各組織で細胞死が起こる。政府も塗布後24時間で肝細胞機能が抑えられると認めた)

▼出生数激減(妊娠ネズミに合成洗剤を塗ると出生数は減少しゼロに。毒性で受精卵や胚レベルで死滅)

▼精子全滅(洗剤を飲ませたオンドリは16羽中、精液が取れたのは4羽(25%)。残りは精液すら出せない。不妊症の原因に台所用やシャンプーなどを疑うべきです)

▼味蕾細胞(市販歯みがき剤には合成界面活性剤が約4%配合されている。ネズミ実験で①舌乳頭が溶ける、②バラバラに乱立、③土台細胞が萎縮…などの病変を確認)

▼先天異常多発(合成洗剤は先天異常を引き起こす。生物実験でも変形、無眼、背骨湾曲、首二つなどの奇形も発現)

▼川崎病の引き金(乳幼児の熱病、川崎病も残留洗剤による重症アトピーです。拙著『なぞの川崎病』三一書房、参照)

▼環境ホルモン?(合成界面活性剤の大半が環境ホルモン作用、催奇形性を起こすと考えられます)

gouseisenzai
市販の台所用合成洗剤(合成界面活性剤は約27%前後配合されている。洗濯用に比べ少量です)の原液をそのまま、ネズミの背中に1回だけ塗って様子をみた実験報告があります。

実験のために、ネズミの背中の毛はきれいに刈って、そこに1匹につき1回だけ1メーカーのものを塗ったというものです。

上の写真がその結果の一部です。せっけんを塗られたネズミはまったく異常はみられませんでした。ところが、合成界面活性剤配合の合成洗剤を塗ったネズミは、例外なくひどい皮膚障害を起こしました。

2日目で死ぬもの、3日目で死ぬもの、あるいは、原液を塗って5日目から7日目には全身から出血をしたり、出血したものが凝固したりしたネズミもいます。

なかには10日目で出血どころか、皮膚がごっそりはげ落ち、毛根のある真皮まではげ落ちて、2度と毛が生えないネズミもいました。

たった1回、台所用合成洗剤を塗っただけなのにこの結果です。人間の実験ではないからと軽く考えるのは禁物です。

(上記写真及び文章は、マナメッセ(1992年7月1日発行)より抜粋)

アトピーは治るよ! 石けん(界面活性剤)を使わなければ

引用:飄(つむじ風)

da42dad76e688df6656df02bd9dfa8a0
洗濯用の洗剤や柔軟剤の多くには、人体に悪影響を与えるさまざまな合成化学物質が使われています。そして、洗濯後もそれらの成分が残り、肌荒れやアレル ギーを引き起こす恐れがあります。ですから、皮膚の敏感な子どもの下着や衣服には、強い洗浄力や増白効果を強調した洗剤・柔軟剤は使っていけません。

危険な洗濯洗剤や柔軟剤が、子どもたちの皮膚炎やアレルギーの原因に!

photo
<アトピーは合成洗剤が原因であった!:磯部義成医博著より引用>

アトピーとは、「原因のわからない」という意味で付けられました。

合成洗剤(界面活性剤)が人体に有害な「有毒マーク」指定に、定められたのです。

22a0a645b82069856ee1a968134125e4 それは、

・触れると皮膚に刺激を与えたり、目を痛めたり、
・健康への有害性がある物、
・川や湖などに水質に有害な物

に含まれる物質として、合意されたということです。

しかし、ほとんど知られていません。一度だけ、新聞報道されましたが、どこもほとんど報道されることがなかったからです。

市販されている洗剤は、ほとんど合成洗剤であり、界面活性剤です。そして、多くは大手の洗剤メーカーにより流通されています。その原料は、石油産業がその基幹産業となっています。

そのためかどうかは知りませんが、大手の洗剤メーカーにとっては、都合の悪い情報だったからかもしれません。

しかし、巷では、原因の分からない皮膚病が蔓延してしています。その典型は、『アトピー性皮膚炎』です。老いも若きの年々増加の一途です。

2004年4月~8月の間、651症例から導き出され、その要点は、合成洗剤を経ったことが最大の要因である。勿論、軽微、軽症から中程度、重症まで万遍なく亘っているから、その程度に応じて医師の適切な処置があってのことである。

しかし、共通しているのはシャンプーから石けんも含め、合成洗剤を絶ったことが共通要因だ。勿論、下着や衣服の洗浄も合成洗剤を絶つことが望ましい。

決して、アトピー性皮膚炎は不治の病ではないのである。

そう言えば、近年、アトピー性皮膚炎が増えて、人口比約一割近くなる国民病である。何故斯くも増加したのであろうか?

pojp khujl
<出典:厚労省資料>

考えられるのは、ストレス社会の昂進がある。ストレスとアトピーは並進的に関連づけられるが、もっとも顕著な関連が他にあるかというと、1970年代を境に高度成長期と共に合成洗剤の普及があると言われている。

この合成洗剤は、河川の汚染とも相まって、環境汚染の大きな問題を提起した。合成洗剤は河川を泡まみれにすると共に、目に見えないが人間の内部河川であるところの血液まで汚してきたと考えられる。アトピーは根本原因は内部の問題が存在するだろう。

事実、そのことから原因不明の皮膚病が増えてきたのである。原因不明・特定不明だから、アトピーと名付けられたと言われている。それにしても人知れず、悩んでいる人々が如何に多いことか!

昨今、世間を騒がしている『茶のしずく石けん』問題がある。これなども同じ次元・根源の問題だろう。

界面活性剤は、石鹸も含めて化学的作用を持つ物質で、生分解性や毒性を別にすれば基本的に同じである。つまり、洗浄の際、皮膚のバリヤーである油脂膜を分解して、バリヤーを破壊して浸透力を発揮することは同じだ。

それに加水分解コムギという小麦由来のタンパク質を保湿剤として混入していたために、体内の取り込まれて、小麦アレルギーを発症したものと推定されている。特定はこれからだが、これなどは、少なくとも石けんであれ、界面活性剤は皮膚から体内に物質を取り込むことが出来る有意性と、危険性を持っていることは窺い知れる。

体内に取り込まれなければ、アレルギーは発症しない。化粧品も同じで、真皮に栄養分を・・等と謳っているものは、必ず、界面活性剤を含んでいるのだろう。考えてみれば、これほど恐ろしいことはない。無闇に皮膚から体内に異物を取り込む危険性にさらされるのだ。

引用終了

 

本日の記事で心身、思考のパラダイムシフトのお手伝い出来たらさいわいです。

関連記事

飲料水にご注意を



 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

太陽のコトタマ師あっきぃでした♪

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷哲朗

【プロフィール】

水谷 哲朗(あきお)
1978年生まれ。A型 しし座。

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。

そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
“雲を消せるおじぃ”との出会いが始まり。

私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!

その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。

やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
その考えから、
2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、”言葉がけ” だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに30回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。