仙人直伝!松果体を活性化させるMoon瞑想【動画】

 

あなアッパレ~!

三位一体『心・身体・魂』の才能を開花する☆彡

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗ことアッキーです^^

 

その昔、私が憧れていた雲けし仙人に、

ニコニコ。「どうしたら仙人みたいになれるの~?」って尋ねた時、

ゴッドすぐる「ムーンしてたらいいさ~♪」と言ってくれたので。

 

毎日毎日欠かさずに、洞窟の中で10分くらい「ムーン、ムーン」って唱えて瞑想していました。(笑)


 

あれから15年の時が経ち、Moon瞑想を行っていて氣づいたことですが、(雲けし仙人、何も教えてくれなかったので 笑)

元々 『神』 という字は、『ネ』 が 『申』 すと書き、つまりネ(音)が伝えるものが 神の姿。

 

ムーン(MUM)の音は限りなくシンプルに、神と共振する響きであり、宇宙原初の音、根源の音と言われる

オーム(聖音AUM)と同じヒビキをもっています。

 

オーーームーーーン(AUMUM)

 

神と呼吸を合わせ、神と意思疎通を行う「オームーンの言霊」

 

実際、「オーム」という真言は神道と仏教に共通していて、神事をはじめる前に全員で「オーム」と唱え、ほら貝をふく場合もあります。(その儀式を行うことで神懸りしやすくなる)

 

私はこのムーン瞑想を15年程続けていて、実に様々な不思議体験をしてきました。

・金属バットをぶつけたような「キーン」という音が、頭の上から聞こえるようになったり
・人のオーラや自然界のオーラが観えるようになったり
・ヒカリの精霊がみえるようになったり
・幽体離脱をしたり
・空から讃美歌がきこえてきたり
・直観力が鋭くなり
・人やモノの波動を瞬時に読み取れるようになったり etc.

今でもムーン瞑想を続けていると、感性がドンドン高まってゆくのを感じています。

 

セミナー受講生の方でも、ムーン瞑想を続けていると、感受性が高まりエネルギーに敏感になって、突然オーラが見えるようになった方もおられます。

 



 

【松果体の補足】

松果体の石灰化を防げ : 認知症を避けるための最低限の準備のひとつは松果体を守ること

松果体をデトックスする方法

松果体を活性化させる方法

サンゲージング(太陽凝視)・裸足歩行・不食/松果体の向こう側

 

松果体ばかり活性して、丹田がフニャフニャな場合、正しい直感は降りて来ません!

松果体を鍛える時は一緒に丹田も鍛えましょう!

松果体が『拡張』の働きならば、丹田は『収束』の働きがあると言われています。松果体を鍛える時は、スクワットや腕ふり運動などで一緒に丹田も鍛えましょう。

 



 

 

本日ご紹介したMoon瞑想を教えてくれた雲けし仙人術のメールセミナー

『雲をけす5つのルール!無料メールセミナー』(全5回)
雲との対話がヒーリング奥義にもつながっています

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝