ぎっくり腰から4日で回復(古代文字、セルフケアの方法)

もし突然、ぎっくり腰になったら?

 

病院にも行くのもつらいですし

出来ればお家で、なるべく早く完治できたら

とても素敵なことではないでしょうか

 

ぎっくり腰とは

正式名称:急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)

突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。ぎっくり腰は通常3~4日間安静にしていれば、痛みは引いてくると言われ、1~2週間で完治する場合が多いです。

長い人は完治まで1ヶ月かかりますし、完治せずにくしゃみでぎっくり腰を再発してしまう例もあります。

 

ぎっくり腰の治し方(セルフケア)

僕がぎっくり腰になったとき、とても効果のあったセルフケア方法です。

言靈やヒーリングを活用し約4日で、通常の生活が出来るようになった過程を記載します。

1日目 ぎっくり腰発症

引っ越しで重量34㎏の大型プリンターを一人で運び、「ビキッ!」とした電流が腰に走るとともに、歩けなくなるほどの激痛に襲われる。

41m-q8h7NXL._SL500_AA300_ 20120719_668851
そのまま起き上がることも出来ず、30分くらいうずくまる。「寝たらちょっと良くなるかな?」と安易に思い、そのまま3時間お昼寝。

~ぎっくり腰から3時間後~

「いて~!」寝返りの激痛とともに目覚める。起きた後、寝ても症状が全く回復していないことを激痛で確認。

その後、ヒーリング治療に取り掛かる。
まず仰向けの状態で「胃上げヒーリング」。お腹が「ぎゅるぎゅる~っ」と鳴って、胃が活発に動き出したことを確認。
そして、腰に「手あて療法」。少し痛みが引いたことを確認し「骨盤調整」
まだ立ち上がることや、トイレに行くことも難しい状況。

夜は腰に「手あて」をしながら就寝。

2日目 ヒフミ療法&文字療法

初日より腰の痛みが少し緩和。
看護師の妻に「病院で診察受けてね」と言われるが、ヒーリングだけで治すことを決意していたので、妻の申し出を断り「もう知らん」と怒られてしまう。。。

「胃上げヒーリング」「骨盤調整」「手あて療法」など、前日からのセルフヒーリングを引き続き行い、いろいろ試した中で一番即効性のあったのは、

「ヒフミヨイムナヤコト」の言靈!

「ヒフミヨイムナヤコト」と唱えながら腰へ「手あて療法」を行うと、骨の奥に「ジーン」と振動が広がるような感覚になり、通常の「手あて療法」より腰が楽になる感覚を確認。

※「ホネ」が言靈的に観ると「陰陽のエネルギーを充電する」というハタラキがあり、ヒーリングのエネルギーが骨に貯蓄され ⇒ 周りの筋肉へ届けられているような氣がしました。

その後、日月神示をパッと開くと「ヒフミ真言」のページがあらわれ、身体へのヒーリングは「ヒフミ」が効果的だと直観的に感じたので、
「ヒフミユラユラ~」と何度も唱えながら、立った姿勢で身体をゆっくりとユラユラ揺らす。

身体を揺らしていると、全身のチカラが抜け腰が楽になる感覚があり、ずっと寝ているより少し身体を動かした方が、回復が早くなることを確認。

ゆっくり歩くことが出来るようになる。
立ち上がることや、トイレに行くことはまだ少しつらい状況。

前々から試して見たかった「カタカナ療法」を試してみる。

テープにカタカナで「ヒフミヨイムナヤコト」と左回りに書き、腰の痛い部分に貼って就寝。

IMG_20151220_101217

3日目 外食

カタカナ療法がウソのように効いて、起きたときの痛みが大幅に緩和される。(体感として、何もしていない時よりカタカタ療法を行った方が二倍以上、腰が楽になった感覚)

「胃上げヒーリング」「骨盤調整」「ヒフミヨイムナヤコト」「手あて療法」「ヒフミユラユラ体操」など、前日からのセルフヒーリングを引き続き行う。

椅子に座ったり、仕事のPC作業もできるようになり、立ち上がることやトイレに行くことも、少しずつ普通に出来るようになる。

「痛み」というのは決して悪いものではなく、「ムリのない身体の使い方を教えてくれているんだな~」と、しみじみ実感。(症状即療法)

そして、合氣道の所作で立ったり座ったりすると腰の痛みも減り、「合氣」は身体を神と見立て、神へ近づいていくミチと実感。

夜には、外で食事ができるほど回復。

4日目 ライブ鑑賞

様々なヒーリングの相乗効果か、立ち上がることやトイレも容易になり、普通に歩ける状態になる。
知人のライブへ出かけ、3時間立ちっぱなしでも大丈夫なほど回復。

妻の買い物に付き合い商店街をトータル2時間くらい歩き、ふと目に留まったゲームセンターを前に、弱った自分のパンチ力がどれほどか氣になり、数年ぶりにパンチングマシーンで遊ぶと「108㎏」の記録。(ぎっくり腰の後でも高校生くらい?のパンチ力はあるよう)

パンチングマシーンの衝撃が思ったより強く、腰に痛みを感じるも、家につく頃には回復。

そして5日目には、重たい荷物を持たなければ普通の生活が出来るようになりました。

 

まとめ:ぎっくり腰に効果のあったヒーリング

胃上げヒーリング
・骨盤調整
・手あて療法

※上記はコチラのDVDから学べます。

・ヒフミヨイムナヤコト(言靈特集)

・ヒフミユラユラ体操:ヒフミユラユラと唱えながら身体も一緒に揺らす

・ありがとうございますの言靈:ぎっくり腰は”ムリしすぎだよ~”という潜在意識のメッセージでもあるので、”ムリをしていることに氣づかせてくれてありがとう”という感謝の念が沸いてきて、ぎっくり腰になったことや痛みを感じる腰へ自然に何度も”ありがとう”を唱えていました

あと、「かむながらたまちはえませ~」も治癒効果を高める言靈の一つです。(「かむながらたまちはえませ」でぎっくり腰寸前の状態から回復された方もおられます)

そして今回、ぎっくり腰になり、何よりその効果に驚いたのが「カタカナ療法」です!

日本人ならだれでも扱える「カタカナ」が実は、1万2千年前にあったカタカムナ文明からの名残という考えがあり、今回ぎっくり腰で実践してみたら、

驚くほどの効果を感じました!

ほんとうにビックリです!

カタカナですよ、カタカナ・・・

カタカナも古代文字だったなんて・・・

カタカナならだれでも書けるし、だれでもみんな、スグに、古代文字ヒーラーになれるじゃないですか!?

 

身体にはもともと治るチカラがあるので、病院に行かなくても勝手に良くなるのは分かっていましたが、まさか「カタカナ」で治癒力が高まるとは・・・驚きの実験結果となりました。

ぎっくり腰、腰痛、ヘルニアetc.

腰の症状は下半身の筋力低下もありますので、事務仕事や身体を使わないお仕事の方は、少なくても普段からスクワット30回くらいされると良いです。

僕も事務仕事が多いので、ぎっくり腰をキッカケに少しずつ足腰を鍛えていこうと思いました。

ぎっくり腰になった際にはこのページを思い出し、ぜひ実践されてみてください^^

※なお「ヒフミユラユラ体操」は腰の様子をみながら行ってくださいね。

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

あっきぃでした♪