~天の岩戸隠れ~

~天の岩戸隠れ~

優秀な兄をもつばかりに、周囲から比べられ

今でいうコンプレックスの塊に取りつかれていたソサノオは

数々の乱暴な行いで兄であるアマテルカミを困らせていました。
田圃に種を播いてある所にもう一度種を播く「頻蒔(しきま)き」をして作物の成長を妨げたり。

※「頻蒔」は6月30日と12月31日の大祓の大祭で、必ず奏上される大祓詞にも出てくる言葉です。

畔(あぜ)を壊して農作業の妨害をし行い、その年の収穫量を激減させたり。

その年の収穫を神に感謝する新嘗祭(にいなめさい)をブチ壊したり・・・。

挙句の果てに、神の衣を織る斉服殿(いみはたとの)の戸が閉ざされていることに腹を立てたソサノオは、力任せにまだら毛の馬を屋根の上から瓦を割って投げ入れたのです。

中で神衣(かんみそ)を織っていたワカヒメハナコ(セオリツヒメホノコの妹)は驚き、誤って機(はた)の梭(ひ)で身体を突いて死んでしまいました。

その場にいた女性たちの泣く声にとうとうアマテルカミもお怒りになり、ソサノオに言うのです。

「お前はこの国を何と汚くしようとしていることか!
天の道を教える歌にこうあるのをお前は知らんのか!」

<この天の下に平和と癒しをもたらしては巡る
 太陽と月こそが この世を明るく照らす
 人々の親ともいうべき存在なのです>

しかし、このアマテルカミの言葉もソサノオの耳には全く入らず、尚も怒って岩を蹴散らして暴れます。

これにはアマテルカミも恐れをなし、岩室に籠って戸を閉ざされました。

これによってこの世は光を失いました。

 

続きが氣になる方はこちらからどうぞ!

⇒ 参照ブログ:タンゴ黒猫の音楽日記さま

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA