うつは薬じゃ治らない

「うつは薬じゃ治らない」

そう精神科医の内海医師も言っておられます。

「精神科医の診断は科学的根拠に基づいておらず、全くの主観であり、処方する薬は、対処療法であり、治るどころか副作用による悪化をたどる」

「全てのワクチンには水銀などの有害物質が入っており、効くどころかワクチンによる感染・副作用による症状、死者が出ている」

そのように副作用による悪化の一途を辿るだけで、うつは薬では治らないことを唱えています。

ではどうすれば良くなると思いますか?

私自身も過去にうつになったことがありますが、うつは病などではなく、むしろ「トコトン自分と向きあえる素晴らしい期間」であると私は思います。

うつむくことによって、自分の内にある弱さ、コンプレックスを見つめ・・・

 

・本当に自分がしたいこと

・自己実現を通し、自他を愛するチカラ

・自分がもっている本当の願望を知ることができ、

・自分らしい生き方を創造できようになります。

 

うつを越えていくことにより、その後も続く人生を走る原動力、イノチの燃やし方を学べるのです。

「トレイン トレイン 走っていこう♪」

私が好きなブルーハーツの歌詞です。

みなさん、うつを重く考えすぎないで!

薬を飲むと、脳や神経をマヒさせるから治りずらくなるだけで、私たちにはもともと「自分で自分を治す」スペシャルな力が誰にでも分け隔てなく与えられています。

「うつ」というのは、少しうつむいている時期なだけ。

時期が来れば自然にすぎさるものですが、うつの多くは「胃上げヒーリング」で緩和することもできます。(薬の摂取、重い心の問題が絡んでいると、完治までに時間がかかる場合もあります。)

「胃上げヒーリング」で、心(感情)と深くかかわるのある「胃」を上げてあげると、心も軽くなります。

軽くなったその心の状態をご自身でずっとキープできるような、数々のワークもあります。

どうぞ、うつ、パニック症候群など心の問題をお持ちで、まだ「胃上げヒーリング」を存じない方は、私のもとへお越しください。

私と同じように「胃」で人生が変わるかも知れません。