カルマヒーラーにご注意を!

迷い、悩み、苦しみなく生きるにはどうしたらいいのか?

そのような質問を最近いただくコトが増えて参りました。
「真の自分と繋がるコトで苦しみがなくなる」

そのような偽りの言葉をささやくのは、カルマヒーラーの特徴です。
カルマヒーラーとは、いうなれば、クライアントさんの生命エネルギーを吸い取るヒーラーのコト。
クライアントさんに溜まっている善のエネルギーを吸い取り、自分の悪行(マイナスな業)の浄化にあてようとするモノ。
そして自分ではそのコトに気づかず、自分で良いコトをしていると思って行っているのが、カルマヒーラーの特徴です。
あまり知られていませんが、ヒーラーは大きく分けて2タイプの人がいます。

・無償で奉仕する心をもった天性のヒーラー
・自らを満たすためにそれを行うカルマをもつヒーラー

自分自身のカルマ(過去のマイナスの業)を、クライアントさんに伝染させるヒーラーほど、口が上手いので要注意を。

そしてカルマをもつヒーラーの施術を受けると、症状が良くなってもほんの一瞬。
後々ヒーリング前よりも状態が悪化する・・・というのが、カルマヒーラーのヒーリングの特徴でしょう。
真我(ハイヤーセルフ)について憑りつかれたように語る存在も要注意。

真我(ハイヤーセルフ)を見たり、何かを聞いたりすることで苦しみがなくなるという考えは、全くもってナンセンスです。

そのような発言は、神界と霊界の区別もわからない精神世界の無知さを、自分で公言しているようなものです。
真我(ハイヤーセルフ)は感じるコトが大切であり、見えない存在といつも繋がっていて、自分は一人じゃないと実感できるコトで、心はとても満たされやすくなっていきます。
色々な人の色々な考え方がありますが私は、真の自分と繋がっても、悩みや迷いがなくなることはないと思います。

ブッタのお話がいい例です。

お釈迦様は悟りを開いてからも、迷い、悩み、苦しみ、それでも人々に真の幸せを伝えるためにその一生を捧げました。

悟りを開いたからと言って、そこが終わりではありません。
生きるとは、成長することであり、

成長する為に迷い、悩み、生みの苦しみがあるのだと私は思います。

私にも日々の迷い、悩み、苦しみがあります。
真我が開けると本当の声が聞こえるとか、何のために生まれてきたのかわかるとか、生き方に迷いがなくなるとか・・・

ただ聞こえのいい、リップサービスのようなものです。

そしてその表面的な喜びのみを満たす為の、添加物満載の言葉を取り込むコトで
生の本質から目を反らし、その本質から遠ざかっていくようなもの。

それは、いっときは楽になるかもしれませんが、その状態がずっと続くとは思えません。
生きるとは迷うことであり

生きるとは悩むこと

生きるとは生みの苦しみと向きあうこと
苦しみが悪だと考えることが真の苦しみの原因であると、気づいていないから
人は出口のない苦しみの迷路に迷い込んでしまうのだと思います。
苦しんでもいいのです

迷っていいのです

悩んでいいのです
その先にある、成長した自分に出会うための、それらはスパイスでしかありません。
何も味がしない料理ではモノ寂しいように、少しのスパイスが人生の喜びを高めてくれます。
苦しみを楽める心

迷いを受け入れる心

悩みと向きあえる心
そんな心に成長していけることこそが、人が生きていく意味であり、

この地球を選び、今の両親のもとに生まれてきた意味なのではないでしょうか?
真我(ハイヤーセルフ)は産土さまという神様と繋がりが深く、

ご自身の産土さまを知るコトで、高額なセミナーなどに行かなくても

自然とその繋がりを実感していけるものだと思います。