雲をけす5つのルール【その5】~感謝~

こんにちは!

アッキーです^^

 

 

今回は、雲をけす5つのルール【その5】についてお話しします。

その前に少しおさらいをしていきます。

雲にはけし方があり、5つのルールを守れば誰でもカンタンに雲をけすことができるのでしたね。

 

雲をけす5つのルール

【その1】雲が消せると「知る」こと

【その2】リラックスすること 

【その3】イメージすること

【その3】過去形にすること でした。

 

それではさっそく、雲をけす5つ目のルールについてお話しします。

 

その【5つ目】のルールとは、

感謝にすること!

 

感謝とは、「感」を「謝」すること。

「感」というのは、心が動くこと。

「謝」というのは、言を射ること。

「感謝」というのは、心の動きを言葉にし、目標を絞り射ることです。

 

そして感謝の言葉といえば「ありがとう」。

 

「ありがとう」は、自分の心の動きを、相手に射る(伝える)最上の言葉。

その最上級の感謝の言葉「ありがとう」を、あなたが飛ばしたエネルギーを受け取ってくれた雲や空に向け、めいっぱい伝えて下さい。

その行為は、空に念を送ると言ってもいいかもしれません。

 

小声でもいいので、「ありがとう」と言葉にしてください。胸の前で手を合掌すると、念を送るチカラは強くなります。

 

雲をけす5つのルール【その5】は「感謝」すること。

「感謝」は、胸の前で手を合わせ、「ありがとう」と言葉を発すること。

 

ここで「雲をけす5つのルール」が出そろいました。

【1つ】雲がけせると「知る」こと

【2つ】リラックスすること 

【3つ】イメージすること 

【4つ】過去形にする

【5つ】感謝すること

 

 

はい!

ではこれで、あなたも、今スグ雲をけすことができるようになりました。

 

 

って、少し驚いていますか?

 

僕もそのむかし、雲の消し方を教わったあと、

「きみ~!ほらためしてごらん」そう仙人から言われ、

「えっ!?」と目がテンになりましたから(笑)

 

この世界のルールはすごくシンプルで、「しる」ことが「できる」ことにつながっていきます。

 

はじめは雲をけすイメージがしやすそうな、小さな雲からトライしてみましょうか。

ゆっくり時間とれた休日、

晴れた公園にでかけ、

抜けるように青い空を眺め、

最初に目についた小さくて可愛い雲から消してみましょう。

 

深呼吸で肩の力を「ふ~」っと抜いて

目標を決めたら

雲をけすイメージをして

一度無になり(過去形)、

その後、感謝の念をとばす。

 

「ありがとう~」

そしたらほらね、たしかにゆっくりと消えていく雲のイメージが、あなたにも見えると思います。

 

 

 

***********************************

さて、これで全5回にわたってお伝えしてき雲をけす方法の伝授が終わりました。

あなたが雲けしを通し、この世のものがみんなひとつにつながっている一体感(ワンネス)を、少しでも味わってもらえればさいわいです。

 

そして実は、雲消しができるようになると、ヒーリング能力のアップにもつながっていきます^^

次はぜひとも、コチラのメールにご登録くださいね^^

↓↓↓↓↓↓↓

言霊を現実化させる5つのヒミツ★5日間メールセミナー

 

 

それではまた、次回の記事もお楽しみに!

 

 

雲をけす5つのルールを最初から読む

雲をけす5つのルール【その1】~知る~

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝