ワカ姫のマシナイ

画像:瑠璃さん

 

「ホツママツタヱ」に出てくる有名なマシナイの話が、「ワカ姫の和歌のマシナイ」です。

ワカ姫は、その実名を「ヒルコ」と申されます。

「ヒルコ」は古事記や日本書紀でも記載されている神であり。「古事記」においては国産みの際、イサナギ(伊耶那岐命)とイサナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。

しかし、子作りの際に女神であるイザナミから声をかけた事が原因で不具の子に生まれたため、葦の舟に入れられ流されてしまいます。

「日本書紀」でも、必ずしも最初に生まれる神ではない、不具の子とされ、に生まれた後流されてしまいます。

そして古事記、日本書紀の原文とされる「ホツママツタヱ」でも、ワカ姫(ヒルコ)は、アマテル(八代アマカミ)の姉として生まれましたが、イサナギ、イサナミのアメノフシ(厄年)に当っていたことから、3歳の時に捨て子されてしまいます。 

 

ひどいコトです。

いくら厄年に当たっていたからといって、自分の娘を捨てるとは、国の繁栄の為とはいえイサナギ、イサナミもさぞお辛かった思います。

しかしその後、拾い親のもと聡明に育ち、教養豊かで才知にあふれ、お若くしてコト(琴)の名手になり、ワカ(和歌)の達人であられたことからワカ姫と呼ばれることになります。
そしてイサナミさまがお亡くなりになられたあと、 アマテルが新しくひらいた都、イサワの宮(志摩)にお住まいだった時のお話です。

キシヰ(今の和歌山市)から、稲穂を荒らす害虫が大発生したと知らせる使者が朝廷にやってきました。

アマテルは、あいにく天橋立に行幸なさった後だったため、アマテルさまのご名代、正妃ムカツ姫ホノコ(セオリツヒメ)はキシヰに向かわれました。

ホノコが田圃の東側に立たれ、田圃を囲むように30人の女性を左右に佇ませました。

そうして、ワカ姫さまが御詠みになった穂虫払いのウタを西に向かって、みなで声をそろえ歌いました。

 

「タネハタネ ウムスギサカメ マメスメラノソロハモハメソ ムシモミナシム」

 


タネ ・・・種あるいは、田んぼの根っこ

ハタネ ・・同じく畑の種、または畑の根本

ウム ・・・生じる、又はウムキ(大麦)

スキ ・・・スムキ(小麦の略)

サカメ ・・豆の類と思われます。

マメ ・・・大豆

スメ ・・・小豆

ソロ・・・稲(ソ)と畑の菜っ葉や雑穀(ロ)

田や畑からは、

大麦、小麦、大豆や小豆など、

アメの循環からの恵みが生じます。

(虫たちよ)このような恵みの稲や作物の葉を

(独り占めに)食べてはいけない。

(なぜなら、虫のお前たちも、循環の中では仲間なのだから)

「シム」というのが、「血族、身内」、「我欲の強いもの」の意味。

 

くり返し、くり返し、32音のマシナイウタを360回。

田圃が揺れんばかりに歌いますと、ついに、虫は飛び去り、西の海へ落ちていきました。 

害虫が去った田圃はよみがえり、稲が実りをつけるようになり、人々はよろこびました。

枯れかけた稲が若返ったことから、短歌をワカウタと呼ぶことになり、 クニの名も「ワカのクニ」和歌山となりました。

 

引用:まとかなる やまと

 

だから和歌山なんだ!

 

と私、ホツマツタヱを読んでいていて思いました(笑)

私個人的に古事記は知っていたので、ヒルコがワカ姫というアマテルの姉の話であり、捨てられていたコトにもびっくりしました。

そして最初に戻ってマシナイ

マシナイは言霊を組み合わせ、現実に反映するチカラをもたらす技法であり。5、7、5、7、7の和歌にするコトで、言霊の効果が高まるようです。

※「ワカ姫の和歌のマシナイ」は特別なもので、+1され、32の言葉からなっています。

マシナイが虫の害にも効く記述が残っているコトに感動です。

 

そんな日本古来から何千年も伝わり、ご先祖様もおこなっていたマシナイなので、現代に生きる私たちに効果があるのも当然ですね。

私もマシナイで言霊講座もぼちぼち軌道に乗り、収入も少しずつ上がってきています。

 

言=事

 

言ったコトが、出来事を引き寄せる。

言霊のチカラを紐解いたシンプルな理論ですが、ほんとうにその通りなのです。シンプル イズ ベスト!

 

 

マシナイは360回唱える

 

ホツマツタヱから学んだ、素敵な学びでした。

 

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~♪

あっきぃでした^^