辛酉革命!HAPPY BIRTHDAY 自分!(笑)

 

HAPPY BIRTHDAY 自分!(笑)

 

o0800060013030231814

来たる8月13日、私の37回目の誕生日。

この世にイノチを頂いている日頃の感謝の気持ちを、皆さまと分かち合いたく一斉遠隔ヒーリングをおこないたいと思います!

そしてあろうことか、今年の8月13日は、変革の日「辛酉」にあたります。

 

辛酉は革命の年!?

辛酉革命(しんゆうかくめい)
古代中国の予言や日本でも、辛酉 (かのととり) の年には大きな社会変革が起るという説があります。
神武天皇即位を『日本書紀』で紀元前660年の「辛酉」と定めたのもこの説によるものです。
天智天皇の即位も661年の辛酉。以後,江戸時代までたびたび辛酉の年に改元が行われています。

聖徳太子の十七条憲法の発布が甲子(きのえね)の年,《日本書紀》の紀年を定めるに当たって神武紀元を辛酉の年にするなどの影響があった。

 

日本書記は聖徳太子のタメに創られた?


聖徳太子の考えを理解して日本書紀の編纂者達は、「革命の年」の1260年前に、伝説の初代天皇を即位させたのかも。

引用:「建国記念の日」は聖徳太子の夢の跡?


聖徳太子とは、実在の厩戸皇子を選び『日本書紀』の編纂時に理想像として描いたものであるとし、その自説を強調するために、『日本書紀』に書かれていることで自分の説に都合のいい部分は事実とし、都合の悪い部分は創作であるとしています。

引用:『日本書紀』の聖徳太子-その信憑性-より

 

古来日本では、辛酉は「サナト」とされていた

辛酉はカンヤマト・イワワレヒコ(神武天皇)即位の年であり、聖徳太子もホツマツタヱの存在を知っており、その功績にあやかろうしたように私は思います。

サナト(辛酉しんゆう)の年に、天君は橿原宮に即位されて、この年が橿原宮元年となりました。

引用:ホツマツタエ 人の巻 29アヤ「タケヒト・大和討ち  神武東征」(下の方)

 

水谷も愛食(マナフード)で変革!?

愛食(マナフード)とは、西嶋先生の著書の中に出てくる「断食」や「不食」に変わる ⇒ 新しい概念です。


合氣の道草 氣空食 愛食
 

私にとっての西嶋先生はまさにサルタヒコのような存在で、いろいろな整体法、ヒーリング、スピリチュアルな事柄でグチャグチャになっている世に「マコトのミチを照らす」というお役目を、先生はもっている気がしています。

訳も分からず剣山でひふみ祝詞を唱えたり、UFOを呼んだり。
淡路島でひふみ祝詞を唱えたり、UFOを呼んだり・・・。

「俺たちなにやってるんやろ~(笑)」といいながら、語り合った日が懐かしく思います。

「不食」ではなく「愛食(マナフード)」という言霊を、本のタイトルに使っていることに先生の深い愛を感じます。

数々の自然療法を実践、体験している著者だからこそ書ける実体験の数々。

「アホこそはじまりの0であり、アホこそ無敵なんだ!」

読み終えたそう思える、とても愉しい合氣の道草~こんな人生の歩み方もあるんだと勉強になりました。

素敵な本を世に出して頂いてありがとうございます。

 

私も愛食でもっとアホになって

天地を、世界を、ウタでつなぐぜよ!(笑)

 

8月13日~辛酉ヒーリングの詳細はこちらからどうぞ!