辛酉とは?自然界の神々のチカラと共鳴(シンクロニシティ)するとても尊い日

画像:建国記念日と、辛酉(かのととり)に隠された意味

 

 

参加者7,000名超!

 

宇宙エネルギー引き寄せ実験第二弾のお知らせです!

 

辛酉(かのととり)は60日に一度訪れる、自然界のエネルギー(八百万の神)とのつながり、”ご縁”と呼ばれるあらゆる運氣(恋愛運、金運、対人運etc.)が向上しやすくなるスペシャルDAY☆彡

 

まさに、宇宙を味方につけて何かをスタートさせる、千載一遇の日となるでしょう!

 

辛酉

陰陽五行で十干の”辛”「陰の金」、十二支の”酉”「陰の金」で比和。

※比和: 同じ気が重なると、その気は盛んになる。その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。

 

「陰の金」と「陰の金」が重なると、

 凝縮するチカラが極限まで強まります。

 

 

そのように、○が極限まで凝縮すると・・・、

一体どうなると思いますか?

 

 

そう「 ・ 」になるのです。

 

「 ・ 」とは、すべてとの繋がりであり、人間に例えるとそれは魂にあたります。

 

神道で辛酉の日は、自然界の神々と繋がりやすい日とされています。

人の魂が自然界と共鳴しやすく、カムイ(大宇宙の鼓動、渦のエネルギー)を感じやすくなるんです。

 

※神道:かむながらのみち、かむい(大宇宙の鼓動、渦のエネルギー)とともに生きる道(方法)

 

神々に祈ると、その働き、チカラと共鳴(シンクロニシティ)しやすくなる

辛酉はとても尊い日です。

 

 

十柱の神々(龍神)

天(アメ)のカミ : エネルギーを凝縮し降ろす

風のカミ : 知らす、知性

岩のカミ : 不動

荒のカミ : 雷、革命

地震のカミ : 大地の調和

木のカミ : 万物の育成

金のカミ : 物質

火のカミ : 情熱、活力

日の出のカミ : 陰陽の調和

竜宮の乙姫 : 物品、人脈、人情

 

辛酉エネルギー体感お申込み

「私は辛酉のエネルギーを受け取ります」とこちらのコメント欄へ書き込みください。

②下記エネルギーの受け取りを実践してください。

 

何らかの効果を体感して頂けましたら、その感謝の気持ちを大宇宙へ還元してくださいね!

「ご先祖様~太陽~月~地球~宇宙の星々よ、いつも見守っていてくれてありがとう」

そう、感謝の気持ちを地球や宇宙へお届けください^^

 

エネルギーの受け取り方ご説明

辛酉では、日の出~24時までエネルギーが受け取れます。

※エネルギーは好きトキにお好きなだけ受け取って頂くことができます。手を合わせていてビリビリして離れそうになりましたら、終了の合図です。そのまま手を離し、水分をとりお休みください。

 
エネルギーを受け取る順序(ゆったりバージョン)
①手を洗う

②鼠蹊部(そけいぶ=足の付け根)も押してみてつまりを確認。
・立った状態で左右に身体を回旋させ、どちらの動きが鈍いか確認。
・前屈、後屈、側屈も同様に確認。
・前後、左右の身体の傾きなど足裏で感じてみてください。
どこに重心がかかっていますか?
・歯のかみ合わせの確認。
ヒーリング後、違いを確認してみて下さい

t02200146_0367024413434228745

③心を込めて丁寧に二拍手・・・「パンパン」と柏手を2回打ち鳴らします。

④そのまま左右の手を合わせ合掌。又は、仰向けに寝て胸の上で両手を重ねます

⑤エネルギーの受け取り宣言をしていきます

「雨の神様、風の神様、岩の神様、荒の神様、地震の神様、木の神様、金の神様、日の神様、日の出の神様、竜宮の乙姫様、世の元からの生き神様、産土の大上様の御前に広き厚き御守護のほど、有り難く、尊く、御礼申し上げます」

(あめのかみさま、かぜのかみさま、いわのかみさま、あれのかみさま、じしんのかみさま、きのかみさま、かねのかみさま、ひのかみさま、ひのでのかみさま、りゅうぐうのおとひめさま、よのもとからのいきがみさま、うぶすなのおほかみさまのおんまへに、ひろきあつきごしゅごのほど、ありがたく、とうとく、おんれいもうしあげます)
【唱え方例】



⑥合掌したまま or 仰向けに寝て胸の上で両手を重ね ~ 目を閉じます

⑦5分~15分ほど楽にしてエネルギーを受けとります

⑧終わりましたらゆっくり目をあけ「新しい自分、成りたい自分」を宇宙にハッキリ宣言にします。

例:
「とても優しく頼りがいのある彼氏が出来ました!ありがとうございます!」
「やった~!ずっとしたかった○○の仕事が出来るようになりました!」
「よっしゃ~!ついに月収百万突破した~!」

⑨興奮が冷めてきましたら、心を込めて丁寧に二拍手・・・「パンパン」と柏手を2回打ち鳴らします。

「いつもご守護お導きありがとうございます」と感謝を宣べ、手をほどいてください。

⑩身体の変化を確認します。
・鼠蹊部(そけいぶ=足の付け根)も押してみてつまりを確認。
・立った状態で左右に身体を回旋させ、どちらの動きが鈍いか確認。
・前屈、後屈、側屈も同様に確認。
・前後、左右の身体の傾きなど足裏で感じてみてください。
どこに重心がかかっていますか?
・歯のかみ合わせの確認。ヒーリング前との違いを確認してみて下さい

⑪水をコップ1杯~2杯(200~400CC)ほど摂取してください。

就寝前にされた方は、そのまま目をつむってお休みください。心地よい眠りにつけるコトと思います。

※そのまま寝てしまわれた場合、感謝の言上げは翌日でも大丈夫です。

上記「」カッコ内の部分は声に出し唱えてください。
古来から「言葉には霊が宿り、言霊の力で声に出したコトは実現する」と言われています。

 

ヒーリング効果を高めるには「祓い清め」もおススメです。

 

長くなりましたが、どうぞ楽なきもちでお受け取りください^^

 

よくあるご質問

Q、時間内であれば、自分の都合の良い時間で、いつ何回してもいいのですか?

A, はい!時間内であれば、いつでも何回でも大丈夫です(^ ^)

Q、ヒーリングの後に水を飲むのはなぜですか?

A, 浄化作用を高め、好転反応を早く過ぎ去るためです。
ヒーリングはデトックス効果が高まるので、キチンと水分を取ることで、心身に溜まったいらないモノが排出されやすくなります。
そして好転反応と呼ぶばれる、不快な症状を汗や尿とともに早く流すことができます。

Q、家族に聞かれると妖しまれるので小声でも大丈夫ですか?

A, はい!小声で唱えて頂いても大丈夫です(^ ^)

Q、手が離れそうになったらどうしたらいいですか?

A, 手が痛くて、離れそうになる時は、エネルギーを受け取り終わった合図ですので、手を離して頂いて大丈夫です(^ ^)
早い方は3分くらいで終了になる場合もあります。 その後、しばらく時間をおいて、2、3回と受け取って頂くこともできます。
手を合わせていなくてもエネルギーが流れるように設定しており、手を合わすとよりエネルギーを感じやすくなります(^ ^)

<予期せぬ事態の対処法>

一度、目をあけ、合掌していた手をはなすと、受け取りキャンセルになりますので、落ち着いてから再度受け取っていただく形が望ましいです。

 

祈りの例


 

辛酉は革命の年!?

辛酉革命(しんゆうかくめい)
古代中国の予言や日本でも、辛酉 (かのととり) の年には大きな社会変革が起るという説があります。神武天皇即位を『日本書紀』で紀元前660年の「辛酉」と定めたのもこの説によるものです。

天智天皇の即位も661年の辛酉。以後,江戸時代までたびたび辛酉の年に改元が行われています。

聖徳太子の十七条憲法の発布が甲子(きのえね)の年,《日本書紀》の紀年を定めるに当たって神武紀元を辛酉の年にするなどの影響があった。

 

日本書記は聖徳太子のタメに創られた?


聖徳太子の考えを理解して日本書紀の編纂者達は、「革命の年」の1260年前に、伝説の初代天皇を即位させたのかも。

引用:「建国記念の日」は聖徳太子の夢の跡?


聖徳太子とは、実在の厩戸皇子を選び『日本書紀』の編纂時に理想像として描いたものであるとし、その自説を強調するために、『日本書紀』に書かれていることで自分の説に都合のいい部分は事実とし、都合の悪い部分は創作であるとしています。

引用:『日本書紀』の聖徳太子-その信憑性-より

 

古来日本では、辛酉は「サナト」

辛酉はカンヤマト・イワワレヒコ(神武天皇)即位の年であり、聖徳太子もホツマツタヱの存在を知っており、その功績にあやかろうしたように私は思います。

サナト(辛酉しんゆう)の年に、天君は橿原宮に即位されて、この年が橿原宮元年となりました。

引用:ホツマツタエ 人の巻 29アヤ「タケヒト・大和討ち  神武東征」(下の方)

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝