言霊の本質と玄胎結成(げんたいけっせい)

言霊とは、

言葉にしたことが現実になったり、
言葉に不思議なチカラが宿ると、

そう風に思っている方も多いのですが。

言霊の本質とは、
「口」と「心」と「行い」のあらわれです。

 


 

言霊は、
口にしたことを、心を込めて、行っていくから、
現実化していくのです。

「口」とは、口にすること。(言葉や食事)
「心」とは、「自分がいま何をしているのか?」理解していること。
「行い」とは、行動すること。

 

歯車なんですよ、言霊って。

歯車が回るから、
そのチカラが現象として
あらわれてくるんです。

 

口先ばかり、その場限りで、
上手いことばかりいっている人には、

どれだけよい言葉を発しても、
言霊のチカラは対して働きません。

 

働きようがないのです。

分かりますか?

「口」と「心」と「行い」が歪む度に、
歯車が錆びること。

歯車が回らないから、
どんなによい言葉を言い続けても、
現実化しにくくなるのです。

いくらよい言葉を唱えても、
現実としてあらわれないのは、
すべては「口」と「心」と「行い」の歪みから。

 

あなたの言葉(口)に責任をもちましょう。

あなたの心に素直になりましょう。

あなたの行いが積み重なり、今を築いています。

 

そしてもし、
言葉にしたこと(約束)を実践できない時は、

「取り消します」「すいません」と、
キャンセルする旨を自分や相手に伝えましょう。

 

靈主体従

そして言霊は、<靈主体従>の意識になればなるほど、
言靈の本来のチカラが発揮されやすくなります。
<霊主体従>
人間の構成要素を霊(魂)と肉体に分けたとき、主体となるのは霊であり、体は霊に従うという考え方。 その反対が体主霊従。

・神を信じる人は、人間の本体は霊であると捉えます。
・神を信じない人は人間の本体は肉体(+心)と捉えます。

目に見えるもの(体)が主であり、目に見えないもの(霊)は非科学的として、オカルトの世界 へ追いやられているのが現状。
<体主霊従>
14世紀イタリアで始まったルネサンスを境に、科学が発達し、
体に霊が従うという生き方が主流となりました。

その結果、人間は物質的な豊さと一時的な幸せを手に入れましたが、
しかし永続的な幸せを見いだすことができてません。

「人間は盲目的に神を信じるという時代を経て 自我が芽ばえ、
発達し、やがて自我が神を受け容れる時代がくる」
ルドルフ・シュタイナー

関連リンク:「体主霊従」から「霊主体従」社会へ
<霊五分 体五分>
人間は現世で生きている限りは肉体的欲求にも応えねばならず、
「霊五分体五分」なのだから。


「神に向かつて開け、ただ神を愛し、神を理解し、善徳を積み、
真の智慧を輝かし、信の真徳にをり、外的の事物にすこしも拘泥せざる状態」に、
あるように努力すれば同じ五分五分でも、
霊が主で体が従の「霊主体従」、
即ち自分自身の真の意志の力、精神性が主となり体欲や我欲は従となり、
「霊五体五の人間は天国に向かって内分が開ける」


故 出口王仁三郎氏の言葉より

 

玄胎結成(げんたいけっせい)

玄胎結成とは永遠不滅の靈的な肉胎である玄胎(ライトボディー)をつくり上げること。
玄胎とよばれる神の肉胎は半靈半物質の永遠不滅のボディであり、
神仙道(日本流の仙人の道)には、
肉体を保ったまま幾百年も行き続けている仙人の話もあり。
通常は不可能なことも玄胎結成によりそれが可能になるとされています。

 


 

幽胎(ゆうたい)は、幽胎しか認識できない。
靈胎(れいたい)は、靈胎しか認識できない。
権胎(ごんたい)は、権胎しか認識できない。
玄胎(げんたい)は、玄胎しか認識できない。

 


 

玄胎結成=五次元

玄胎結成は、五次元の存在と呼ばれる
神や天使や精霊と通じやすくなります。

五次元の存在たちは、
ヒカリよりも早く動いていて。

 

三次元=徒歩

五次元=新幹線に乗るイメージ

 

玄胎結成が進んでいくと、
思ったことが早く(ヒカリ以上の速さ)
現実化していくきます。

 

※ヒカリの早さで祈りが現実化していき、
1~8割ほどの願いがとても早く叶うようになります。

 

しかし、普段「口、心、行い」がずれていると、
歯車が回りはじめるまでに、
時間がかかるので、(半年~1年半)
日頃から言靈や祝詞を唱えられると良いです^^

 

※祝詞は基本的に、唱え方が決まっていないので、
どのように唱えて頂いても大丈夫です。

 

【関連サイト】

祝詞/言靈の動画集

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

水谷拝

 

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

水谷哲朗

【プロフィール】

水谷 哲朗(あきお)
1978年生まれ。A型 しし座。

25歳の頃の私は、自分の無力さに失望し、
生きる希望をもつことすら難しく感じ、
何度も自殺未遂を繰り返していました。

そんなどん底の僕に光が差し込んだのは、
“雲を消せるおじぃ”との出会いが始まり。

私の目の前でスイスイと
雲を消せる不思議なおじぃとの出会いにより、
僕の人生は大開花!

その後、不思議な世界への興味と、
自分の可能性の限界へのチャレンジにより、
山籠もり、滝修行、仙人修行、神道など、
精神世界やスピリチュアルな世界を学ぶこと。

やがて、
現実的に身体へアプローチする整体の学びを得て、
そのすべてが一つになっていきました。

そんな頃、
偶然辿りついた映像をみて、衝撃が走ったのです。
その映像には、ある主催者の方が、
参加者の方に、ただ手を差し伸べるだけで、
一瞬で人々が癒されていく姿が!

それからまもなくして、
心と体は繋がっているということは、
言葉がけ次第で、人の体は変化するはず!
その考えから、
2012年に、「言靈ヒーリング」を考案。

言靈ヒーリングは、”言葉がけ” だけで、
胃が上がったり、体温が上がったり、
肩こりが治るなど、多くの身体的な変化と
心の変化を同時に感じるオリジナルヒーリング。

おかげさまで、クチコミで全国に広まり、
今では、大阪・名古屋・東京など大都市だけにとどまらず、
全国へ飛び、言靈ヒーリング講座を開催。

その数は、すでに30回を超え、
参加者これまでに、500名を超える。