月とカラダの波長

 

「新月に種をまき、満月で収穫する」

 

古来から農を通じ現代にも伝わっている最強の開運術です。

 

月というのは、生命活動に大きな影響を与える存在であり、

人の体は70%が水分で「人の血液成分」と「海水」は酷似しています。

血液やリンパ液などの体液は、「月」の動きに同調しており、その影響はこころ(感情)にも及びます。

 

image (2)

 

人は月の影響を受けている
人の「血液」の成分と酷似している「海水」。

その「海水」が、「月」の影響によって生み出す波

「潮のリズム」と「人の呼吸リズム」は同じ、1分間に18回。

その倍数36は 平均体温。

さらにその倍数72は 脈拍。

そしてその倍144は 血圧。

そしてその倍288は 妊娠期間中の十月十日となります。

 
火を司る太陽、水を司る月
地球の約四分の一の大きさ(直径)を誇る月。
母星に対して、このように大きな衛星は、宇宙のどこを探しても他に見当たりません。

それだけに、月が地球に及ぼす影響は想像以上に大きく。
あの大きな海を動かしているのが月であり、そこに生命が誕生したのです。

古来より人は太陽と月を農耕(=生命)の神として崇拝してきました。

「新月に種をまき、満月で収穫する」

その教えは現代まで受け継がれており、人は月から農(土を生かす術)を教わりました。

われわれ日本人も、つい最近まで旧暦(太陽と月の動きを基に考えられた暦)を使用し、月と共に生きてきた民族です。

旧暦の何月何日とか、今でも言葉はよく耳にし、日本の農耕とは切っても切れない存在でした。

 


 
新月
旧暦1日は【新月】であり、新月は太陽と月が重なるコトにより、内側へ向かうエネルギーに溢れます。

新月が「種まきに適した日」とされるのは、土の中にエネルギーが集まるからです。

そのように新月は内側へ向かう精神エネルギーに溢れる時ですから、自分の思考を凝縮し目標を定め、それを実行すると、物事が成就しやすくなります。

思考は目に見えませんが、集中力を高めるコトで「思考は物質化」します。

ハッキリと望む未来をイメージし、出来ることから実践していくと、どんどんハッピーな出来事を引き寄せやすくなるのは、「物質化した思考」が自分と同じ波長のモノ、自分自身を引き寄せるからであります。

 
満月
満月は太陽と月が180度の緊張状態なるコトにより、外側へ向かうエネルギーに溢れます。

満月が「収穫に適した日」とされるのは、土の外、土から生み出される果実にエネルギーが集まるからです。

そのように満月は外側へ向かう精神エネルギーに溢れる時ですから、デトックスや創造活動に最適です。
満月デトックス
満月の前後、感情が揺れやすくなったり、身体がむくみやすくなるのは、内に押さえて来たこころ(感情)や、からだに不必要なものを外に出すエネルギーが強くなるからです。
満月は良いものを生み出す
そして悪いものだけではなく、良いアイデアや赤ちゃんなども満月に生まれやすいとされています。
人の排出機能に「月」が働きかけることで、満月には赤ちゃんが多く生まれると、昔から言われています。

満月は、「太陽」と「月」が180度の緊張状態なので、アクティブなスポーツなどは適しませんが、軽いストレッチや、呼吸を整えて瞑想したりするのに最適です。

インスピレーション(直観力)も高まるので、タロットカードなどから良い暗示を受けやすくもなります。

 
関連記事
【太陽・月に祈る10の手順】新月・満月へ祈りを

 

かむながらたまちはえませ~

あっきぃでした♪

言霊ヒーリングの秘密が学べる!!
無料メールセミナー

 

「言霊ってなに?」

「それって怪しくない?宗教?」

「ヒーリングって本当に効果あるの?」

そのような疑問を解決し、
誰にでも簡単に活用できる
「言靈ヒーリング」のすばらしさをお伝えする
無料のメールセミナーです。

メール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA