ワイキ、アイキ、ヒトイキ(ミイキ)を悟りて、タツキミに成る!

タツノコハ チホウミニスミ

タツタシル チホヤマニスミ

タツフルト チホサトニスミ

ツクハナル ミイキサトリテ

キミトナル

 

竜の子は 千年 海に棲み

竜治 知る  千年 山に棲み

立つ振ると 千年 里に棲み

付く離る ミイキ 悟りて

君となる

 

「チホ ウミ ニ スミ」とは、タツ(龍)の子が成長してゆくさまとして、「ホツマツタヱ」に伝わっています。

タツとは本来、火の災いから人を護る、防火・鎮火の働きを担っている自然神のことです。

竜巻(タツマキ)などの自然現象もあるように、実際にタツはその姿を、目に見える形で表わすことの出来る力の強い自然神でもあります。

 

言い伝えによりますと、「タツ」の子は千年の間海に住んで、「タツタ」の鎮火・防火の働きを会得します。

そして「タツ」の子は、次に千年の間山に住み、ここで「タツフル」タツの力の及ぼし方を学びます。

してそのあと「タツ」の子は、「ツクハナル」タツの力の活かし方を千年かけて学ぶとされています。

・タツの子は最初の千年間を海に住みイノチを大切に思う心、“ワイキ”を学び。

・次の千年間を山に住み、天地と共に生きるすべ“アイキ”を学び。

・次の千年間を里で暮らし、夫婦のミチを得る、力の合わせ方を知ることで“ヒトイキ”を学ぶ。

 

ワイキ、アイキ、ヒトイキ

 

イは意、心のチカラ。

キは氣、物質的なチカラ。

この3つのイキ、「ミイキ」を悟って初めてタツの子は、「タツキミ」に成り得るのです。

「タツキミ」とは立派な“カミ”(指導者)のことでもあります。

 

なぜ今日こんな話を書いたかというと、この時代は今、「タツキミ」を強く求めていると感じるからです。

「タツ」は防火・鎮火を司る自然神であり、世界は今、火に包まれているのと同様の苦しみや悲しみが溢れています。

例えば原発などのような「火」のエネルギーは、生活を送る上で重要であったと共に、その取り扱いには細心の注意を必要としなければならない、危険なものでもあるわけです。

 

古事記などの日本神話に伝わる火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)は、出産時に母であるイザナミの陰部にヤケドを負わし、それが元でイザナミは死んでしまいます。

「火」がいかに有用な働きであっても、危険なものには変わりなく、それと人はどう向き合ってゆくべきなのか?

 

問いかけるのが「タツ」のカミでもあり、その具現化として「タツマキ」があると思うのです。

 

チホ ウミ ニ スミ

チホ ヤマ ニ スミ

チホ サト ニ スミ

ミイキサトリテ キミトナル

 

そのコトに気づいた者、タツキミへの道を歩む者を、時代は求めているのではないでしょうか?

火の災いから、ヒト(火の戸クチ、火の番人)を護る。

それがタツの使命だとするなら。

 

この時代に住む人の概念が生まれ変わるような「タツマキ」を起こすコト。

それはいい意味で「ミイキ」のチカラを得るコトに繋がるのでしょう。

 

 

関連記事

強運を呼ぶ言霊「ハルチ・ウムチ・ツヅチ」の情報を総まとめ!~血は愛からなり、愛はヨロコビからなる~

 

 

一家に一人ヒーラーを

かむながらたまちはえませ いやさかましませ~

言霊ヒーリング協会®代表 水谷哲朗 拝