鼻呼吸の重要性

口を閉じ、鼻呼吸

腹式呼吸になり、副交感神経も活性化に!

鼻呼吸によって自然治癒力も高まります!

私たち人が呼吸をするのは、鼻か口のどちらかですが、もともとは鼻から息を吸う「鼻呼吸」が自然な形です。

なぜなら鼻には、吸った空気を浄化する機能が備わっているからです。

 

もし「口呼吸」をしていると・・・

・風邪などにもかかりやすくなり
・口の中が渇き、口臭、歯周病、虫歯の原因にも
・さらには唇の筋力が低下、いびきの原因に
・顔もたるみやすくなり美容にも影響
・歯周病・口臭・唇のカサカサ・しみ、しわ、肌荒れ・口内炎・イビキ・アレルギー・肌荒れ・低体温、ぜんそく、生理痛、いびき、白血病、不妊症・顔のたるみ・腑抜け顔・・・口呼吸による弊害はさまざまです。
 

口呼吸には大病の恐れも!?

口で空気を吸うと、空気中の細菌が容易に体内に侵入し ⇒

血液の白血球に入り、全身にばらまかれ ⇒

白血球やリンパ球の異常 ⇒ 免疫力低下 ⇒

アトピー性皮膚炎やぜんそく、アレルギー、肌荒れなどの原因に

口呼吸を止めることで、肌トラブル対策に役立ったという例もあります。

【余談】

口呼吸の原因は、小さいとき、裸足で歩かなくなったからという説があります。
口呼吸の原因は、鼻の通りが悪いからではなく、廃用性萎縮で鼻の通りが悪くなった。

※廃用性萎縮
運動をすると筋肉がよく発達して太くなるが、
逆に筋肉を長い期間使わないでいると萎縮が生ずること。

口呼吸の原因は、咬合高径(口のなかの高さ)が低いため、舌が後退して気道を狭くし、鼻では酸素を十分に取り入れにくくなったので、しかたなく口で息をするようになったようです。
なぜ咬合高径がひくくなったかというと、小さいとき、裸足で歩かなくなって、足の指をつかえなくなったことが原因。
そのことでかかと荷重になり、バランスをとるため、首から上が前に傾いたから。

 

あなたは鼻呼吸? それとも口呼吸?

下記のシートで3つ以上の項目にあてはまる方は、美容や健康にさまざまな悪影響を及ぼす口呼吸をしている可能性があります。

口呼吸チェックシート

1.普段気が付くと口が開いている
2.目が覚めたとき、クチビルが乾いている
3.目が覚めたとき、口の中がネバネバしている
4.目が覚めたとき、のどがヒリヒリする
5.目が覚めたとき、のどにタンがからんでいる
6.目が覚めたとき、口臭を感じる
7.歯をちゃんと磨いているのに、出血したり歯石がたまる
8.歯をちゃんと磨いているのに、前歯が薄茶色になる
9.口内炎ができやすい
10.歯をちゃんと磨いているのに、虫歯ができやすい
11.歯並びが悪い
12.風邪をひきやすい
13.鼻がつまりやすい
14.肌が荒れやすい
15.睡眠時に横向き、うつ伏せで寝る
16.顔のしわが気になる
17.顔のたるみが気になる
18.アレルギーがある
19.顔、首、歪みが気になる
20.顔の血行が悪い・くすみ、くまができやすい

■3つ以上あてはまった方

唇を閉じる顔の筋力も衰えている可能性が高いです。
顔、口のトレーニングもおすすめします。
顔の筋肉を鍛えることで口呼吸を鼻呼吸にできます。

 

ライオンあくび鼻呼吸

・目をつぶり目玉を上に向け
・口を限界まで開け
・首を気持ちいいと感じるまで反らし
・両手を広げ
・鼻から息をする

約1分

【体操実践中】

image

 

体操のいいところ

・目をつぶり目玉を上に向けることで、協調運動がスムーズに「気持ちよさ」が倍増!
・口を開けることで、顔の筋肉を鍛え!
・首を反らすことで、胸の気道が開き、自然と深い呼吸に!
・両手を広げることで、腕や胸の経絡(「気」の水路・その流れ)が刺激!
・「気持ちいい」と感じるほどに、自律神経も働きも正常に!
・そしてそれは「自然治癒力」を高めることにも!

「気持ちいい~」
「あ~」
「う~」

自然と出したい声・言葉を発することで、「気持ちよさ」がさらに倍増!

 

目安として3週間

口呼吸は、酸素不足で能力も落ちるので、鼻呼吸への改善後は、握力、背筋力などの体力や、計算力などの集中力が高まるという研究結果も!

そして鼻呼吸になると、自然に顔が引き締まり、顔のむくみや顔のたるみも無くなっていきます。

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA