一年の計を立てる【5つのヒント】

あなアッパレ! あっきぃです

去年よりあたたかいクリスマスの今年でしたが、ここ数日でめっきり寒くなって参りました。

ですが、寒い時期は骨盤も閉じるので、自分の内側との対話に最適です。

今年もあと少しとなり、大掃除も然り「来年の抱負や目標設定」の準備も
そろそろ終わっておきたいところです。

 

「一年の計は元旦にあり」といい、

「一年間の目標や計画は、元旦に決めるのが良い」と一般的に思われがちですが、

ぼくは「一年間の目標や計画は、元旦から行う方が良い」と思っています。

「一年の計」のことわざは、
何事も最初に計画や準備が大切であり、
初めの計画ができていないと物事はうまくいかない
という意味があります。

元旦は初もうでや家族とゆっくり過ごされる方も多いと思いますので、
元旦までに「一年の計」をつくられておくことをおススメします。

もし、2016年の「一年の計」をまだ準備していないのでしたら
今年一年を振り返り、来年の目標設定のヒントをご活用いただければと思います(^^)

目標を決める5つのヒント

①あなたが情熱を燃やしているコト、情熱をもてるコトは何ですか?

②あなたが「自分はこれを行うために生まれてきた」と思うコトは何ですか?

③あなたがおじいちゃんやおばあちゃんになった姿を想像し、
 天国へ旅立っていく間際に振り返るコトは何ですか?

④あなたは何をして生計を立てたいと思いますか?(夢・希望)

⑤あなたは何をして生計を立てられると思いますか?

 

少し上の方を見ながら①~⑤の項目について考え、
紙(カミ)に書き出すコトで、上(カミ)からより良い氣づきを得ることができ
魂がワクワクするような来年の目標が見えてきます。

ぼくは特に③の質問が好きで、「今ぼくがしているコトは人生の視点からみて正しいのか?」
そう自分にとう時、どちらかというと何かに迷った時に必ず聞きます。

ぼくがおじいちゃんになって、あの世へ行くとき「ぼくとご縁のあった人がみんな笑顔だったいいな~」といつも思わされます。

あの世へ旅立つ瞬間、何もあっちへ持っていけないと氣づいたトキ、
ヒトは奉仕の喜びを求めようとするのかもしれません。

そして心で感じた目標を紙に書き出すコトは⇒カミへの宣言にもなり、
追い風のようにその目標を叶えていくチカラも、
「見えない宇宙から⇒潜在意識へ」と与えられやすくなります。

宇宙エネルギーを扱うことはとても効率が良いので、
ぜひ実践されてみてください(^^)

そして、行動するコトで自分の世界は変わり

より大きな世界を変えていくことができると思います!

 

宇宙エネルギーを体感する実験はコチラから