【春分、秋分】彼岸はお墓参り、神社へいこう♪

出典:VERA

 

春分や秋分というのは、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。

そして昼を司る「陽」のエネルギーと=夜を司る「陰」のエネルギーが釣り合い、「中庸」になります。

Libra

陽=中庸=陰【太極】

「陽」昼・現象界(見えるもの)

「陰」夜・潜象界(見えないもの)

「中庸」陽と陰の境目

陰陽
<現象界と潜象界が織りなす宇宙構造>
宇宙は「潜象(せんぞう)世界(目に見えない世界)」と「物質世界(目に見える世界)」の二重構造をしている。
潜象界は物質界の背後にあり、両者は重なって存在しています。そして物質界は潜象界から創られています。


 

「陰=陽」とバランスの取れた状態「中庸」」は、自己の内にある良い面も悪い面も、互いが互いを補い合い(長所は短所みたいな部分)

・自分らしい生き方
・自分らしい喜び
・自分が自分で在ることに感謝できる

そのようなあるがままの魂の状態、この世に生まれた瞬間の純粋な状態を思い出しやすくなります。

 

春分、秋分は銀河の中心とつながる日

太陽は秒速217キロ(時速781,200キロ)のスピードで銀河系を公転していおり、
太陽系の惑星たちは螺旋を描きながら、太陽と同じスピードで移動しています。

そして春分や秋分という「中庸の日」は、
太陽が公転している銀河の中心エネルギーが、
地球へもっともおおく流れ込む日なのです。

 

※公転とは、より大きな宇宙の法則下におかれるコトです

月は地球を公転し

地球は太陽を公転し

太陽は銀河の中心を公転しています

 

地球は太陽のまわりを1年で一周して同じところへ戻ってくる訳ではなく、
太陽とともに広大な宇宙銀河を旅しているのです。





 

春分、秋分の中庸は「禊」にもっとも適した日

春分や秋分の日というのは、ほんらい禊に適した日であり、

禊というのは自分を振り返り、省みる「日々の行いを振り返り反省する」日であります。

春分や秋分は彼岸の中日ですが、
「彼岸」はもともと仏教用語であり、
「暑さ寒さも彼岸まで」という諺(ことわざ)は、
春分や秋分の日がターニングポイントであることを説いています。

暑さ寒さも彼岸まで:冬の寒さ(余寒)は春分頃まで、夏の暑さ(残暑)は秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる

 

なぜ、正月に日の出を拝むのか?~カムナガラのヲシテ~

「彼岸」という言葉が広まる以前、
仏教が日本に伝来された552年以前から、
日本には自然とともに生きるカムナガラノミチというものが、
人々の間で信仰されていて現代へも伝わっています。

皆さんも一度は、初日の出を拝んだことがあると思いますが、でもなぜ、正月に日の出を拝むのか?
疑問をもった人は少ないでしょう。

私もそうでした。

お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに、連れていかれるままに初日の出を拝んで、神社を参拝する。
というのがお正月の当たり前の習慣です。

そして自分も親になると、子供たちにその習慣を伝えていくのです。

そんな風にして遠い昔、もう何千年以上も昔から、自然と共に生きるカムナガラの習慣は、先祖から子孫に受け継がれ、日本人の生活の根底に根付くようになったのです。

 
【豆知識】
「教える」の語源「ヲシテ」は、6000年以上前から伝わるとされる歴史書「ホツマツタヱ」を記しているヲシテ文字のコトです。

言霊四十八音、古代文字ヒーリング(古代文字のおまじない)



 

公転~身近な先祖~遠い先祖

太陽が公転し(より大きな法則下におかれ)銀河の中心に仕えているように、
わたしたちのイノチのルーツであるご先祖様を祀る大切な日、それが春分や秋分です。

ご先祖様がおられたから、今の私たちが存在できるわけで。

自分だけの喜びも、自分だけの幸せもなく、ご先祖様あってこそイノチを授かるコトができ、
「喜び」や「幸せ」を感じられるのだと改めて氣づくことの出来るさいこうの日です^^

 

身近なご先祖様は、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん。
遠いご先祖様は、神社に祭られている神々様。

ちなみにカミさまは厳重な縦社会で、順序をとても大切にされるので、

身近な産土様や氏神様をまず参り  ⇒ そのあと行きたい神社へいく

ようにされるととても喜ばれると思います^^

「見えないご縁を繋ぐ」のがご先祖様や神仏のおハタラキですので、
春分や秋分の日に神社へ参ると引き寄せるご縁も増え、
自然に人や円の流れの循環がスムーズになりますよ~♪

※人との出会いが少ないと感じる方は、鎮守様への二十一日参拝がおススメです

 

春分、秋分のまとめ

禊の日である春分、秋分。

心と身体が一つに、ニュートラルになり、自分を振り返るのに絶好の機会です。

省みる(自己を振り返る)のが難しいという方は、
お墓参りや神社参拝へ足を運ばれると、
自然に心が内へ向き、とても素敵な氣づきを頂けるコトと思います^^

 

【新月・満月】太陽と月に祈る「10の手順」



 

おまけ

春分、秋分は銀河の中心とつながる日。つまり、宇宙エネルギー受け取りフィーバー!!!

宇宙エネルギー体感実験にもおすすめです!

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

あっきぃでした♪

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【プロフィール】

水谷 哲朗(あきお)
1978年生まれ。A型 しし座。

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。
そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
"雲を消せるおじぃ"との出会いが始まり。
私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!
その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。
やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
その考えから、
2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、"言葉がけ" だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに30回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。