太陽系の言魂(コトタマ)=サビアンシンボル

 

「ホロスコープの360度の円、1度1度に意味がある」

 

太陽系の言魂(コトタマ)=サビアンシンボル解説

サビアンシンボルは12星座を細分化し、
360の意味を解釈した新しい占星術技法です。

サイキッカー:エルシー・ウィーラーが、
「1度1度ごとの意味やテーマ」チャネリングしました。

ウィーラーは幼い頃から重い関節リウマチを患い、
生涯を車椅子で過ごした女性です。

人をはげます明るい性格で、
非常に優れた透視力で多くの相談にのりながら、
いつか人類全体に永久的な意義のある奉仕をしたいと願っていました。

ウィーラーは「これこそ私の待っていた仕事だ」と確信します。

人から好奇の目を向けられると純粋なリーディングができないため、
ウィーラーはこのチャネリングのため周囲に誰もいない環境を求めました。

彼女の身体は少しでも動くと激痛が走るため、
少女の頃から福祉施設で暮らしていて、
身の回りにはいつもたくさんの人々がいたのです。

チャネリングは、人通りがなく樹木に囲まれた公園に停めた車の中でなされました。

裏側に12サインのシンボルと数字(度数)を書いた360枚の白いカードを用意し、
1枚づつランダムに取り出し、ウィーラーの前に置きます。

そこに意識を集中してみえたビジョンをウィーラーが語り、記録されました。

こうして360のサビアン・シンボルすべてが
たった1日のうちにダウンロードされたのです。

ウィーラーが「これらのビジョンは古代メソポタミアに存在した錬金術師の氏族サービア人の魂のマトリックスを使った」と言ったことから、
サービアのシンボル=「サビアン・シンボル」と名付けられました。

サービア人は古代神聖科学を伝えるカルデア人の流れにある種族です。

こうしてできたサビアン・シンボルが発表され、
魅せられたのがフランスにいた占星術師ディーン・ルディアです。

その後、20世紀最大の占星家ディーン・ルディアのシンボル解釈が
占星術界に広く受け入れられたことから、
現在では世界中の人々がサビアン占星術を学ぶようになったのです。

 

参照:サビアン・シンボル、体系化のプロセス

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷哲朗

【プロフィール】

水谷 哲朗(あきお)
1978年生まれ。A型 しし座。

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。

そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
“雲を消せるおじぃ”との出会いが始まり。

私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!

その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。

やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
その考えから、
2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、”言葉がけ” だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに30回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。