【新月】カミナツキ

本日新月、旧暦 10/1「神無月」(かんなつき・かみなつき)

【神無月の由来】
「かみ(神)」+「な(無・退)」+「つき(月)」
ここでの「かみ=陽の神」を言う。

一般に陰暦10月「かみなつき(神無月)」は、八百万の神々が出雲大社に集まり他の国にいなくなる月、と説明されますが、ホツマツタヱ(歴史書)では、陽の神(陽のエネルギー)が退く月とされています

「神が無くなる月」の、「神」は八百万の神々ではなく、ここでの「かみ」は=「陽の神」のことを言っています。

陰暦10月「かみなつき(神無月)」になると、陰の気がやって来て、陽(太陽)のチカラは尽き無くなってしまうため、陽神の無い月として、神無月と呼ばれていたようです。

※昼が長くなっていく季節の境、冬至の別称を「一陽来復」といいます。
「めのふそか まつるおおみわ かんなみぞ」
ホツマツタヱにはそう記されており。東征を果たしたカンタケは、十月二十日、盛大な神祭を行い、そこには全国の神々(偉い人)が並び揃いました。

この神祭にちなみ、名前の初めに神の字を付けて、カンヤマト・イワワレヒコの天君と命名して全国に触れてしらしめました。この時から神武天皇の時代になります。

10月は「神無月」と言われていますが、元々は「かんなみぞ」・・・全国の神々が並びいることを言っているのが、本来の姿であります。

また出雲に全ての神が出向いたことを言っていたわけでないとわかります。

神無月に、神さまが出雲へ集まるといわれているのは十月二十日の神祭に、全国の神々が並びいることが元々の由来でした。
※補足
人の世時代の初代天皇、カンタケの読みに対して、「神武」という漢字があてがわれ、いつの間にか音読みになり、今の「じんむ」になったことが分かります。

真実とは何か? この時代は何を欲しているのか?

そのこたえを握るのは僕たち日本人であり、世界でももっとも古い歴史が残るこの日本国のご先祖様、神社にまつられている神々の歴史を紐解くコトが大切なのかもしれません。

 

【新月】は、神社に参拝するとよい時です

 
【妊娠過程と月名】季節の名称は、妊娠中の胎児の成長と関係しております
『人の発生1』
『人の発生2』
『人の発生3』
『人の発生4』
『ホツマツタエ天の巻14アヤ』
『宇宙原理ホツマ』

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~♪

あっきぃでした