【2017年】土用の祓い清め 

季節のはじまりを告げる「立春・立夏・立秋・立冬」。四つの「立」を総称して四立(しりゅう)といいます。

四立は四季の区切りであり節目。四立の約18日前から次の季節への調整期間「土用」に入ります。

「土用」は四季の変わり目にあり、次の季節に合うように身体を調整されるトキです。

この時期はデトックス効果も高まりますので、心身を整えるのにも最適。
衣、食、住にかかわる生活環境を模様替えしていきましょう^^

 

土用(約18日間。年に四回、計72日)

冬:1月17日~2月3日 (太陽黄径297度)
春:4月17日~5月4日 (太陽黄径27度)
夏:7月19日~8月6日 (太陽黄径117度)
秋:10月20日~11月6日 (太陽黄径207度)

※夏の土用と冬の土用は、寒暑が一番激しくなります。

 

「土用」は、書いて字のごとく「土」に「用」がある時期

春は、夏野菜の定植
夏は、ネギの本伏せ
秋は、稲刈りなどの農繁期
冬は、畑の「寒起こし」

※寒起こし-土の中に空気を入れ、冬眠している虫や卵を駆除すること。

「土用」は、東洋医学では、「脾(ひ)」の季節。
「脾」は「消化吸収・水分代謝」の働きをもち、「胃」と深い関係があります。

首こり、肩こり、腰痛、ストレス・・・土用の不調の多くは「胃」が原因。

「土用」の時期は胃のエネルギーが高ぶり、大食・早食いになりやすいので注意が必要です。

脾臓は、古来「ヨコシ」と呼ばれ、美味い物を貪るとされています。

「貪る」は、欲深く望む。飽くことなくほしがる。いくら続けても、まだあきない。という意味があります。

大食い・早食いを防ぐには、
・左足首を回す
・ゆっくりよく噛む

上記を試していただくとよいと思います。

 

土用の丑の日と=股関節

「土用」の季節になると、男女の身体にあわられる特徴として。

・女性は、右臀部が下がります
・男性は、左臀部が下がります

そのことにより股関節が緩みすぎ、人によっては、生気の抜けた状態になる人もいます。

生気の抜けてしまった場合。
「男性は⇒女性に」
女性は⇒同性に」
意地悪したくなるのでご注意を!


結局のところ「腰に力がない」から他者を思いやれなくなってしまうので、土用の丑の日は精力の為にうなぎを食べるより、コシを強くすることが大切です。

互いを思いやる、思いやりのチカラを丹田(腰)に充実させてくださいね^ ^

※ちなみに、丹田にチカラのある人は願いも叶いやすいです。

 

水をちょびちょび

水をちょびちょび飲んで、喉を常にしめらせておくのも土用の健康法の一つ。

水分と塩分についての詳細は「薬屋のおやじのボヤキ」へ

私たちの身体の約70%は水分でできているので、乾燥は著しく身体を弱めてしまいます。とくに冬は一年のうちで一番乾燥しやすいのでお氣をつけください。

 

<関連リンク>

コシ(丹田)を強くするミソフ呼吸

「水」をちょびちょび水分補給

胃の不調には「胃上げ」もおススメ♪

祓い清め六ヶ条

 

トホカミヱヒタメ~ 祓いたまえ清めたまえ~

あっきぃでした♪